フルリ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フルリ語(英 Hurrian)は紀元前2300年ごろから紀元前1000年ごろまでメソポタミアに暮らし、ミタンニ王国を築いたフルリ人言語

語族的にウラルトゥ語と近いと考えられるため、二つをまとめてフルリ・ウラルトゥ語族英語版と呼ぶこともある。フルリ・ウラルトゥ語族が孤立的であるのか他の語族と系統関係を持つのかは未だに明らかではないが、例えば北東コーカサス語族(ナフ・ダゲスタン語族)との関係が議論されたがはっきりしていない。文法的な特色の中で最も興味深いのは、主語を示す格のあること、そして文が名詞系の鎖と動詞系の鎖による連繋構造を持っている、つまりシュメール語トルコ語日本語などと同様な膠着語である。

現在知られているフルリ語の資料の大半は人名や地名だが、トルコのボアズキョイから出土したヒッタイト語とのバイリンガルの粘土板によって、不完全ではあるが読解された。またエジプトアマルナ書簡等から発見された楔形文字文書によれば、人名・神名・馬術用語や社会用語にはサンスクリットに近い単語が見られ、これはフルリ人社会あるいはミタンニ王国における支配階級がインド語派の出自を持つためだとの意見もある。しかし、古代メソポタミアの言語の特徴として、多くの外来語を含んでいるテクストは一般的であるし、特にフルリ人の宗教や当時の重要な武器である馬などは文化交流、外来文化の吸収合併を色濃く反映する部分であるので、単語の類似だけでフルリ語やフルリ人の起源や出身地を示すことは無理がある。