カワゲラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カワゲラ目から転送)
移動先: 案内検索
カワゲラ目(襀翅目)
Plecoptera-perlidae1-sp.png
カワゲラ科のモデル
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: カワゲラ目 Plecoptera
英名
Stonefly
亜目
カワゲラの幼虫

カワゲラ襀翅目(せきしもく、カワゲラ目、Plecoptera)の昆虫の総称。半変態群に所属する。

特徴[編集]

体は上下に少し扁平になっており、頭から尾の先まであまり幅の変わらない棒状。やわらかくて弱い。ほとんどの種で前翅より後翅の方が広く、不飛翔時は体の幅と同じくらいに扁平に重ねて翅をたたむ。トワダカワゲラScopura longa Ueno)やセッケイカワゲラのように翅のないものもある。

幼虫水生で、その形は成虫とほぼ同じだが、翅を持たず、体表(胸部、腹部)にを持つ。成虫はすべての種で陸生である。成虫咀嚼口式である。また、幼虫期の長さには種によってばらつきがある。

有翅亜綱の昆虫のなかでは最も原始的な昆虫のグループのひとつで、ペルム系の地層からは現在の種に近い昆虫の化石が発見されている。

長野県伊那市周辺などでは、幼虫はざざむしとして食される。

幼虫を採取して止水環境に置くと、肢を屈伸させる腕立て伏せ運動のような行動が見られる。これは、体に近い範囲の水を撹拌して入れ替えることで鰓に新鮮な水を触れさせて呼吸するためだと考えられている。[1]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Genkai-Kato, M., K. Nozaki, H. Mitsuhashi, Y. Kohmatsu, H. Miyasaka, and M. Nakanishi. 2000. Push-up response of stonefly larvae in low-oxgen conditions. Ecological Research. 15: 175-179.