Portal:昆虫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
P:INSECTから転送)
移動先: 案内検索
編集  

昆虫 ポータル

昆虫類

昆虫(こんちゅう)は、節足動物門汎甲殻類六脚亜門昆虫綱 (Insecta) の総称である。昆虫類という言葉もあるが多少意味が曖昧で、六脚類の意味で使うこともある。なお、分類体系の見直しから、六脚虫はかつてはすべて昆虫綱に含めたが、現在はトビムシなど原始的な群のいくつかをここから外している。昆虫は、硬い外骨格をもった節足動物の中でも、特に陸上で進化したグループである。ほとんどのは陸上で生活し、淡水中に棲息するものは若干、中で棲息する種は例外的である。水中で生活する昆虫は水生昆虫(水棲昆虫)とよばれる。世界の様々な気候環境に適応しており、種多様性が非常に高い。現時点で昆虫綱全体で80万種以上が知られている。現在知られている生物種に限れば半分以上は昆虫である。未記載種を含めると100万種を越えるといわれている。……(続きを読む

新しい特集を表示
編集  

特集項目

セイヨウミツバチ Apis mellifera
Blue star boxed.svg セイヨウミツバチ(西洋蜜蜂、学名: Apis mellifera)はミツバチの一種である。属名である Apis は「ミツバチ」に対応するラテン語である。そして種小名mellifera は「蜂蜜」を意味する melli- と「運ぶ」を意味する ferre から成る。それ故学名は「蜂蜜を運ぶミツバチ」を意味する。学名は1758年カール・フォン・リンネによって命名された。しかし後にこのハチが運ぶのは蜂蜜ではなく花蜜であると理解されたために、以降の出版物には Apis mellifica(蜂蜜を作るハチ)と記載された。しかし国際動物命名規約シノニムの決まりに従って、先につけた名前が優先順位をもつこととなった。
編集  

主要項目

昆虫#目レベルの分類 より)

一覧

編集  

関連ポータル

編集  

特集画像

ウラナミシジミ(裏波小灰) 日本、大阪にて
Cscr-featured.svg 作者: Laitche

ウラナミシジミ(裏波小灰蝶、Lampides boeticus)は、チョウ目シジミチョウ科ヒメシジミ亜科に分類されるチョウの一種。

編集  

カテゴリ

編集  

ウィキプロジェクト

編集  

協力依頼

編集  

お知らせ

編集  

新着項目

2017年 -

7/13: ムネクリイロボタル 6/30: セマダラコガネ 6/28: カワトンボ科 6/25: カタビロトゲハムシ 6/14: ヒアリ 6/11: タウルスヒラタクワガタオオツヤヒサシサイカブトヘルムスオオズコツノクワガタマンディブラリスミツノサイカブトバックレイコフキカブトギガスサイカブトフェイスタメルシワバネクワガタ 5/14: 香川照之の昆虫すごいぜ! 5/8: マルカメムシ 4/2: アメリカカンザイシロアリ 3/27: オナガシミ 3/25: クロマツシミ 3/16: マダラヤンマ 2/1: 美郷ほたる館

2016年 -

12/30: スナノミ 12/24: ヒメアカタテハ亜属 12/8: ロイヤラクチン 11/21: ホウオウボククチバ 11/17: ウルシゴキブリ 11/16: コワモンゴキブリ 11/13: トビイロゴキブリ 10/25: ナミルリモンハナバチ 10/8: ハナカマキリ 9/22: クロトゲアリ 9/10: イガ (昆虫) 9/8: アオイトトンボ 9/2: ケルメス 7/6: アオバアリガタハネカクシ 6/10: ドクガ属 6/3: チーズバエ 5/31: ヒルタスヘラヅノカブト 5/24: ブクネラ属 5/17: パプアミツノカブト 4/30: チャンズ・メガスティック 3/31: オオトンボ目 3/30: 微粒子病 3/21 ティタノミルマ 3/19 アフィカス属 2/17: アフリカシロナヨトウ働きアリの法則 2/11 リュウキュウハグロトンボ 2/1: ウンナンシボリアゲハ


過去ログ: 2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年2005年2004年2003年

新しいページポータル・PJ支援ポータル別新着項目Portal:生き物と自然/新着項目

編集  

姉妹プロジェクト

ウィキメディア姉妹プロジェクトで「昆虫」を調べることができます:

コモンズ
メディア

ウィキニュース 
ニュース

ウィキクォート 
引用句

ウィキソース 
原文献

ウィキボヤージュ 
旅行ガイド

ウィキデータ 
データベース