サンドラの大冒険 ワルキューレとの出逢い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サンドラの大冒険から転送)
移動先: 案内検索
サンドラの大冒険
ワルキューレとの出逢い
ジャンル 横スクロールアクション
対応機種 スーパーファミコン
開発元 ノバ
発売元 ナムコ
音楽 富樫則彦
美術 冨士宏
シリーズ ワルキューレシリーズ
人数 1人
メディア 8メガビットロムカセット[1]
発売日 日本 199207231992年7月23日
PAL 1992年
その他 型式:日本 SHVC-SH
PAL SNSP-SH
テンプレートを表示

サンドラの大冒険 ワルキューレとの出逢い』(サンドラのだいぼうけん ワルキューレとのであい)は、1992年7月23日にナムコ(現・バンダイナムコエンターテインメント)よりスーパーファミコン用ゲームとして発売されたアクションゲーム。「ワルキューレ」シリーズのひとつ。キャラクターデザイン冨士宏

欧州では『Whirlo』のタイトルで発売された。

概要[編集]

本作は、ファミリーコンピュータ用ソフト『ワルキューレの冒険 時の鍵伝説』(1986年)、アーケードゲームワルキューレの伝説』(1989年)に登場するキャラクターであるサンドラを主人公にしたアクションゲームである[2]。物語は『ワルキューレの冒険』より過去の出来事にあたり、サンドラが故郷を旅立ち、ワルキューレと出会うまでの物語が描かれている。位置づけとして前日譚であるため、シリーズのメインヒロインであるワルキューレはゲーム本編中には登場しないが、彼女を除くシリーズレギュラーは登場している。

一般的な横スクロールアクションゲーム[2]だが、タイム制限や得点の概念が存在しない。絵本のような可愛いらしい絵柄とは裏腹に3種類のジャンプをはじめとした多彩なアクションを駆使して進まなければならず、パズル要素もふんだんに盛り込まれており難易度は高い[2][3]。また、コンティニュー回数に制限があり、一定回数以上ゲームオーバーになるとブラックサンドラに墜ちる結末を迎える。

随所に挿入される会話シーンにおける選択肢によって結末が分岐するようになっているが「ワルキューレと出会い仲間になる」のがストーリー上の正史であるため、そこに繋がらない結末は全てバッドエンド扱いである。

設定[編集]

ストーリー[編集]

サンドラ族の青年クリノ・サンドラは、マーベルランドの片田舎サンドランドで妻と息子の3人で平和に楽しく暮らしていた。しかしある日、サンドランドが爆音と共に陥没を起こす。空からは死の灰が降り注ぎ、住民は次々と風化病で倒れていく。そしてついに、サンドラの息子も風化病にかかってしまう。途方に暮れるサンドラと妻。しかし、「幻の薬」があれば、風化病は治せるという話を聞き、サンドラは、「幻の薬」を探す旅に出る。そして旅の中で蘇った魔王ゾウナがもたらす災いの数々を目の当たりにし、平和を取り戻すべくゾウナに戦いを挑む。

ステージ構成[編集]

このゲームは、8つのラウンドで構成されており、そのラウンドもいくつかのエリアに別れている。基本的には各エリアは、エリアの最後の地点に到達すればクリアとなるが、ボスを倒さないとクリアできないエリアもある。

城内が水浸しで、迫り来る水流から逃げながらゴールを目指さなければならないエリアもある「カルデラの城」、海賊船が舞台で、揺れ動く小船を乗り継いでいかなければゴールに到達できないエリアがある「ローレライの海」、天空の島が舞台で、強制スクロールする中で複雑に入り組んだ迷路の中を進んでいかなければならないエリアがある「ネバーランド」など、個性的なラウンドが用意されている。

「与えられたヒントを元に、嘘の証言をする人物たちの中から、自分が探している人物を見つけ出す」、「3つの重りを同時に船体の甲板につけなければ開かない扉を、うまくサンドラを操作して重しを動かし開かせる」、「どれかに乗るとどれかが消えてしまう青、赤、緑の足場があり、その出たり消えたりする足場を乗り継いで、の頂上を目指す」など、このゲームでは、謎解きやパズルの要素が多分に含まれている[3]。サンドラのクセのある各種のアクションの特性と地形の構成をうまく把握していないと突破できないところもエリア内には数多くあり、普通のアクション部分でも頭を使うことが多い[3]。敵との戦闘もあるが、このゲームはどちらかと言えば頭を使って先に進む要素がかなり強い作品となっている。

ステージ 1
サンドランド → 不思議の森 → シーザスの谷
ステージ 2
アルサンドラ山 → 炎の洞窟 → アルサンドラ山
ステージ 3
カルデラ城 → ジジの工房 → 姫の間 → カルデラの城 → カルデラ城地下
ステージ 4
大蛇の森 → ピクシーの家 → 大蛇の森 → 毒キノコの洞窟 → エンマコンダの巣
ステージ 5
ローレライ海 → マッコウクジラが打ち上げられている小島 → 海賊船
ステージ 6
樹の島 → 地下洞窟 → 樹の島 → ローレライ海 → 樹の島 → 教会 → 樹の島
ステージ 7
ネバーランド → 迷路 → 守りの碑 → 卵谷
ステージ 8
えんえん砂漠 → 奇跡の岳 → 幻の塔(知恵の試練 → 慈愛の試練 → 勇気の試練) エンディング

登場人物[編集]

クリノ・サンドラ
本作の主人公。正義感が強く、生真面目で心優しいサンドラ族の青年。本職は農夫だが、凶悪なシーザスを一撃で倒すほどの戦闘力を持った一族最強の戦士。泳げないのが弱点であり、水辺などのステージで落ちただけでも、白目になって揺れながら沈んでしまう。
サンドランド」を覆う死の灰がもたらす風化病に犯された我が子と一族の仲間たちの命を救うため、特効薬・幻の薬の手がかりとなる「ひかりのかけら」を求め、三又の槍を手に妻子を残して旅に出る。世界各地でゾウナ復活による災厄や魔物の跋扈を目の当たりにし、平和を取り戻すべくゾウナに戦いを挑む。
サビーヌ
コアクマン族アンディの子供。
幼い頃に魔物に襲われて母と離れ離れになってしまい、成長した後は独り逞しく生き抜いている。後にサンドラとワルキューレの旅を支える心強い仲間となる。
アンディ
サビーヌの母。「アルサンドラ山」の主にさらわれた幼い子どもを救うためにズールをいけにえにしようとしていたが、サンドラに止められ、一族の宝である「ひかりのかけら」と引き換えに助けを求める。
ズール
神出鬼没のコソ泥。セコくてズルいがどこか憎めない男。クリノの後を付けまわし、しつこく儲け話を持ちかけてくる。
たろう
将来、ヴィオラ弾きの名手を夢見ているカッパ族の男の子。
ひなげし
ジジの工房でお手伝いで働いている少女。
トト
ナイフ使いの曲芸師の男の子。師匠は伝説の曲芸師「ドド」。ひなげしに恋をしている。
ガディ
ジジの工房で大工として働いている青年。密かにひなげしに恋をしている。
ティアナ姫
「カルデラ城」の姫。ニコルという男性に恋をしている。かなりの泣き虫であり、大量の涙で場内をはじめ、周辺まで水びだしにしている。
選択肢によって、ブス姫になったり、可愛い美人になったりすることもある。
ニコル
ティアナ姫が探している髭を生やした男性。吹の名手。
選択肢によって、性格自体も異なる。
ピクシー一家
大蛇の森」に住む妖精ピクシー族の家族。名前は不詳だが、父、母、男の子の赤ちゃんの3人構成。
後に洪水により「樹の島」に移り住むが、トリガーに襲われてしまい、赤ちゃんを拐われてしまう。拐われた赤ちゃんは、トリガーの巣の上に置かれ、エサとして食べられそうなところを、サビーヌによって救助される。
フェアリー
「ネバーランド」の妖精。他にも二人の仲間がいるが、名前は不詳。
「樹の島」でサンドラをに乗せて、三人で天空の島「ネバーランド」へ送り届ける。
ウォルター
「ネバーランド」を統治している長老。フェアリーたちを従えている。
ゾウナ
時の鍵の封印が破れたことにより蘇った魔王。平和で穏やかだったマーベルランドに混沌と破壊をもたらす。
サンドランドを陥没させて死の灰を振りまき、風化病を流行らせた張本人。本作のラストボス。

スタッフ[編集]

  • プログラム:CARROT おがわん、SHIN
  • アニメーション:べん・ザ・グレート
  • マップ・エディット:まつ
  • エネミー・オペレーション:SHIN、MOON SIDE
  • パペット・オペレーション:おがわん、MOON SIDE
  • グラフィック:なべ、Q、かねボー、ちょっぴり す
  • サウンド・ユニット:のりりん(富樫則彦)なかのぶ タロー、エビハラ
  • アート・コンセプト、キャラクター・デザイン:やりなげ
  • ライター:いっぱいでたよ コアクマン
  • シナリオ:いっぱいでたよ コアクマン、MARS 89-92
  • スペシャル・サンクス:IGA、ジョー・ししど、ナベ2、かえるしゃちょう もうだめちう、プレリュード・ガンマ

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
ファミ通 24/40点[4]
GameFan 62.25/100点[5]
NintendoLife 7/10stars[5]
ファミリーコンピュータMagazine 22.60/30点[1]
(総合55位)

ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では、6・6・7・5の合計24点(満40点)[4]、『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、22.60点(満30点)となっている[1]。この得点はスーパーファミコン全ソフトの中で55位(323本中、1993年時点)となっている[1]。また、同雑誌1993年8月情報号特別付録の「スーパーファミコンオールカタログ'93」では、「絵本のようなビジュアルシーン、ナゾ解きも盛り込まれ、かなりストーリー性が重視されている」と紹介されている[1]

項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 4.27 3.78 3.67 3.64 3.57 3.66 22.60

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 「8月情報号特別付録 スーパーファミコンオールカタログ'93」、『SUPER FAMICOM Magazine』、徳間書店1993年8月1日、 13頁。
  2. ^ a b c 株式会社QBQ編 『スーパーファミコンクソゲー番付』マイウェイ出版発行、2017年。ISBN 9784865117097 p106
  3. ^ a b c 株式会社QBQ編 『懐かしスーパーファミコン パーフェクトガイド』 マガジンボックス(M.B.ムック)、2016年。ISBN 9784866400082 p28
  4. ^ a b サンドラの大冒険 ~ワルキューレとの出逢い~ まとめ [スーパーファミコン]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2017年10月7日閲覧。
  5. ^ a b Whirlo for SNES (1992) - Moby Games”. Blue Flame Labs. 2017年9月24日閲覧。

外部リンク[編集]