Web Services Description Language

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Web Services Description Language (WSDL ウィズダル) とは、Webサービス記述言語の意で、SOAPによるXML Webサービスのインタフェースを記述するインタフェース記述言語。通常その表現にはXMLを使う。

関連文書に多数の混乱があるため、まず、必ずWS-IのBasic Profileの「5. Service Description」[1]を熟読すべきである。

WSDLの構成要素[編集]

  • types
  • message
  • operation
  • portType
  • binding
  • port
  • service

関連技術[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ WS-I Basic Profile, 5. Service Description