媒体アクセス制御

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
TCP/IP群
アプリケーション層

BGP / DHCP / DNS / FTP / HTTP / IMAP / IRC / LDAP / MGCP / NNTP / NTP / POP / RIP / RPC / RTP / SIP / SMTP / SNMP / SSH / Telnet / TFTP / TLS/SSL / XMPP

カテゴリ
トランスポート層

TCP / UDP / DCCP / SCTP / RSVP

カテゴリ
ネットワーク層

IP (IPv4, IPv6) / ICMP / ICMPv6 / IGMP / IPsec

カテゴリ
リンク層

ARP/InARP / NDP / OSPF / トンネリング (L2TP) / PPP / MAC (イーサネット, IEEE 802.11, DSL, ISDN)

カテゴリ

媒体アクセス制御またはメディアアクセス制御: Media Access ControlMAC)とは、IEEE 802においてOSI参照モデルの第2層にあたるデータリンク層の一部(副層)を成す通信プロトコルである。

概要[編集]

OSI参照モデル
7 アプリケーション層  
6 プレゼンテーション層
5 セッション層
4 トランスポート層
3 ネットワーク層
2 データリンク層
1 物理層

MAC は、アドレス指定と多元接続制御機構を提供し、複数のターミナルやネットワークノードをネットワーク上で通信可能とする。一般に、Local Area Network(LAN)や Metropolitan Area Network(MAN)で使われる。全二重の一対一の通信では、MACプロトコルは必要とされない。半二重の一対一の通信では、全二重のエミュレートが可能であり、その際にMAC層を使うこともある。

MAC層は論理リンク制御とネットワークの物理層の間のインタフェースとして動作する。

MAC層は、物理アドレスあるいはMACアドレスと呼ばれるアドレッシング機構を提供する。これは、各ネットワークカードに割り当てられた固有の番号であり、サブネットワーク(イーサネットなどのルーターを経由しない物理ネットワーク)内の通信相手にパケットを送信可能とする。

媒体アクセス制御という用語は多元接続プロトコルと同義に使われることもある。というのも、MAC層は多元接続に必要なプロトコルと制御機構を提供するためである。これにより、複数の局が同じ物理媒体を共有することが可能となる。物理媒体共有の例として、バス型ネットワーク、リング型ネットワーク、ハブ型ネットワーク、無線ネットワーク、全二重の一対一リンクなどがある。

有線ネットワークでのパケット通信多元接続プロトコルの例[編集]

無線ネットワークでのパケット通信多元接続プロトコルの例[編集]

関連項目[編集]


この記述は GNU Free Documentation License のもとに公開されているコンピュータ用語辞典『 Free On-line Dictionary of Computing (FOLDOC) 』に基づいています。