ジュズヒゲムシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジュズヒゲムシ目(絶翅目)
Zorotypus.jpg
Zorotypus hubbardi
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: ジュズヒゲムシ目 Zoraptera
: ジュズヒゲムシ科 Zorotypidae
: ジュズヒゲムシ属 Zorotypus
学名
Zoraptera
Silvestri1913
英名
angel insect

ジュズヒゲムシは、昆虫綱ジュズヒゲムシ目絶翅目Zoraptera昆虫の総称。

不完全変態をする 2₋4 mm程度の小型の昆虫で、その外形はシロアリチャタテムシハサミムシ幼虫に似る。和名は、数珠状の触角に由来する。学名の "Zoraptera" はギリシア語の Zoros(= pure)と aptera(= wingless)を組み合わせたもので、目が設立された1913年当時に無翅型のみが見つかっていたことに由来する。その後、1920年に有翅型が発見された[1]

形態・生態[編集]

形態的な特徴としては、次のようなものが挙げられる。

  • 9 節の数珠状触角(若齢幼虫および、白亜紀の化石種の一部では 8 節)
  • 2 節の跗節
  • 単節の尾角
  • 肥大した後肢腿節
  • 腹部神経節の著しい融合
  • 翅脈が著しく減少した翅

主に朽ち木の樹皮下や内部、リターの下で群れて生活する。雑食性で、菌類デトリタス、小型の節足動物などを食べる。翅・眼二形があり、有翅型は発達した複眼と単眼をもつ一方で、無翅型は基本的に複眼・単眼をもたない(ただし中南米やアフリカの一部の種には眼点がみられる[2])。翅は羽化後数日で根元から脱落する。有翅型の出現は、おそらく分散のためと考えられているが、その発生メカニズムは不明である。

繁殖行動の知見は少ないが、オスが額部分泌腺を用いた求愛行動を示すもの、オスがハーレムを形成するものなどが知られている[3][4]

単為生殖については、南米に生息する2種で報告がある[4][5]

分布[編集]

熱帯および亜熱帯を中心に世界に広く分布するが、日本からは知られていない。なお、日本から発見されていない目は本目とカカトアルキ目だけである。

アメリカインドネシア、エクアドル(ガラパゴス諸島)、オーストラリア(クリスマス島)、ガーナギニアグアテマラケニアコートジボワールコスタリカコロンビアザイールサモアジャマイカスリランカセーシェル台湾中国チベットドミニカパナマパプアニューギニアハワイフィジーフィリピンブラジルフランス領ギアナブルネイベネズエラペルーボリビアマダガスカルマレーシアミャンマーメキシコモーリシャスヨルダン

系統[編集]

形態的特徴の類似から準新翅類 (チャタテムシカメムシなど)やシロアリモドキ目紡脚目)との近縁性が示唆されてきた一方で、18S rDNA やタンパク質コード遺伝子などを用いた分子系統解析からは網翅類との近縁性がしばしば示唆されてきた。最近では、トランスクリプトーム解析[6]からハサミムシ目革翅目)に近いことが支持されているが、今のところ議論の決着はついていない。

分類[編集]

世界で 1 科 2 属 55 種 (うち化石種 11 種)が知られる[7]

Family Zorotypidae Silvestri, 1913 ジュズヒゲムシ科

 Genus Xenozorotypus Engel & Grimaldi, 2002

 Genus Zorotypus Silvestri, 1913 ジュズヒゲムシ属   

  Subgenus Octozoros Engel, 2003

  Subgenus Zorotypus Silvestri, 1913

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Caudell, A.N., 1920. Zoraptera not an apterous order. Proceedings of the Entomological Society of Washington 22(5): 84-97.
  2. ^ Mashimo, Y., Matsumura, Y., Beutel, R.G., Njoroge, L., Machida, R., 2018. A remarkable new species of Zoraptera, Zorotypusasymmetristernum sp. n., from Kenya (Insecta, Zoraptera, Zorotypidae). Zootaxa 4388(3): 407–416. https://doi.org/10.11646/zootaxa.4388.3.6
  3. ^ Dallai, R., Gottardo, M., Mercati, D., Machida, R., Mashimo, Y. & Beutel, R.G., 2013. Divergent mating patterns and a unique mode of external sperm transfer in Zoraptera: An enigmatic group of pterygote insects. Naturwissenschaften 100: 581–594.
  4. ^ a b Choe, J.C., 1997. The evolution of mating systems in the Zoraptera: Mating variations and sexual conflicts. In: Choe, J.C. & Crespi, B.J. (Eds) The Evolution of Mating Systems in Insects and Arachnids. Cambridge University Press, Cambridge: pp. 130–145.
  5. ^ Rafael, J. A., Marques, D.W.A. & Engel, M.S., 2017. The first gynandromorph of a zorapteran and potential thelytokous parthenogenesis in a population of Zorotypus brasiliensis Silvestri (Zoraptera: Zorotypidae). Revista Brasileira de Entomologia 61(4): 318-322.
  6. ^ Misof, B., Liu, S., Meusemann, K., Peters, R.S., Donath, A., Mayer, C., Frandsen, P.B., Ware, J., Flouri, T., Beutel, R.G., Niehuis, O., Petersen, M., Izquierdo-Carrasco, F., Wappler, T., Rust, J., 1KITE consortium, Wang, J., Kjer, K.M. & Zhou, X., 2014. Phylogenomics resolves the timing and pattern of insect evolution. Science 346: 763–767. https://doi.org/10.1126/science.1257570
  7. ^ Yin, Z.-W., Cai, C. & Huang, D., 2018. New zorapterans (Zoraptera) from Burmese amber suggest higher paleodiversity of the order in tropical forests. Cretaceous Research, 84: 168-172. https://doi.org/10.1016/j.cretres.2017.11.028

参考文献[編集]

外部リンク[編集]