言語のグループの一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
言語の分類一覧から転送)
移動: 案内検索

言語のグループの一覧(げんごのグループのいちらん)は、言語のグループ(語族語派など)の一覧。

言語類型に関する分類や具体的な方法については


概要[編集]

Human Language Families (wikicolors).png

グループは音声言語視覚言語とに分けることができる。また人工的に創られた形式言語に対比する必要から、グループを自然言語人工言語に分けることもある。

文字が発明され(→文字言語)、またの代替手段としての手話(視覚障害者の代替手段の点字は文字言語に含まれる)の発達、視認のみを伝達手段とする情報の高度化により、音声言語に代わる視覚言語が認識されるようになった。このうち、主に音声言語に分類される自然言語のみを分類対照とするものが語族である。しかし、手話などでも共通性を見出して語族を形成しているとみなす考え方もある。

語族は諸言語に共通性を見出し、祖語があるのではとの意識が学究的動機に発展して成立した分類体型である。分類の規模や階層に応じて「語派」「語圏」「語群」「諸語」「大語族」などを冠する分類名もあるが、言語によっては研究がまだ浅薄であったり、語族を含めて見解に相違が残っていたりなどで、定義があいまいである。なおこの分類は、人類人種で分類することの弊害からこれに代替して用いられることがあり、歴史学などにおいてそれぞれの「~語族」が広義に「~人」、比較的小集団であれば「~族」と表現される。しかしこれには言語以外の宗教など文化的側面や、地域や時間的経過、その他の要素による集団分類を適用できることから、通史的に適用できる概念ではないことには注意を要する[1]

以下では主に自然言語に対する語族を意識してグループに分類した一覧を示し、視覚言語、自然言語から派生した手話コンピュータ言語を含む人工的に創られた言語、についてはその他として補記する。詳細はそれぞれの項を参照のこと。

以下、「 ? 」は分類が確定したものでないことを表す。また†は比較言語学の記号で、記号が付属している言語は現在の死語を意味する。


比較的研究されている語族の一覧[編集]

音韻・文法などの強い共通性で括られたグループ。さらにこれらを上位の超語族(大語族)に分類する試みもあるがまだ仮説の段階である。

インド・ヨーロッパ語族(印欧系)[編集]

印欧祖語に起源を求め、インド・ヨーロッパ語族と呼ばれる。ウラル語族と共に、インド・ウラル語族を形成するという説もある。語族をケントゥム語派サテム語派の2つの語族に大別することもある。

  • トカラ語派タリム盆地の北縁の地域で話されたとされ、現在は死語。
    • 東トカラ語(アグニ語、トカラ語A)
    • 西トカラ語(クチャ語、トカラ語B)

コーカサス諸語[編集]

黒海カスピ海との間のコーカサス山脈北部を中心に話される約40言語の諸語。コーカサス南東部のアゼルバイジャンではアルタイ諸語、南央部のアルメニアは主に印欧語派に属する。ロシア帝政の北カフカス占領時にオスマン帝国に逃れた人々が拡散し、西に接するトルコ、その南のシリアなど中東の周辺諸国にも話者がいる。

アフロ・アジア語族[編集]

アフリカ北部のナイル川周辺を除く地域で話される。

ニジェール・コンゴ語族[編集]

ニジェール・コルドファン語族とも呼ばれる。サハラ以南のアフリカ南部の大部分で話される。分類によっては言語数が最も多い語族である。

ナイル・サハラ語族[編集]

ナイル・サハラ語族はアフリカ北部の主にナイル川シャリ川流域の語族。

コイサン諸語[編集]

コイサン諸語はアフリカ南部のカラハリ砂漠を中心とした地域の言語群。

  • 北部コイサン語族

ウラル語族[編集]

ウラル語族ユカギール語との同系説がある。インド・ヨーロッパ語族と共に、インド・ウラル語族を形成するという説もある。

アルタイ諸語[編集]

アルタイ諸語 ※ウラル語族と共に、かつてはウラル・アルタイ語族を形成するという説もあったが、現在は否定されている。
※アルタイという括りはなく構成三語派(諸語)が幾つかの語族と共にユーラシア超語族またはノストラティック超語族を形成するという説もある。 トハラ語†は古テュルク語†に吸収されて消滅したとする説がある。

シナ・チベット語族[編集]

シナ・チベット語族

タイ・カダイ語族[編集]

タイ・カダイ語族 - オーストロアジア語族またはシナ・チベット語族に含める説もある。

ミャオ・ヤオ語族[編集]

ミャオ・ヤオ語族#オーストロ・アジア語族または#シナ・チベット語族に含める説もある。

オーストロアジア語族[編集]

オーストロアジア語族

ドラヴィダ語族[編集]

ドラヴィダ語族 - 主に南インドからスリランカ一帯、およびパキスタンの一部

オーストロネシア語族[編集]

オーストロネシア語族 - 台湾東南アジア島嶼部、太平洋諸島、およびマダガスカル

研究途上の諸語の一覧[編集]

音韻・文法などの弱い共通性で括られたグループ。各々の言語に対し系統分類は研究途上であり、一部をのぞき不明あるいは未確認。現段階ではきわめて多数の語族が提唱され、議論も多い。そのため便宜的に地理的な分類のみを行い諸語としている。 また、これまでに系統分類の努力がなされているにもかかわらずいまだ系統不明である孤立した言語も記載する。これらの多くの場合はメジャーな言語集団に取り込まれなかった前言語集団の末裔とみられている。

バスク語[編集]

エトルリア語[編集]

シュメール語・エラム語[編集]

現在の言語系統への接続が確認されていない。

フルリ・ウラルトゥ語族[編集]

フルリ・ウラルトゥ語族 - ミタンニ

ブルシャスキー語[編集]

アンダマン諸語[編集]

朝鮮語[編集]

  • 朝鮮語? - 確立した系統は確認されていない。アルタイ語、日本語との系統関係が説かれるが異論も多い。

日本語族[編集]

日本語族 - 系統未確認。クレオール言語(混合言語)の1種であるとする説がある。

オーストラリア諸語[編集]

オーストラリア諸語(オーストラリア原住民諸語とも) - オーストラリア大陸及びその周辺のメルヴィル島グルートアイランド島ウェルズリー諸島トレス海峡諸島 - 約15の語族と多数の孤立した言語を含む約200の言語の総称。かつては600から750もの言語が知られていたという。

パプア諸語[編集]

パプア諸語(パプア・北ハルマヘラ諸語とも) - 主にパプアニューギニア島ティモール島。約23の語族と多数の孤立した言語を含む。

古シベリア諸語[編集]

古シベリア諸語(古アジア諸語、オホーツク諸語とも) - シベリアおよびその周辺地域、ほとんどは孤立した言語である。

アメリカ・インディアン諸語[編集]

アメリカ・インディアン諸語は、約100の語族と多数の孤立した言語を含む。系統は一部をのぞき不明あるいは未確認。

その他の言語[編集]

クレオール言語[編集]

異なる言語同士が接触し、意思疎通を目的として新たに言語が生まれるとする説に基づく言語体型。混合言語の一種だが、伝統的な比較言語学は混合言語の存在を認めていない。

視覚言語[編集]

手話[編集]

手話は自然言語であるが、視覚言語でもある。また、聾教育の国際的伝播と、その後の国ごとの独自の発展の経緯によって、ある程度語彙に共通性をもつ語族を形成する。なお、手話にも人工言語が存在する。

人工言語[編集]

注釈[編集]

  1. ^ イタリック語派に属する人々を「イタリック人」と歴史的に呼ぶことはない(通史的にはローマ人と呼ばれる)。またここから派生したラテン語のみを話す語族は現存せずラテン人は使われない(その代わり分化や気質を表すラテン系は使われる)。バチカンはラテン語を公用語としているがこれは公文書での使用に限られ、会話などでラテン語のみを使用するわけではない。

関連項目[編集]