Synchronized Multimedia Integration Language

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Synchronized Multimedia Integration Language
拡張子 .smil、.smi
MIME Type application/smil+xml
開発者 World Wide Web Consortium
種別 マークアップ言語
派生元 XML
国際標準

1.0 (Recommendation),
2.1 (Recommendation),

3.0 (Recommendation)
テンプレートを表示

Synchronized Multimedia Integration Languageは、WWW上でマルチメディアコンテンツを表現するためのマークアップ言語の一つである。静止画、動画、音声、文字(テキスト)などの、位置レイアウト、時間軸上でのレイアウトを、Extensible Markup Language (XML) フォーマットで記述することで統合し、再生させることができる。略称はSMILで、スマイルと読む。同期マルチメディア統合言語日本語訳されることもある。

SMILは、World Wide Web Consortium (W3C) 勧告による仕様のひとつである。1997年に登場し、W3Cによって1998年6月にSMIL 1.0として仕様勧告となった[1]。その後SMIL2.1を経て、最新バージョンであるSMIL 3.0が、2008年12月1日に勧告された。

記法[編集]

XMLフォーマットに準拠している。例として、異なるフォーマットの動画ファイルを縦に並べて同時に再生する記述を示す。

<smil>
  <head>
    <meta name="title" content="Hello, World" />
    <layout>
      <root-layout width="320" height="480" />
      <region id="hello" width="320" height="240" left="0" top="0" />
      <region id="world" width="320" height="240" left="0" top="240" />
    </layout>
  </head>
  <body>
    <seq>
      <video src="hello.3gp" region="hello" />
      <video src="world.mpg" region="world" />
    </seq>
  </body>
</smil>

再生可能なソフトウェア・ハードウェア[編集]

オーサリングソフト[編集]

日本での応用事例[編集]

au携帯電話 CDMA 1X WIN端末では、大容量番組配信サービスであるEZチャンネルでSMILの技術が利用されている。通話や電子メールなど端末が持つ機能との連携や、配信における著作権の保護に関する独自拡張も含む。

脚注[編集]

  1. ^ W3CがSMILを正式勧告”. INTERNET Watch (1998年6月16日). 2012年9月5日閲覧。

外部リンク[編集]