イスラエル・ハヨム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イスラエル・ハヨム紙 の配布、エルサレムにて
イスラエル・ハヨム社

イスラエル・ハヨムヘブライ語: ישראל היום‎ Israel HaYom、意味: イスラエル本日[1] )は、イスラエル全国紙のヘブライ語日刊フリーペーパーである。2007年7月30日に発刊され、タブロイド判で出版され流通している。その名前イスラエル・ハヨム [1] は、よく知られるUSAトゥデイ と同様のバリエーションであるが、その2紙間に関連性はない。イスラエル・ハヨムはイスラエルで2番目の発行部数で、2009年後半に23.2パーセントから26.6パーセントにマーケットシェアを拡大した。[2]

発刊時、イスラエル・ハヨムはシェルドン・アデルソンに所有された。直接的に競争した他のフリー日刊紙イスラエリ英語版 は、以前にアデルソンの共同経営であったが後に廃刊した。2009年10月に、イスラエル・ハヨムは週末版が発刊された。

編集著はアモス・レゲヴである。パブリシスト英語版ダン・マルガリット英語版マアリヴイスラエル・ハヨム に協力させた。

イスラエル・ハヨムはその公平な傾向のために(右翼の政治姿勢の傾向があるとしても)ジャーナリストたちにより賞賛を受け、その一方で批判をするジャーナリストたちがいる。ベン=ドロール・イェミニ英語版はそれを「民主主義の脅威」と形容した。[3][4]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b イスラエル・トゥデイと、イスラエル・ハヨムは異なる。
  2. ^ Li-Or Averbuch (2010年1月27日). “TGI survey shows "Globes" only paper to grow”. Globes. 2010年1月27日閲覧。
  3. ^ Yemini, Ben-Dror (2009年12月25日). “Israel HaYom is a danger to democracy” (ヘブライ語). マアリヴ. http://www.nrg.co.il/online/1/ART1/993/891.html 2010年4月5日閲覧。 
  4. ^ Eydar, Dror (2009年12月31日). “Who is really fighting for democracy?” (ヘブライ語). イスラエル・ハヨム: pp. 28. http://www.israelhayom.co.il/site/newsletter_opinion.php?a=2807 2010年1月20日閲覧。 

外部リンク[編集]