ホセ・リサール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホセ・リサール
Jose rizal 01.jpg
生年: 1861年6月19日
生地: フィリピンの旗フィリピンラグナ州カランバ
没年: 1896年12月30日(満35歳没)
没地: フィリピンの旗 フィリピンマニラ
活動: フィリピン独立運動
所属: ラ・リガ・フィリピナ

ホセ・リサール(José Rizal,1861年6月19日 - 1896年12月30日)は、フィリピン独立運動の闘士にしてフィリピンの「国民的英雄(Héroe Nacional)[1]」。医師著作家画家、学者でもあった。志半ばにして捕らえられ、スペイン軍の手で銃殺されたが、その意志は人々に受け継がれ、フィリピン独立の英雄として現在も愛され続けている。

1949年から1973年にかけて1ペソまたは2ペソ紙幣に肖像が使用されていた。

生涯[編集]

少年期[編集]

フルネームはホセ・プロタシオ・メルカード・リサール・アロンソ・イ・レアロンダ(Jose Protacio Mercado Rizal Alonzo y Realonda)。1861年6月19日に、ルソン島ラグナ州カランバで父フランシスコ・メルカードと母テオドラ・アロンソの間に、11人兄弟の7人目の子として生まれた[2]。リサールには姉が5人、兄が1人、妹が4人いた[3]

彼の家系はメスティーソといわれる中国人とフィリピン人の混血の一族であった[4]。メルカード家は中国・福建省晋江から17世紀に渡りフィリピンの先住の女性と結婚した商人の末裔であり、元来の姓は「柯」といった。

8歳にしてタガログ語スペイン語を身に付け[5]、9歳にしてビニヤーン校に入学した[6]初等教育を終えると1877年に16歳にしてマニラにあるアテネオ学院(現在のアテネオ・デ・マニラ大学 w:Ateneo de Manila University)に入学し、農学を学んだ[7]。さらに同校で土地測量の技術を学びつつ、母が失明の危機に陥ると当時のフィリピンの最高学府サント・トマス大学w:University of Santo Tomas)で医学を学んだ[8]。在学中の1879年にスペイン語の詩のコンテストで最優秀賞を獲得し、1881年9月にスペイン政府から「土地査定技師」の免許を授与されている[9]

リサールは父の反対を押し切って宗主国であるスペインのマドリッドに留学した。

最初の海外留学[編集]

リサールは1881年にアテネオ・デ・マニラ専門学校を卒業、翌1882年にサント・トマス大学医学部を修了した後、同年中にヨーロッパへと旅立った[10]。1882年6月13日マルセイユに、6月15日にバルセロナに到着した後、最終目的地であったスペインの首都マドリードに到着し、同年10月に国立マドリード大学の医学部と哲文学部の両学部に入学した[11]。マドリード大学でリサールは猛勉強し、26歳までにスペイン語フランス語イタリア語ポルトガル語カタルーニャ語中国語英語ドイツ語オランダ語スウェーデン語ロシア語ラテン語ギリシャ語ヘブライ語サンスクリット語などの諸言語を習得し[12]中国語日本語タガログ語ビサヤ語イロカノ語を研究していた[13]。大学時代の同級生には後に哲学者として著名になるミゲル・デ・ウナムーノがおり、リサールと同じ学級でギリシャ語を学んでいる[14]1885年6月にマドリード大学の哲文学博士と医学士の号を取得したが、金銭事情により医学博士号は取得できなかった[15]。マドリード大学を出た後、1885年7月から1886年1月までパリ大学でフランス語と眼科学を学び、この時にフランス革命の「人権宣言」をタガログ語に翻訳している[16]。1886年2月から1887年5月までドイツ帝国のハイデルベルク大学ライプツィヒ大学ベルリン大学で引き続き医学と、加えて社会学を学び、ドイツ語で書いた社会学の論文が評価されてドイツ国籍の取得を薦められたが、これを固辞している[17]。ドイツ滞在中の1887年2月21日にベルリンで小説『ノリ・メ・タンヘレ(Noli Me Tangere)』[ラテン語で『我に触れるな』の意]を出版した[18]。1887年7月3日に26歳にしてヨーロッパを離れ、同年8月5日にフィリピンに戻った[19]

フィリピン帰国後暫くは出身地のカランバ村で医者業を行っていたが、間もなく同年に出版した小説『ノリ・メ・タンヘレ』が反植民地的だとフィリピンのスペイン植民地支配層から問題にされたため、身の危険を感じたリサールは27歳にして再び留学へと旅立った[20]

二度目の海外留学[編集]

二度目の目的地もヨーロッパだったが、前回とは異なり、日本アメリカ合衆国を経由して向かった。1888年2月28日にリサールは横浜に到着し、駐日スペイン公使館の庇護を受けつつ、「おせいさん」こと臼井勢似子と交流を結び、おせいさんとの交流を通じて日本に対して好意的な印象を持ったリサールは翌1889年ロンドンで日本の民話猿蟹合戦」とフィリピンの民話「さる・かめ合戦」を比較した論考を著している[21]。1888年4月13日にリサールはサンフランシスコ行きの船に乗り込み、船中で後に衆議院議員となる自由民権運動の壮士、末広鉄腸と懇意になった[22]。当初の鉄腸の目的は訪米だったが、リサールと意気投合したために予定を変更して4月28日のサンフランシスコ到着後も行動を共にし、5月16日リサールと共にイギリスのリバプールに到着した後、ロンドンにて別れている[23]。ロンドン到着後のリサールは大英博物館をはじめとする、イギリス、ベルギー、パリの図書館に通いながら古代史の研究を進め、スペイン人による植民地化以前のフィリピンの歴史を研究した[24]1889年2月15日にはロペス・ハエナデル・ピラールらスペインの首都マドリードに滞在していたフィリピン出身者と共に、半月刊のスペイン語新聞『ラ・ソリダリダッド』(スペイン語で「団結」の意)の創刊に加わり、「プロパガンダ運動」を行っている[25]1891年9月18日にベルギーのヘントで二作目の小説『エル・フィリブステリスモ』を出版した[26]


帰国[編集]

『エル・フィリブステリスモ』の出版後、リサールは1891年10月18日にマルセイユを発ち、フィリピンに帰国しようとしたが、フィリピン官憲がリサールの反植民地主義を危険視したために帰国が敵わず、11月19日に香港に到着した後、当地で眼科医を開業した[27]。しかしながら望郷の念は已まず、翌1892年6月15日にフィリピンに帰国した[28]。帰国後、リサールは「ラ・リガ・フィリピナ(フィリピン同盟」を組織すべく活動した[29]。ラ・リガ・フィリピナの思想的立場は急進的な革命を望むものではなく、スペイン治下のまま暴力を用いずに穏健な改革を望むものであったが[30]、この方針をも危険視した植民地政府当局によってリサールは逮捕され、同年7月7日にフィリピン南部のダピタンDapitan、現在のサンボアンガ・デル・ノルテ州に位置する)へ流刑された[31]。流刑地ダピタンでのリサールは医者、及び教師として住民に接し、また、ヨーロッパの学者からの依頼に応じてミンダナオ島の地質、昆虫動物についての研究を残している[32]。この頃までにリサールは20数言語を習得していた[33]

最期[編集]

1896年7月に流刑を終えた後、かねてから伝えていた軍医志望の旨が総督のラモン・ブランコに許可されたため、リサールはスペイン海軍巡洋艦「カスティリア号」に乗り込み、任地のスペイン領キューバへと旅立った[34]。しかし、船が地中海に入ったところで秘密結社カティプナンが独立闘争(1896年革命)を開始すると、上陸地のバルセロナで以前からリサールに目をつけていたスペイン官憲に逮捕された[35]。スペインからフィリピンの首都マニラに送致された後、軍法会議にかけられ、同年12月26日銃殺刑が宣告された[36]。処刑の前の晩に妹に手渡した遺言代わりの辞世の詩は、後に『ミ・ウルティモ・アディオス(Mi Ultimo Adios,『我が最後の別れ』の意)』と名づけられ、彼の祖国への熱い思いを伝えるものとなっている。同年12月30日、リサールを一目見ようと集まったフィリピン民衆が見守る中、35歳にしてマニラで銃殺された[37]

評価[編集]

リサールの処刑は巨大な反響を招いた。リサール処刑の翌々年に成立したフィリピン第一共和国エミリオ・アギナルド大統領はリサールが処刑された12月30日を「リサールの日」に指定し、祭日とした[38]。このようにリサールはフィリピンで高く評価されている他、インドネシア初代大統領のスカルノオランダ人インドネシア語に訳したリサールの著作を通して影響を受けた[39]。リサール初の伝記はスペイン人でありながらも、リサール心酔者となったウエンセスラオ・レタナによって1900年にマドリードで出版された[40]

また、1888年の4月から5月にかけてのリサールのイギリス行に同行した自由民権運動の壮士、末広鉄腸1891年にリサールをモデルにした主人公が日本人志士の助けを得てスペインからのフィリピン独立運動を戦う政治小説、『南洋之大波瀾』を著している[41]

現在、リサールは『ノリ・メ・タンヘレ』と『エル・フィリブステリスモ(El Filibusterismo)』という2つの小説で有名である。フィリピン最初期の近代小説である両作は共にスペイン語で書かれているが、スペイン圧政下に苦しむ植民地フィリピンの様子が克明に描き出されており、フィリピン人の間に独立への機運を高めた。

リサールが処刑されたマニラ湾を見渡す地は現在、リサール公園(w:Rizal Park、別名 ルネタ公園 Luneta Park)として整備されており、衛兵に24時間守られている記念碑があり、緑も多くマニラ市民の憩いの場所になっている。また、リサールは1888年に来日しており、1ヶ月ほど東京都(当時・東京府)内に滞在している。これを記念して東京の日比谷公園にはホセ・リサール記念像が設置されている。

著作[編集]

  • 『ノリ・メ・タンヘレ(Noli me tangere)』
  • 『エル・フィリブステリスモ(El Filibusterismo)』
  • 『ミ・ウルティモ・アディオス』

ホセ・リサールを描いた作品[編集]

映画[編集]

脚註[編集]

[ヘルプ]

註釈[編集]

出典[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]