Portal:昆虫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
P:INSECTから転送)
移動先: 案内検索
編集  

昆虫 ポータル

昆虫類

昆虫(こんちゅう)は、節足動物門汎甲殻類六脚亜門昆虫綱 (Insecta) の総称である。昆虫類という言葉もあるが多少意味が曖昧で、六脚類の意味で使うこともある。なお、分類体系の見直しから、六脚虫はかつてはすべて昆虫綱に含めたが、現在はトビムシなど原始的な群のいくつかをここから外している。昆虫は、硬い外骨格をもった節足動物の中でも、特に陸上で進化したグループである。ほとんどのは陸上で生活し、淡水中に棲息するものは若干、中で棲息する種は例外的である。水中で生活する昆虫は水生昆虫(水棲昆虫)とよばれる。世界の様々な気候環境に適応しており、種多様性が非常に高い。現時点で昆虫綱全体で80万種以上が知られている。現在知られている生物種に限れば半分以上は昆虫である。未記載種を含めると100万種を越えるといわれている。……(続きを読む

新しい特集を表示
編集  

特集項目

ギンボシヒョウモンのオス
Blue star boxed.svg ヒョウモンチョウ族Argynnini、豹紋蝶)は、チョウ目タテハチョウ科ドクチョウ亜科内のひとつの分類単位。本族に分類されるチョウは、和名の通り黄色の地にい斑点が並んだヒョウ柄模様のを持つものがほとんどである。日本では本族内の一種 Brenthis daphne (Denis et Schiffermüller, 1775) に「ヒョウモンチョウ」(別名ナミヒョウモン)の和名が充てられるが、「ヒョウモンチョウ」という言葉は本族のチョウの総称としても使われることが多い。熱帯性のウラベニヒョウモン、ヒメウラベニヒョウモン、ウスイロネッタイヒョウモンなどは近縁の Vagrantini 族とし、ヒョウモンチョウ族とは普通区別される。寒帯から熱帯まで全世界の陸上に分布し、分類法にもよるが14属・100種ほどが知られる。分布の中心は北半球温帯・寒帯地域で、チョウとしては北方系の分類群として位置づけられる。このうち日本では8属・14種が見られる。
編集  

主要項目

昆虫#目レベルの分類 より)

一覧

編集  

関連ポータル

Iriomote cat Stuffed specimen.jpg

Portal:生き物と自然

Alcedo atthis 3 (Marek Szczepanek).jpg

Portal:鳥類

Cosmos shikkui-kabe minka 160043.jpg

Portal:植物

DNA Overview.png

Portal:生物学

編集  

特集画像

ヒグラシ(メス)
Cscr-featured.svg 作者: たかはし

ヒグラシTanna japonensis)は、カメムシ目(半翅目)・セミ科に属するセミの一種。

編集  

カテゴリ

編集  

ウィキプロジェクト

ウィキプロジェクト

上位プロジェクト

類似のウィキプロジェクト

編集  

協力依頼

編集  

お知らせ

編集  

新着項目

12/24: ヒメアカタテハ亜属 11/17: ウルシゴキブリ 11/16: コワモンゴキブリ 11/13: トビイロゴキブリ 9/22: クロトゲアリ 9/8: アオイトトンボ 9/2: ケルメス 7/6: アオバアリガタハネカクシ 6/10: ドクガ属 6/3: チーズバエ 5/31: ヒルタスヘラヅノカブト 5/24: ブクネラ属 5/17: パプアミツノカブト 4/30: チャンズ・メガスティック 3/31: オオトンボ目 3/30: 微粒子病 3/21 ティタノミルマ 3/19 アフィカス属 2/17: アフリカシロナヨトウ働きアリの法則 2/11 リュウキュウハグロトンボ 2/1: ウンナンシボリアゲハ


過去ログ: 2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年2005年2004年2003年

新しいページポータル・PJ支援ポータル別新着項目Portal:生き物と自然/新着項目

編集  

姉妹プロジェクト