マンデ語派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マンデ語派
West Sudanic
民族マンデ人英語版[1][2][3][4][5]
話される地域西アフリカ
言語系統ニジェール・コンゴ語族?
  • マンデ語派
下位言語
  • Manding–Kpelle (Central & Southwest)
  • Samogo–Soninke (Northwest)
  • Dan–Busa (East)
ISO 639-5dmn
Glottologmand1469[6]

マンデ語派(Mande languages)またはマンデ諸語西アフリカのいくつかの国でマンデ人英語版[1][2][3][4][5]によって話される言語群であるMandinka, Soninke, Bambara, Dioula, Bozo, Mende, Susu, Vaiなどが含まれる。話者はブルキナファソマリセネガルガンビアギニアギニアビサウシエラレオネリベリアコートジボワールに数百万人いる。マンデ諸語は伝統的にニジェール・コンゴ語族の下位系統に属すとされてきたが、この分類には常に議論がある状態である。独立した語族とする場合は、マンデ語族と呼ばれる。

含まれる言語[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b ߡߊ߲߬ߘߋ߲߬ ߟߐ߬ߦߌ߬ߟߊ߬ ߞߏ߫ ߟߎ߬ ߝߐߢߐ߲߯ߞߐンコ語版でのマンデ人の説明)
  2. ^ a b マンデ諸族』 - コトバンク
  3. ^ a b マリンケ族』 - コトバンク
  4. ^ a b マリンケ』 - コトバンク
  5. ^ a b マンディンゴ人』 - コトバンク
  6. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “Mande”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/mand1469