14 Words

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

14 Words(Fourteen Words)とは、デイヴィッド・レーンが考え出した、"We must secure the existence of our people and a future for white children."というスローガン隠語また略語である。この言葉は、主に白人至上主義者やネオナチなどの人種差別主義者により白人至上主義運動のスローガンとして用いられる。14 Wordsとは、このスローガンが14の単語からなることによる。このスローガンは「我らは、我らの種族の存続と白人の子どもたちのための未来を確かなものにしなくてはならない。」の意である。

差別的な意味を含む数字[編集]

このスローガンは1980年代に複数の銀行強盗やシナゴーグ爆破、及びデンバーラジオのトークショー番組の司会であったアラン・バーグ(Alan Berg)殺害の罪でアメリカ合衆国の刑務所に服役中のデイヴィッド・レーンという男により生み出された。又この言葉はしばしば88という別の隠語(88とはHeil Hitlerの隠語)と共に"88/14"、もしくは"8814"という風に用いられる。これらの数字は、欧米文化圏の一般市民はこれらの数字を13666等と共に忌み嫌っている一方で、逆に人種差別主義者(殊にネオナチ系のグループの構成員達)にとっては彼らを代表する数字と言える。例えば、彼らの主催するウェブサイトのアドレスの一部にこれらの数字を当てはめたり、これらの数字を自分の体に刺青している者も少なくない。


デイヴィド・レーン[編集]

デイヴィッド・レーンはアメリカ人で、極右のネオナチリーダー。ネオナチ組織The Orderのリーダーで14 Wordsを生み出した人物。1980年代に複数の銀行強盗やシナゴーグ爆破、及びデンバーラジオのトークショー番組の司会であったアラン・バーグ(Alan Berg)殺害の罪で懲役190年の判決をうけアメリカのフロリダ州の刑務所(The United States Penitentiary Administrative Maximum Facility)に服役していたが、2007年5月28日に死亡した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]