六脚類

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
六脚類
トンボ
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
亜門 : 六脚亜門 Hexapoda
学名
Hexapoda Latreille1825
英名
hexapod

六脚類(ろっきゃくるい、Hexapoda)は、節足動物汎甲殻類の1分類群である。その名のとおり3対6本のを持ち、昆虫と共通点の多い分類群で構成される。六脚虫(ろっきゃくちゅう)とも。分類階級は六脚亜門、ときに六脚上綱となる。

形態[編集]

体は体節構造で、頭部胸部腹部に分かれる。

頭部の体節は次のような構成からなる。

歩脚型の付属肢は胸部の体節に1対ずつ、計3対ある。幼虫では腹部に腹脚を持つものもいる。

腹部には尾角 cerci、肛上板 epiproct、1対の肛側肢 paraproct があることがある。

分類[編集]

伝統的な分類では、

と分けられる。

系統[編集]

節足動物内での六脚類の位置づけは、かつては諸説あり、多足類姉妹群単系統 Tracheata をなすとする説、甲殻類と姉妹群で単系統 Tetraconata をなすとする説などがあった。

分子系統学から、甲殻類と共に単系統をなすものの、姉妹群としてではなく、側系統の甲殻類に内包されるということがわかった。この甲殻類と六脚類をあわせた単系統は、新たに汎甲殻類 Pancrustacea と名づけられた。

六脚類は汎甲殻類の中で比較的まとまっていると思われるものの、単系統性には多少の不確実がある。

六脚類内部の系統には、以下のような説がある。内顎類の単系統性が不確実である。

六脚類
内顎類
Ellipura

トビムシ目



カマアシムシ目




コムシ目




昆虫



六脚類
Ellipura

トビムシ目



カマアシムシ目





コムシ目



昆虫