大顎類

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大顎類
O.smaragdina3.jpg
ツムギアリの頭部。開いた大顎が写る。
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
階級なし : 大顎類 Mandibulata
英名
Mandibulate
亜門

大顎類(たいがくるい、Mandibulata)は、節足動物門のうち六脚類甲殻類多足類をまとめた分類群である。これらの節足動物は、口器として大顎を持つのが名前の由来になっている。鋏角類クモガタ類カブトガニ類など)と姉妹群をなし、現生節足動物を大別する2つの単系統群になる[1]

特徴[編集]

昆虫上唇(lr)、触角(a)、大顎(緑、md)、小顎(黄、mx)と下唇(青、lb)

大顎類に属する節足動物は、名に表れるように口器として1対の大顎mandible)という付属肢関節肢)をもち、直後2対の付属肢も小顎maxilla)もしくは下唇labium)として口器に参加する。また、口の前には触角を1対(多足類六脚類)ないし2対(甲殻類)をもつ。大顎類のこれらの付属肢をもつ体節をもつ先節と共に1つの合体節にまとまり、頭部を構成する[2]

大顎類はこれらの特徴で、触角を欠き、口器として鋏角のみを持ち、直後の歩脚をもつ体節と共に前体をなす鋏角類とはっきりとした違いを見せている。両者の体節および付属肢の対応関係は次の通り[3][2]

分類群/体節 先節 1 2 3 4 5 6
大顎類 上唇 第1触角 第2触角/(退化) 大顎 第1小顎 第2小顎/下唇
鋏角類 上唇 鋏角 触肢

構成[編集]

節足動物門
鋏角亜門

Chelicerata Collage.png ウミグモカブトガニクモ、サソリなど


大顎類
多足亜門

Myriapod collage.png ムカデヤスデなど


汎甲殻類
甲殻亜門側系統群

Crustacea.jpg カニ、エビフジツボミジンコなど


六脚亜門

Insect collage.png 内顎類昆虫





大顎類はかつては亜門階級(大顎亜門)の分類群であり、そのうち内顎類昆虫綱に含まれ、甲殻類は綱階級(甲殻綱)であった。21世紀の分類では、六脚類(内顎綱+昆虫綱)、甲殻類多足類を独立の亜門とされるため、大顎類はそのまま階級なしの単系統群になる。

大顎類の内部系統について、かつては六脚類多足類をまとめる無角類Atelocerata、または気門類 Tracheata、狭義の単肢類 Uniramia sensu stricto)説が流用されていた。しかし21世紀以降では、むしろ六脚類は側系統群甲殻類から派生し、両者をまとめた汎甲殻類Pancrustacea、または八分錘類 Tetraconata)説のほうが広く認められる[1]

大顎類と対立する系統仮説は、一部の発生学分子系統学的見解に基づいた、鋏角類と多足類を近縁とする Myriochelata (またはParadoxopoda)がある[4]。ただし2010年代現在では、大顎類のほうが強く支持される[1]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Giribet, Gonzalo; Edgecombe, Gregory D. (2019-06-17). “The Phylogeny and Evolutionary History of Arthropods”. Current Biology 29 (12): R592–R602. doi:10.1016/j.cub.2019.04.057. ISSN 0960-9822. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0960982219304865. 
  2. ^ a b Kaufman, Thomas C.; Hughes, Cynthia L. (2002-03-01). “Exploring the myriapod body plan: expression patterns of the ten Hox genes in a centipede” (英語). Development 129 (5): 1225–1238. ISSN 0950-1991. PMID 11874918. https://dev.biologists.org/content/129/5/1225. 
  3. ^ Smith, Frank W.; Goldstein, Bob (2017-05-01). “Segmentation in Tardigrada and diversification of segmental patterns in Panarthropoda”. Arthropod Structure & Development 46 (3): 328–340. doi:10.1016/j.asd.2016.10.005. ISSN 1467-8039. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1467803916301487. 
  4. ^ Mayer, Georg; Whitington, Paul M. (2009-10-22). “Velvet worm development links myriapods with chelicerates” (英語). Proceedings of the Royal Society of London B: Biological Sciences 276 (1673): 3571–3579. doi:10.1098/rspb.2009.0950. ISSN 0962-8452. PMID 19640885. http://rspb.royalsocietypublishing.org/content/276/1673/3571. 

関連項目[編集]