W3C Markup Validation Service

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Markup Validation ServiceWorld Wide Web Consortium (W3C) によって作られた、HTML文書がHTMLやXHTML標準へ準拠しているかどうかを検証するためのサービスである。[1]

歴史[編集]

Markup Validation ServiceはGerald OskoboinyによるThe Kinder, Gentler HTML Validatorとして始まった。[2]これはDan Connolly and Mark Gaitherによって作られた初めてのオンラインHTML検証系よりも直感的に使えるように開発され、1994年7月13日に公開された。[3]

1997年9月にOskoboinyはW3Cで働き始め、1997年12月18日にW3CはOskoboinyの仕事に基づくW3C HTML Validatorを公開した。[4]

仕組み[編集]

HTML ValidatorはウェブページにあるマークアップをW3Cの標準を比較して準拠度合いを判定する。宣言されたバージョンによって標準が変化するので、HTML ValidatorはDOCTYPE宣言を読み、どの標準を適用するかを判断してから作動する。[1]

一度検証系がページを読み込んで適用する標準を決定したら、開始タグ・終了タグ忘れや、クオーテーションマーク忘れや手書きのエラーを検査する。[1]

その後、検証系は文法が妥当か否かを示すレポートを表示する。エラーはリストとして表示される。終了タグを忘れるようなエラーはページ全体に渡る一連のエラーを起こすかもしれない。しかしながら、ページの作成者が一つ目のエラーを取り除けば一連のエラーも解決されるだろう。 [1]

ブラウザーの適用状態[編集]

多くの有名なウェブブラウザーはある種のエラーに寛容で、ドキュメントが文法的に正しくなくても正常に表示できるかもしれない。またXMLドキュメントも、内部か外部のDTDを宣言していれば妥当性の検証を行うことができる。

W3CはHTML/XHTML以外のウェブ技術に対する検証系を提供しており、MathMLCSSも検証できる。

検証系に対する批判[編集]

全てのマークアップ検証系はウェブページの全体像をとらえることができないが、終了タグ忘れやその他の専門的な誤りを指摘できる点では優れている[1]このことはページが全てのブラウザ上で作者の思惑通りに表示されることを意味しているわけではない。文法的に妥当と判断されたとしても、検証系の限界を補償しページが正常に見えることを確実にするために、全てのウェブページはできるだけ多くのブラウザ上でテストされる必要がある。

CSSの妥当性検証[編集]

W3Cや他のHTML/XHTM検証系がHTML/XHTML文書を検証するのに対し、また別の検証系が関連するCSS文書にエラーがないことを検証するために必要である。HTML/XHTML検証系が関連するCSSをCSS標準に照らし合わせて検査するように、CSS検証系はHTML/XHTML検証系と似たような方法で動作する。[1]

ウェブサイト 可否 エラーの数 警告の数 検査された日付
Google No 39 2 2009年11月25日
Google.co.uk No 41 2 2009年11月25日
Yahoo No 118 27 2009年11月25日
MSN No 1 0 2009年11月25日
AOL No 644 441 2009年11月25日
Ask.com No 111 23 2009年11月25日
Amazon.com No 1195 01 2009年11月25日
Amazon.co.uk No 1124 102 2009年11月25日
アップル No 7 1 2009年11月25日
YouTube.com No 207 62 2009年11月25日
Facebook No 39 0 2009年11月25日
MySpace.com No 63 20 2009年11月25日
Twitter No 61 0 2009年11月25日
Wikipedia No 9 2 2009年11月25日
BBC No 27 24 2009年11月25日
Internet Explorer No 80 60 2009年11月25日
Mozilla Firefox Yes 0 2 2009年11月25日
Opera Yes 0 0 2009年11月25日
Safari No 12 1 2009年11月25日
Google Chrome No 21 11 2009年11月25日

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f Castro, Elisabeth: HTML, XHTML & CSS, Sixth Edition, page 345-346. Visual Quickstart Guides, Peachpit Press, 2007. ISBN 0-321-43084-0
  2. ^ About the W3C Markup Validation Service”. W3C Markup Validation Service. World Wide Web Consortium. 2008年6月28日閲覧。
  3. ^ Connolly, Dan (1994年7月13日). “ANNOUNCE: HaL Interactive HTML Validation Service”. www-html mailing list.. http://lists.w3.org/Archives/Public/www-html/1994Jul/0015 2008年6月28日閲覧。 
  4. ^ Oskoboiny, Gerald (2003年3月22日). “History of the Kinder, Gentler HTML Validator”. 2008年6月28日閲覧。

外部リンク[編集]