Handheld Device Markup Language

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Handheld Device Markup Language (HDML) は、PDA携帯電話腕時計などの、画面が小さくて入力装置が限られた端末で使われることを前提に設計されたコンテンツ記述言語である。

Ericsson社、Motorola社、Nokia社、Unwired Planet社(現オープンウェーブ)によって設立された「WAP Forum」によって策定された。

特徴[編集]

HTMLと文法が似ているが、SGMLアプリケーションではない。携帯端末での表示に適するよう、タグの種類が少なく、「デッキ」と「カード」の導入によって転送回数を減らす工夫がしてある。また、変数が存在したりGOSUB~RETURNがあるなどプログラミング言語の様相も呈している。

採用例[編集]

日本では、KDDIauブランドと、KDDIグループのツーカー携帯電話が対応しているが、auがXHTMLベースのWAP2.0に対応したことにより次第に使われなくなりつつあり、2008年5月31日に「EZweb@mailコース」の終了により、HDML専用機からのEZWebが使用できなくなった[1]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]