大顎類

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大顎類
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
階級なし : 大顎類 Mandibulata
亜門

大顎類(たいがくるい)Mandibulata は、節足動物門の一部に使用される分類群の名称。六脚類(広義の昆虫類)、甲殻類多足類を含むとされ、鋏角類クモガタ類カブトガニ類など)と姉妹群をなす。口器として大顎を持つのが名前の由来になっている。これは口の直後の体節の付属肢に由来し、その次の付属肢も小顎として口器に参加する。口の前には一対ないし二対の触角がある。この点で触角を欠き、口器として鋏角のみを持つ鋏角類とはっきりとした違いを見せている。

大顎類はかつて亜門階級(大顎亜門)の分類群であり、そのうち内顎類昆虫綱に含まれ、甲殻類は綱階級(甲殻綱)であった。21世紀の分類では、六脚類甲殻類多足類を独立の亜門とされ、大顎類はそのまま階級なしの単系統群となる。

節足動物門

鋏角亜門


大顎類

多足亜門



汎甲殻類甲殻亜門六脚亜門




なお、胚発生の共通点と一部の遺伝子情報に基づいて、鋏角類多足類単系統群 Myriochelata を構成し、汎甲殻類甲殻類六脚類)と姉妹群をなすという異説もある[1]

参考文献[編集]

  1. ^ Mayer, Georg; Whitington, Paul M. (2009-10-22). “Velvet worm development links myriapods with chelicerates” (英語). Proceedings of the Royal Society of London B: Biological Sciences 276 (1673): 3571–3579. doi:10.1098/rspb.2009.0950. ISSN 0962-8452. PMID 19640885. http://rspb.royalsocietypublishing.org/content/276/1673/3571.