地域政策学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

地域政策学部(ちいきせいさくがくぶ)とは、地域政策学研究教授を目的とする大学学部である。

過疎化、地方分権、市町村合併などの諸問題に対応すべく、地方自治体における政策立案だけでなく、企業、その他の非営利組織における政策立案の専門家を養成するため、幅広い分野(法律政治経済など)について学ぶよう趣向がこらされているのが特徴である。

それまで、関係する各分野の研究はすでに多くの大学においてなされていた。しかし、ひとつの体系を持った学部として誕生するのは、1996年の高崎経済大学に設立されたのが初めてである。近年は地方にあっては大学とその地域との結びつきをねらいとし、学部や学科の新設が相次いでいる。また、都市部においても都市問題等の解決の研究などを目的とし、類する学部、学科の新設がなされたり、検討されている。

地域政策学部を持つ大学[編集]

地域政策学に関する研究科・学部を持つ大学[編集]

国立大学[編集]

公立大学[編集]

私立大学[編集]

地域政策学に関する大学院専攻・学科を持つ大学[編集]

国立大学[編集]

公立大学[編集]

私立大学[編集]

関連記事[編集]