周波数分割複信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

周波数分割複信(しゅうはすうぶんかつふくしん : Frequency Division Duplex)は、送信と受信とに別の周波数を割り当て、全二重通信を行う電気通信技術である。複信の一方式であり周波数分割双方向伝送とも言う。

特徴[編集]

次のような特徴がある。

用途[編集]

無線通信移動体通信で広く用いられる。

また、ADSLなどのデジタル加入者線の多くでも用いられている。

関連項目[編集]