石川良輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石川良輔(いしかわ りょうすけ、1931年1月3日- )は、昆虫学者、東京都立大学名誉教授。初期には膜翅目の系統分類学の研究に携わり、やがてオサムシの種分化の研究を開拓した。

京都府生まれ。横浜国立大学理学部生物学科卒業。九州大学大学院農学研究科昆虫学専攻博士課程満期退学。1971年「日本産コツチバチ属の検討」で北海道大学理学博士国立科学博物館研究員、東京都立大学理学部教授、95年定年退官、名誉教授[1]

著書[編集]

  • 『オサムシを分ける錠と鍵』八坂書房 1991
  • 『うちのカメ オサムシの先生カメと暮らす』八坂書房 1994
  • 『昆虫の誕生 一千万種への進化と分化』1996 中公新書

編共著[編集]

監修
  • スー・ハベル『虫たちの謎めく生態 女性ナチュラリストによる新昆虫学』中村凪子早川書房 1997

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年