ウスバカマキリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウスバカマキリ
ウスバカマキリ
ウスバカマキリ(オーストリア産)
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: カマキリ目 Mantodea
: カマキリ科 Mantidae
: Mantis
: ウスバカマキリ M. religiosa
学名
Mantis religiosa
和名
ウスバカマキリ

ウスバカマキリ (Mantis religiosa)はカマキリ目カマキリ科に属す昆虫

分布[編集]

ヨーロッパアフリカアジア北アメリカに分布。北アメリカには移入されたものもが広がったと考えられる[1]日本では本州四国九州南西諸島に分布するが、オオカマキリハラビロカマキリなどに比べて数は少ない。しかし世界的には最も普遍的に見られる広域分布種である[2]

特徴[編集]

オスは52-66mm、メスは59-66mm[2]

オオカマキリなどに比べ羽部の色が薄い。緑色型と褐色型が普通だが、稀に黄金型もいる。鎌の基節内側に黒斑または黒地に白の斑を持つ[2]

日本では特異な草原にしか生息しない[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Reitze, Margit; Nentwig, Wolfgang (1991). “Comparative investigations into the feeding ecology of six Mantodea species”. Oecologia 86 (4): 568–574. Bibcode1991Oecol..86..568R. doi:10.1007/BF00318324. PMID 28313339. 
  2. ^ a b c d 日本のカマキリ (nodai.ac.jp)