AMPS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

AMPS(Advanced Mobile Phone System)は、FDD-FDMA-FMアナログ方式の第一世代携帯電話方式の一つである。

概要[編集]

1983年AT&Tモトローラが提案して北米標準となった、アナログ携帯電話の規格である。

特徴としては、次の点がある。

  • 搬送波の周波数間隔を30kHz(15kHzインタリーブ)と広く取り干渉耐力を大きくしている。
  • 60°指向性アンテナを使用しセルを6セクタに分割し、周波数帯域の繰り返し利用効率の向上と、空中線電力の有効利用を図っている。

この他アナログ方式共通の特徴として、

  • 電波がデジタル方式に比べて遠くまで届く。このため、田舎ではデジタルは使えないがAMPSの電波はある、ということがよくあった。
  • 電池の持ちはデジタル方式に比べて劣る。
  • SAR(頭部への電磁波放出強度)の値は、AMPSは大きい。

などの特徴がある。

周波数としては800MHzバンドが使用されていた。米国では、連邦通信委員会(FCC)が、セルラーバンド(800MHz)事業者にAMPSのサービスを維持することをバンドライセンスの条件の一つとしていたが、この条項は、2008年2月までに撤廃され、もはや多くの地域でAMPSは利用できない。2006年以降に製造された端末では、ほとんどAMPSはサポートされておらず、事業者もAMPSのサポートを端末認定の条件から外している。

TACS[編集]

TACS(Total Access Communication System)は、AMPSを英国向けに、搬送波の周波数間隔を25kHz(12.5kHzインタリーブ)にし、1984年1985年に開発したものである。フランススイススペインシンガポール中国香港アフリカの一部で採用されていた。2005年現在、デジタル方式へ置き換えが進行している。

日本[編集]

JTACSは、基地局を低周波数・移動局を高周波数・間隔を55MHzにしたTACSの日本向け仕様であり、1989年からDDIセルラーグループ(現・KDDI/沖縄セルラー電話連合 各auブランド)が導入した。NTACSは、搬送波の周波数間隔を12.5kHz(6.25kHzインタリーブ)にして大容量化したものであり、1991年から日本移動通信が首都圏・東海地方でサービスを開始した。後に、共にauとなった。

一時期は地域によっては高いシェアを獲得していたが(特に東北、および北海道、関西地方)、デジタル方式(PDC/cdmaOne)への移行で2000年9月30日(現在のKDDIが発足する前日)限りで停波し(新規受付は1999年8月に終了)、日本における第一世代(アナログ)携帯電話はすべて消滅した。なおIDOはサービス開始当初はTokyo Phone(トウキョウ フォン)、のちにTacs minimo(タックス ミニモ.のちに参入する東京デジタルホンに配慮した改称)、セルラー各社はセルラーホンと呼ばれた。

また、それまでNTTドコモ・日本移動通信で採用されていたアナログのNTT大容量方式 (Hicap) に対し、モトローラ方式と呼ばれることもある。

関連項目[編集]