ヴィルヘルム・シュミット (民族学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィルヘルム・シュミット

ヴィルヘルム・シュミット(1868年2月16日Hörde1954年2月10日フリブール)は、ドイツ生まれの民族学者言語学者神言会修道士。オーストリアで活躍。

生涯[編集]

ドルトムントの南区ヘルデHördeに生まれる。1890年、神言会に入信し、1892年にローマ・カトリック教会に司祭に任命された。ベルリン大学ウィーン大学で言語学を学ぶ。最初に研究をしたのは東南アジア・オーストラリア・オセアニアにおけるオーストロアジア語族の言語であった。

学説[編集]

単系的進化論を批判、文化圏説を発展させ、民族学文化人類学におけるウィーン学派の基礎を築いた[1]ウィーン大学哲学部民族学科で教鞭をとり、留学中の岡正雄石田英一郎を指導した。

著書に原始一神教説を展開した『神観念の起源』("Der Ursprung der Gottesidee. Eine historisch-kritische und positive Studie",1912–1955)など。

日本語訳書に、『民族学の歴史と方法』大野俊一訳、彰考書院、1944年(W. Schmidt und W. Koppers "Gesellschaft und Wirtschaft der Volker",1924)、『民族と文化 上・下』大野俊一訳、河出書房新社、1970年など。

脚注[編集]

  1. ^ 『大辞林』