ハアレツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハアレツ紙(英語版とヘブライ語版)

ハアレツヘブライ語: הארץ‎, 英語: Haaretz )は、イスラエル新聞である。新聞の名称のハアレツは、直訳すると「その土地」であり、世界に流浪していたユダヤ人の間で故国イスラエルのことを指す言葉として使われていた。

概要[編集]

論調は中道左派で、労働党に近いとされる。全体的にはシオニズムに属しているが、一部の記事はパレスチナ側に立ったポスト・シオニストの観点もみられる。

イスラエルの新聞社では、大衆紙の『イェディオト・アハロノト』、右派の『エルサレム・ポスト』と共に、英語オンライン版が発行されている。2003年の総選挙前に、アリエル・シャロン首相が、1999年のリクード党首選の際に、2人の息子を窓口に南アフリカの実業家から150万ドル相当の闇献金授受をスクープしたことでも知られる。

パレスチナ問題では、ポスト・シオニストのギデオン・レヴィגדעון לוי‎‎)、アミーラ・ハス英語版עמירה הס)、イツハク・ラオール英語版(יצחק לאור)らがパレスチナ支援の論陣を張っている。

沿革[編集]

ハアレツは1918年にパレスチナの英軍の出資の元、新聞紙として発刊された。

1919年には、それをロシアのシオニスト達が引き継ついだ。誌名は、当初は「ハダショット・ハアレツ」(חדשות הארץ、かの土地の知らせ)と呼ばれたが、その後、短く「ハアレツ」と変更された。その出版部は、当時の主要なユダヤ人記者達を惹きつけた。

その後、間もなくエルサレムで発刊されようになり、3年後の1922年12月31日には、拠点をテル・アヴィブに移し、1922年から1937年にかけてモーシェ・グラックソンヘブライ語版の指導の下、出版は続けられた。

テル・アヴィブの英国当局は、先進的で先行投資的な広告を斡旋し、この新聞を経済的に支持した。そして、1937年には、ドイツのシオニスト穏健派であり、デパートチェーンを経営していたサルマン・ショキン英語版が、この新聞を買収した。1939年には息子のグリソム・ショキン英語版が編集長となり、1990年の晩年まで、その地位に留まった。

経営[編集]

新聞の編集指針は、1939年から1990年まで編集長をしていたグリソム・ショキンによって決定され、ショキン一家がこの新聞を保有した。編集責任者は、2004年4月、デビット・ランダウ英語版ハノッチ・マーマリヘブライ語版ヨエル・エストロン英語版から引き継ぐ形で就任し、そのランダウも、2008年4月にデヴィ・アフロン英語版に交代し、2011年8月からアルフ・ベン英語版が今の責任者である。

一方、英語版の編集者は2005年から2007年までアダル・プリモルאדר פרימור)で、その後、シャルロッテ・ヘラCharlotte Halle)が、2007年に英語版編集経営部門の責任者になり、2008年2月には印刷部門の管轄も兼ねた。

また、株式について言うなら、2006年8月にドイツの出版大手ドュモント・スチャウベルグ英語版がハアレツ・グループのそれの25%を保有した。このドイツの報道機関はケルンに本拠を置き、4つの日刊紙と他12種の紙媒体と複数のラジオ局番を保有している。また、ドイツのイスラエル大使、アヴィ・プリモル英語版אבי פרימור)の支持を受けた。

論調[編集]

左翼的、リベラルな論陣が特徴であるハアレツであるが、このことが一部の親イスラエルロビー団体や、競合紙である「エルサレム・ポスト」などの右派メディアから批判されている。2001年には「CAMERA」(en)という親イスラエルのメディア・ウォッチ団体が、ハアレツを「反シオニズム」「反イスラエル」と批判した[1]。だが、イェディオト・アハロノトアルーツ・シェバ英語版イスラエル・ポスト英語版エルサレム・ポストの系列紙)、イスラエル・ハヨムマコール・リション英語版マアリヴといった他のイスラエル・メデイアは右翼的な論陣を張ることが多く、その中でハアレツはジャーナリズムの核心である権力階級の監視、批判をためらわないことを評価する見方もある。ハアレツはイスラエル国内での高級紙としての地位を保ち、日本でも国立国会図書館やアジア経済研究所の図書館などで定期購読されている。

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ "Ha’aretz Fuels Anti-Israel Bias"CAMERA公式サイト 2001年8月6日

参考文献[編集]

外部リンク[編集]