フィーチャー・フォン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フィーチャー・フォンfeature phone)は、携帯電話の端末のうち、一定の機能を有する端末に対する通称。ダム・フォンdumb phone)という呼び名もある[1]

明確な定義は存在しないが、一般には、基本的な機能のみのベーシックフォンでもなく、比較的高機能の端末ではあるがスマートフォンでもないものを指すことが多い[2][3]

スマートフォンの定義については、スマートフォンを参照の事。

アメリカ合衆国[編集]

インターネット接続、音楽再生、撮影機能等を搭載したNokia 6020

携帯電話市場ではスマートフォンがiPhoneAndroidが競う形で販売が好調である。このため、利用者数でも、スマートフォンがフィーチャー・フォンのシェアを奪っているというデータがある。市場調査会社のニールセンによる2013年夏のデータでは、スマートフォンの浸透率は61%に達した[4]

日本[編集]

海外の多くの国ではハイエンドの多機能携帯電話は、高価なため販売の主流ではない。それに対し日本では、2007年9月の総務省のガイドライン[5]以前は、販売奨励金による戦略的な販売価格引き下げにより、多機能携帯電話が納入価格を下回るほどの安価で提供されていた。そのため、販売の主流は多機能携帯電話だった。また、通話機能のみに絞った携帯電話は年配者向けなど特殊な物を除いて、殆ど販売されていなかった。

この多機能携帯電話は、日本の事業者専用仕様で設計されており、一部の例外を除いて、派生輸出モデルを持たない国内特定一事業者専用モデルである。また、これらの携帯電話は、ガラパゴス化の例としてガラパゴスケータイ、あるいは それを略してガラケーとも呼ばれる。近年[いつ?]では、スマートフォンにガラパゴスケータイの特徴を取り入れたガラパゴススマートフォンというカテゴリーも出現している。

2005年頃からは、国内の各キャリアからスマートフォンがリリースされ始めた。国内での初期のスマートフォンとしては、2005年12月にウィルコム(現・ワイモバイル)が発売したWindows Mobile機W-ZERO3、2008年3月のイー・モバイル(現・ワイモバイル)によるEMONSTER、同年7月のソフトバンクモバイルによるiPhone、2009年7月のドコモによるAndroid機HT-03A、そして2011年8月のauKDDI沖縄セルラー電話連合)によるWindows PhoneIS12T(CDMA TSI12)などが該当する。

スマートフォンの国内販売が開始されて以降、国内でも多機能携帯電話からスマートフォンへの需要のシフトが鮮明になった。市場調査会社のMM総研による2010年度の国内携帯電話出荷台数推計では、スマートフォンは、総計855万台で前年比3.7倍、シェア22.7%である[6]。それに対応して、国内でのフィーチャー・フォンのシェアは低下傾向にある。

ただし、スマートフォンにも、PCと比較するとインターネットブラウジングの操作性が悪い、一回の充電での使用時間がフィーチャー・フォンより短い、通信費もフィーチャー・フォンよりも割高になる、等の欠点がある。それらを嫌うユーザーからは、フィーチャー・フォンも根強い支持がある[7]

2014年頃になると、スマートフォンブームが落ち着いたこともあり、フィーチャー・フォンが見直される動きが強くなっている。ちなみに、フィーチャー・フォンを使用している男性を「ガラケー男子」と呼ぶ風潮も生まれている[8]

脚注[編集]

  1. ^ R. JAI KRISHNA (2014年8月23日). “Firefox格安スマホ、来週インドで発売”. ウォール・ストリート・ジャーナル. http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052970203403704580107663971451720 2014年8月23日閲覧。 
  2. ^ Feature Phone”. www.phonescoop.com. 2011年9月4日閲覧。
  3. ^ 大和 哲 (2010年3月9日). “第458回:フィーチャーフォン とは”. ケータイWatch. 2011年9月4日閲覧。
  4. ^ MOBILE MAJORITY: U.S. SMARTPHONE OWNERSHIP TOPS 60%”. The Nielsen Company (2013年6月6日). 2013年10月14日閲覧。
  5. ^ 携帯電話に係る端末価格と通信料金の区分の明確化に関する携帯電話事業者等への要請”. 総務省 (2007年9月21日). 2011年10月5日閲覧。
  6. ^ 2010年度通期国内携帯電話端末出荷概況”. (株)MM総研 [ 東京・港 ] (2011年5月11日). 2011年9月27日閲覧。
  7. ^ シェア60% -ガラケー、バカにされても根強い人気”. President Online (2013年2月27日). 2013年6月29日閲覧。
  8. ^ “【関西の議論】“ガラケー男子”はモテる!?「メールが丁寧」「硬派な感じ」…スマホ快進撃の影で復権の兆し”. 産経新聞. (2014年2月6日). http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/140206/wlf14020607000000-n1.htm 2014年2月7日閲覧。 

関連項目[編集]