アテネオ・デ・マニラ大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アテネオ・デ・マニラ大学
Ateneo de Manila University
ラテン語: Universitas Athenaea Manilensis
旧称 Escuela Municipal de Manila (1859–1865)
Ateneo Municipal de Manila (1865–1909)
Ateneo de Manila (1909–1959)
モットー Lux in Domino
モットー (英語) Light in the Lord
種別 私立研究大学非営利
設立年 1859年12月10日 (1859-12-10)
宗教的提携関係 カトリック教会イエズス会
学術的提携関係
理事長 Bernadine T. Siy
学長 ロベルト・ヤプ(2020-)
教員数
約2,470人
学生総数 15,269人
学部生 8,614人
大学院生 6,655人
所在地 フィリピンの旗 フィリピン
マニラ首都圏ケソン市ロヨラハイツ
キャンパス メインキャンパス:133エーカー (54 ha)
スクールカラー  
 
ニックネーム Blue Eagles
マスコット Blue Eagle
スポーツ関係の
提携関係・加盟団体
UAAPPVLPFFWL
公式サイト ateneo.edu
テンプレートを表示

アテネオ・デ・マニラ大学英語: Ateneo de Manila Universityフィリピノ語: Pamantasang Ateneo de Manilaスペイン語: Universidad Ateneo de Manila、通称: AteneoまたはAdMU)とは、フィリピンマニラ首都圏ケソン市ロヨラハイツに位置する総合私立大学

1859年マニラ市民学校(Escuela Municipal de Manila)として設立された。アジア太平洋地域で2番目に古いイエズス会の運営による高等教育機関である。

歴史[編集]

キャンパス[編集]

メインキャンパスは、ケソン市ロヨラハイツのカティプナン通り沿いに位置している。キャンパスにはロヨラスクール、附属小学校、附属高校、ロヨラスクール・オブ・セオリーがある。また、マカティのロックウェル・センターとサルセド・ビレッジのそれぞれに位置しているキャンパスには、ビジネス、法律、行政の専門大学院が置かれている。パシッグのオルティガス・センターのメディカル・コンプレックスには、医学と公衆衛生の専門大学院が置かれている。

学部[編集]

著名な卒業生[編集]

対外関係[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ LOUISE ARANETA – MARCOS”. President, Rebublic of the Philippines. 2022年8月25日閲覧。

参考資料[編集]

外部リンク[編集]