諸語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

諸語(しょご)とは、複数の言語をまとめていう場合の総称である。場合によって以下のような使用がなされる。

  1. 語族語派語群に属すそれぞれの言語の総称について「~語族」、「~語派」、「~語群」という代わりに「~諸語」という場合。「~語族」は言語グループ、「~諸語」はそこに属す諸言語という意味合いが強い。
  2. 語群より下位、語より上位の単位の言語群の呼称。(語群より下の階級が存在しないため。)
  3. 語族とすべきか語派とすべきか論争中の場合。例)テュルク諸語モンゴル諸語ツングース諸語
  4. 系統関係が立証されていない(同系ではない)複数の語族を(地域的に)まとめた総称。例)コーカサス諸語古シベリア諸語

なおほとんどの外国語において「~語族」や「~語派」も「~ languages」のように単に複数形として表されるため、「~諸語」と名称上は区別できない。