アレックス・ジョーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アレックス・ジョーンズ(Alexander Emerick Jones、1974年2月11日 - )は、アメリカテキサス州オースティン在住のラジオ番組のホスト、俳優、映画製作者。トークラジオ番組The Alex Jones Showは全米60以上AM・FM局で放送され、YouTubeでのTheAlexJonesChannelは現在3億以上のビューワー数を誇る人気チャンネルである。

活動[編集]

新世界秩序(New World Order)論、アメリカ同時多発テロ事件陰謀説優生学者による人口削減計画、及び様々な陰謀説を唱える。

1995年、オクラホマシティ連邦政府ビル爆破事件に明らかに米国政府が関与していることを糾弾した(オクラホマシティ連邦政府ビル爆破事件陰謀説)。以後、国内テロリズムの歴史と、それを口実に銃規制や警察国家の強化をはかる連邦政府の共謀関係を研究する。

1998年、当時テキサス州知事であったジョージ・W・ブッシュ支持者の集会の最前列に紛れ込み、ブッシュの演説中、「連銀CFRを廃止すべきじゃないですか、知事?それがこの国を破壊している真の現実ですよ。アメリカのために立ち上がらないのですか、知事?」と質問を投げかけたが、ブッシュは黙って何も答えずアレックスは警備員にその場から連行された。

2000年、サンフランシスコ近辺で年に一度エリート達が集まり奇怪な儀式を行うと陰謀論者の間で長年話題になっていた秘密結社ボヘミアン・グローブの内部に潜入し儀式の隠し撮りに初めて成功した。映像では巨大なフクロウの像の前で奇妙な叫び声の音響を流しながら何かを燃やしている場面を映しているが、アレックスによるとフクロウの像はモレクを象徴しており、儀式はモレク崇拝者による子供を焼き殺すカナン式の生贄殺人(人身御供)であるとした。

また2001年9月11日の同時多発テロの2ヶ月前に、自身のラジオで米国の軍産複合体がオサマ・ビン・ラディンアルカイダを利用して自作自演のテロを起こすことを警告し、議員に"政府がテロを計画していることを我々は知っている"と電話で伝えるようリスナーに呼びかけたことが予言的な発言として話題になる。アレックスは、ホワイトハウスに通じていたインテリジェンス人脈から入手した資料や様々な地政学者への取材、アメリカがこれまで行ってきた偽旗作戦の研究から、事前の予測は容易であったという。

2006年6月、カナダオタワで開かれた欧米有力者の非公開ミーティングビルダーバーグ会議を撮影・取材するためにオタワに向かうところ、カナダの空港で警察に取り押さえられ、パスポートや撮影機器などを没収された。2007年9月11日にはニューヨーク市マンハッタンで911真相究明運動(9/11 Truth Movement)の街頭デモに参加中、警察に無許可でメガフォンを使ったとして逮捕される。

2011年10月、ウォール街を占拠せよ(Occupy Wall Street)運動の一環として、Occupy The Fed (連銀を占拠せよ)運動を立ち上げ、ダラス連邦準備銀行前で抗議デモを行い、私有銀行による独占的な通貨発行権の廃止を訴えた。

911事件の再調査を求めるアレックス・ジョーンズと911真相究明運動のデモ 2007年9月11日 マンハッタン

略歴[編集]

テキサス州ダラスで歯科医の家庭に生まれる。1996年、KJFK-FMでリスナー参加型のラジオ番組The Final Editionのホストとして活動を開始。1998年に『America Destroyed By Design』をリリースし映画デビューする。1999年にはオースティンの地方紙The Austin ChronicleのアンケートでのBest Austin Talk Radio Host(ベスト・オースティン・トークラジオ・ホスト)に選ばれるが、その年の終わりに彼の主張などが広告主に番組を売りづらくしているとの理由でKJFK局から解雇される。 2000年にテキサス州下院議員選挙に「インサイダーの中の監視人になるため」に共和党候補として立候補、しかし投票日前に選挙活動から撤退した。

主張[編集]

主流メディアによって「右派系陰謀論者」と描写されることに対して、そもそも右翼-左翼のパラダイム自体、支配者が人民を分断統治するために産み出した虚構の対立であるとして批判。アレックスは自身の思想については自然権自由権を重視する古典的自由主義であるとしている。トーマス・ジェファーソンら建国の父こそが本物のリベラリストであるとして、近年の銃規制を唱えるような自称「リベラル」(ニューヨーク・タイムズなど)に対してはリベラルを名乗る資格はないと激しく批判する。

アメリカ合衆国憲法、中でも権利章典(Bill of Rights)を最重視しており、特に近年の銃規制の流れにたいしては修正第2条(人民の武装権)擁護の立場から断固として反対している。アレックスは歴史的に専制国家が治安維持を口実に人民の非武装化を進め中央政府が暴力装置を独占することで、ジョン・ロックらが説いたところの自然権としての革命権を無効化し、暴虐政治や大量殺戮を可能にしたことを第一の理由に挙げる。

NAFTA北米連合(NAU)構想、また北米通貨連合とその統一通貨としてのアメロ構想に国家主権の立場から断固として反対している。アレックスはこれらの地域ブロック化は将来的に欧州連合(EU)やアフリカ連合(AU)と合体しグローバリスト支配層による世界統一政府を作るための裏口であるとしている。現にEU大統領のヘルマン・ファン・ロンパイは初任演説で「世界統治(Global Governance)」に言及しており、アレックスは自身の番組で欧州懐疑主義者の欧州議会議員らに多数インタビューを行い、EUの潜在的な危険性について警告している。

2009年3月には全米がまだオバマ大統領就任に沸くなかで映画『The Obama Deception (オバマの詐欺)』を公開。オバマ期待論の全てを一蹴し、民主党と共和党は争っているように見えて真に重要な問題(軍産複合体連邦準備制度の是非など)についてのスタンスは全く一致しており、そのためアメリカの政治制度は中身が同じ二つの政党による二党独裁政治であり、支配層は大統領など外見しか違わないパペットを定期的に取り替えることで国民の目が真の支配層に届かないよう騙し続けていると批判する。『The Obama Deception』はYouTubeで無料公開されており、2012年3月現在で1000万以上の再生回数を記録している。

ヨーロッパ王族やアメリカの知識人、特に環境保護主義を唱える科学者などに優生学思想がまだ脈々と受け継がれていることを強く批判している。ヒトラーナチスの思想に最も影響を与えたのが社会ダーウィニズムや人種改良主義を信奉していた当時のアメリカのリベラル派知識人であったことを指摘し、またナチスのホロコーストがあまりに露骨であったため、現在は水道水へのフッ素添加や、遺伝子組み換え作物、人工甘味料などによる人口の強制不妊化、人工的なエイズウイルスなどの拡散、国連主導の強制避妊一人っ子政策推進などより洗練され見えにくい形で人口削減が行われていると指摘。 その証拠ドキュメントの一つとして、オバマ政権の科学技術補佐官で優生学者のジョン・ホールドレンによる1000ページ以上にわたる著作『エコサイエンス (Ecoscience: Population, Resources, Environment)』を挙げている。これは1978年に生物学のPh.D(博士課程)以上の学生や教授向けに書かれた専門書であり、ワクチンや水道水への薬物混入による人口の大量断種や強制避妊の方法が詳細に書かれている。アレックスはあまりに衝撃的な内容なうえ既に絶版になっているので自身のサイトInfowars.comにその全文を公開した。

その他[編集]

俳優のチャーリー・シーン、へヴィメタルバンドメガデスデイヴ・ムステインとは友人であり、番組で何度もインタビューを行っている。

番組の主なゲスト[編集]

作品[編集]

映画[編集]

タイトル
1998 America: Destroyed by Design
1999 Police State 2000
1999 Are You Practicing Communism?
2000 America Wake Up or Waco
2000 The Best of Alex Jones
2000 Dark Secrets Inside Bohemian Grove
2000 Police State II: The Takeover
2001 Comprehensive Annual Financial Reports: Exposed
2001 911 The Road to Tyranny: Special Emergency Release
2002 911 The Road to Tyranny
2002 The Masters of Terror: Exposed
2003 Matrix of Evil
2003 Police State 3: Total Enslavement
2004 American Dictators: Documenting the Staged Election of 2004
2005 Martial Law 9-11: Rise of the Police State
2005 The Order of Death
2006 TerrorStorm: A History of Government-Sponsored Terrorism
2007 Endgame: Blueprint for Global Enslavement
2007 Endgame 1.5
2007 TerrorStorm: A History of Government-Sponsored Terrorism - Second Edition
2007 Loose Change: Final Cut by Dylan Avery
2008 The 9/11 Chronicles: Part 1, Truth Rising
2008 Fabled Enemies by Jason Bermas
2009 DVD Arsenal: The Alex Jones Show Vols. 1—3
2009 The Obama Deception
2009 Fall of the Republic: Vol. 1, The Presidency of Barack H. Obama
2009 Reflections and Warnings: An Interview with Aaron Russo
2010 Police State IV: The Rise Of FEMA
2010 Invisible Empire: A New World Order Defined by Jason Bermas
2010 The Fall of America and the Western World by Brian Kraft
2012 New World Order: Blueprint of Madmen

著作[編集]

2002 9-11: Descent Into Tyranny

関連項目[編集]

外部リンク[編集]