MusicXML

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

MusicXMLは、XML形式の楽譜表記のためのオープンファイルフォーマットである。Recordare(現MakeMusic)によって開発された。FinaleSibeliusRosegardenなどの楽譜作成ソフトウェアによって作成することが可能である。

同じく楽譜記述のためのフォーマットであるMusiXMLとは関係ない。また、ミュージカル・プランソフトウェアであるMusicXの形式も、同様の名前だが、互換性はない。

現在、楽譜作成ソフト独自ファイルとMusicXMLの相互変換を目的としたDolet® Pluginsというプラグインを公開しており、2012年12月時点ではFinale版とSibelius版が存在している。

ファイルの例[編集]

右の楽譜を表現するための例を以下に示す。

 <?xml version="1.1" encoding="UTF-8" standalone="no"?>
 <!DOCTYPE score-partwise PUBLIC
     "-//Recordare//DTD MusicXML 1.1 Partwise//EN"
     "http://www.musicxml.org/dtds/partwise.dtd">
 <score-partwise>
   <part-list>
     <score-part id="P1">
       <part-name>Music</part-name>
     </score-part>
   </part-list>
   <part id="P1">
     <measure number="1">
       <attributes>
         <divisions>1</divisions>
         <key>
           <fifths>0</fifths>
         </key>
         <time>
           <beats>4</beats>
           <beat-type>4</beat-type>
         </time>
         <clef>
           <sign>G</sign>
           <line>2</line>
         </clef>
       </attributes>
       <note>
         <pitch>
           <step>C</step>
           <octave>4</octave>
         </pitch>
         <duration>4</duration>
         <type>whole</type>
       </note>
     </measure>
   </part>
 </score-partwise>

外部リンク[編集]