曹據

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

曹 據(そう きょ、生没年不詳)は、中国三国時代の皇族。名は曹拠曹据とも書かれる。父は曹操。生母は環夫人。同母兄弟は曹沖曹宇。異母兄弟は曹丕(文帝)・曹整。子は曹琮・曹範・曹闡ら。

生涯[編集]

211年、父の功績により、後漢の范陽侯に封じられ、217年には侯となった。魏が建国されると、221年に公、222年には章陵王となったが、同年に義陽郡に転封となった。曹丕の配慮により、一時は母の故郷である彭城郡の王に転封されたが、すぐ済陰郡に転封となった。曹丕は224年に詔勅を出し、諸王の所領をすべて単位まで削減する政策を表明した。このとき曹據は定陶県王とされた。しかし曹叡(明帝)の時代にこの政策は変更となり、232年には諸王の所領を単位まで拡張することになった。このため曹據は彭城王に戻ることができた。

237年、禁令を犯したため罪を得て所領の一部を削減されたが、239年に許され所領を返却された。以後も加増を得て、4600戸となった。

司馬師は曹據の従孫に当たる曹芳(斉王)を廃位した後、後継者の候補として曹據を推挙したが、曹叡の系統が断絶することを憂えた郭太后に拒絶されたため、曹丕の孫である曹髦(高貴郷公)を後継とした(「三少帝紀」が引く『魏略』)。

[編集]

子の曹琮は、208年に早世した曹沖の跡を継いだ。237年には曹據と同様の罪名で位を落とされたが、曹據と同様に239年に元の位に復している。曹範は曹整の跡を継ぎ、235年に没した。曹闡は236年に兄の跡を継ぎ、何度かの加増を経て所領が1800戸までになった。