複信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

複信(ふくしん;Duplex)は、2地点間で情報をやり取りする方式である。双方向通信とも呼ばれる。

複信を行う場合、伝送方向別に2つの通信線路を使用すると単純であるが、伝送路の節約のために各種伝送方式が用いられる。

電気通信における通信方式[編集]

電気通信における、通信方式には次のようなものがある。

日本語 英語 特徴 用途
全二重通信(複信) Full Duplex 双方が同時に送信できるもの 電話・高速データ通信
半二重通信(半複信) Half Duplex 一方が送信している間は受信を行うもので、伝送方向を切り替えられるもの プッシュ・ツー・トークトランシーバーマスタースレーブ方式のセンサネットワーク
単方向通信(単信) Simplex 単方向の伝送のみ可能なもの。 放送監視カメラ

単一伝送路での全二重通信方式[編集]

日本語 英語 略称 原理 帯域利用効率 同期 フェージング耐性 回路規模 特徴 用途
時分割複信 Time Division Duplex TDD 情報を時間軸で圧縮し、送受信方向を切り替え 時間配分を変えることで、送受信のデータ量の割合の動的変化が可能 TCM-ISDNPHSTD-CDMA、デジタル業務無線防災無線
周波数分割複信 Frequency Division Duplex FDD 周波数帯域を分割する 不要 送受信の分離に帯域フィルタ回路が必要 マルチチャネルアクセス無線携帯電話通信衛星
エコーキャンセラ Echo Canceler 自分の発信した電気信号を受信した信号から差し引いて、相手からの電気信号を検出 不要 伝送路の特性の変化への対応が必要 2線式ツイストペアケーブルによるEuro-ISDN電信電話回線

関連項目[編集]