日泰関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日泰関係史から転送)
移動先: 案内検索
日泰関係
JapanとThailandの位置を示した地図

日本

タイ

日泰関係(にったいかんけい、英語: Japan–Thailand relations)では、日本タイの関係について述べる。

歴史[編集]

前史[編集]

1388年、将軍足利義満のときに、暹羅船が日本に1年間滞在したという記録がある[1]。また、14世紀にタイ中部で興ったアユタヤ朝は次第に勢力を伸張させ、1362年アンコール朝を吸収、1438年にはタイ北部のスコータイ王朝を滅ぼしタイを統一した。このころから既に日本人の一部はタイに入植しており、アユタヤには日本人集落も形作られるようになった。1477年には琉球尚真がタイと交易を開いた記録が残っている[2]

日本人町の形成[編集]

アユタヤ王国の日本人兵士

タイでの日本人の活動が活発化したのは、ビルマからの攻撃に悩まされていたアユタヤ王ナレースワンが日本人傭兵を大量に採用してからである。傭兵の数は600人に達し、彼らは首都郊外のアユタヤ日本人町に定住するようになった。1592年から朱印船貿易が行われるようになると町は活況を呈し、ソンタムがアユタヤ王につくと日泰間の友好関係も促進された。

日本はタイ製の火器・銃器などを輸入し、馬などを輸出した。また、豊臣氏徳川氏が天下をとることによって合戦が起こらなくなった日本では、それまで戦に参加することで日々の糧を得ていた層が、大量の浪人となっていた。彼らは海外に活躍の場を求め、日本を出国していった。欧州各国の東インド会社や、東南アジア諸国は、戦闘経験の豊富な日本人を傭兵として雇うようになり、各地に日本人町が作られた。タイもまた、例外ではなく多くの日本人が移り住んだ。

1621年には城井久右衛門の後を継いだ山田長政が首領に就任、最盛期を迎え、1500人もの民間人と800人の傭兵が居住していたとされている。1628年には山田長政がタイの最高の官位であるオークヤーに任じられるなど、政治面でも大きな力を持つようになったが、1629年プラーサートトーンがアユタヤ王につくと王家の政争に巻き込まれ1630年に町を焼き払われることとなり、日本人は散り散りになった。2年後の1632年には再び日本人が集まり町が再興されたがかつて程の勢力は得られず、1635年に日本で鎖国令が出されたこともあり、人口も400人前後にとどまった。プラーサートトーンはその後日本との交易を望み、1636年に日本に使節を送り通商を求めたが拒否されている。以後250年ほど日泰間の国家的な交流は断絶することとなった。日本人町はその後次第に現地人との混血が進み、1800年代に入ると消滅した。

開国以後[編集]

1887年、外相のテーワウォン親王(ラーマ4世・モンクットの子息)が東京を訪問、同年9月26日『修好通商ニ関スル日本国暹羅国間ノ宣言』(日・タイ修好宣言)が調印したことによって日本とタイの外交が本格的に始まった。同年9月22日、タイ国王の弟で外務大臣を務めていたデヴァウォングセ靖国神社を参拝[3]。この後アジア関連の専門家稲垣満次郎が政府に使いを頼まれてタイに渡り、1894年4月13日にテーワウォン親王と会見し通商条約の締結を打診した。この時稲垣は単刀直入に「日本はタイと不平等条約の締結を結ぼうとしていますが如何ですか」との旨の質問を行った。テーワウォン親王はこれに対して、「欧米とも同様な条約を結んでいるので、日本だけに条約の締結が出来ませんとは言えません」との旨の回答を行っている。これはつまり、当時タイがイギリスとフランスに挟まれ、軍事的な危機に陥っていたため、日本を介入させてこれを緩和しようとするねらいがあったためである。

1896年、日本の時の首相大隈重信は外交拡張政策の一環にタイに公使館を設置すると、稲垣を公使に就けた。1898年2月25日、日本はこの稲垣を通じて『日本暹羅修好通商条約航海条約』を締結した。この条約では日本を最恵国待遇とする事、日本のタイ国での治外法権などを定めた一方で、法典編纂完了の後は平等条約に切り替えるという欧米の結んだ不平等条約よりもより画期的な条項を含んでいた。一方で、タイ人でなくともアジア人に対してはタイ人と同様に見なすことを認めていたタイの伝統的な対アジア人政策を翻すことになり、タイに住む日本人の土地所有が否定されるという弊害も生んだ。

日本は条約締結と同時にタイの法典編纂に協力することを約束。法律家政尾藤吉が日本から派遣された。このころ日本はイギリス・フランス両国の影響を払拭しようと「タイ近代化を促す」というのを半ば公式見解として、日本人の技術者が数多く派遣された。ラーチニー女学校カセートサート大学の元になった養蚕研究所などはいずれもこのころの日本人の功績である。

第一次世界大戦以後[編集]

タイ国王ラーマ7世による靖国神社参拝(1931年5月)

1921年日本は再び修好通商条約を結ぼうとした。今度の条約では日本人の土地所有を認めさせたり、タイの裁判所に日本人弁護士を設置しようとするものであった。しかし、タイは第一次世界大戦に参加して戦勝国となり国体的地位をある程度認められていた上に、国際的に不平等条約撤廃という動きのある中で、日本のより進んだ不平等条約は受け入れられないものであった。このため日本は1924年3月10日にアメリカが1920年に調印したものと同内容の修好通商条約を締結した。これは後にタイが立憲革命を経て法典整備を完了すると、欧米諸国とともに不平等条約を撤廃するに至る。

満州事変の際、リットン調査団報告書の承認に関する国際連盟総会における決議で、タイが棄権票を投じた。しかしながらこれは、欧米にも日本にも、どちらにも肩入れできないタイにとって、苦渋の選択による中立であった。しかしこのタイの姿勢は、日本に好意的に解釈され、松岡洋右代表による「タイは日本のために賛成票を投じなかった。欧米はこのことを教訓にすべきだ。友好国タイを攻撃するものがあれば日本は全力でタイを守る」との旨のコメントが新聞に発表され、日本から感謝の電報が送られた。1931年にはラーマ7世が訪日した。

第二次世界大戦[編集]

大東亜会議に参加した各国代表。左からバー・モウ(ビルマ)、張景恵(満州国)、汪兆銘(中華民国)、東條英機(日本)、ナラーティップポンプラパン(タイ)、ホセ・ラウレル(フィリピン)、スバス・チャンドラ・ボース(インド)

1940年から1941年にかけてのタイ・フランス領インドシナ紛争ではタイはフランスに対して次第に劣勢となったが、1941年5月8日に日本の調停によってカンボジアとラオスの一部がタイに返還された(東京条約)。1941年4月28日ナラーティップポンプラパン親王(ワンワイタヤーコーン)親王が靖国神社を参拝する[3]第二次世界大戦開戦時には日本はタイ領の通過を求めて1941年12月8日南タイを侵攻、同11日には『日本国軍隊のタイ国領域通過に関する協定』をタイ=日本間で締結した。これはタイに戦争協力を求める一方で、タイがイギリス・フランスに割譲した領土の回復に協力するとの旨が書かれていた。このためタイ政府は日本に協力的姿勢であった。12月12日、外務大臣ウイチット・タワカーン靖国神社を参拝する[3]12月21日には日泰攻守同盟条約が締結された。 1942年1月25日、タイはアメリカ・イギリスに対して正式に宣戦布告した[4]。しかしこの布告文書には摂政の一人プリーディー・パノムヨンが署名していなかった。

この戦争中の日本との濃厚な外交関係はインフレなどの大きな問題を生んだが、一方で日本はスズチーク材と言うと並んで重要な輸出品目をイギリス商人の独占から解放し、中央銀行を設置してイングランド銀行からタイ経済を分離させたという側面も持っていた。また1943年11月の大東亜会議にはナラーティップポンプラパン親王がタイを代表して出席している。一方で、駐米大使セーニー・プラーモートはアメリカへの宣戦布告伝達を拒否し、自由タイ運動と呼ばれるグループを組織した。これはタイ国内、アメリカなどにも広まり、連合国側との連絡をつとめた。当時の首相であったピブーンソンクラームは、閣僚の一人であるルワン・プラディットマヌータムや摂政プリーディーがタイ国内で自由タイに参加する事を黙認し、枢軸国が劣勢になった場合に備えての布石とした。その一方で日本に対しては、自由タイなど眼中に無いかのように振る舞った。

1944年頃から日本の旗色は次第に悪くなって行った。ピブーンソンクラームは、自由タイのメンバーであったディレークを外相に指名するなど、英米よりの外交政策に切り替え始めた。7月にはピブーンソンクラーム自身も辞職に追い込まれている。

日本降伏後の日タイ関係[編集]

1945年8月12日、駐タイ日本大使山本熊一ポツダム宣言の受諾決定をタイ王国政府に通告した[5]。これは日泰攻守同盟条約に基づくものであったが、タイ政府は通告が遅いと不快感を示し、山本大使は突然の決定であったためと弁明した。しかしタイ政府側は11日の時点でこの情報を察知していた[5]。8月15日、山本大使はタイの戦争協力に対する謝意を伝える口上書を渡した。この席で、クアン・アパイウォン首相は対米英宣戦布告を無効にする宣言を発することを日本側に伝達し、山本大使の内諾を得た[6]。8月16日、国王の名の下、摂政プリーディーは、「対米英宣戦布告はタイ国民の意思に反したものであり、日本に強制されて行ったのであり、戦時中の損害についてはすべて補償を行う」という平和宣言を発した[4]。これはタイが敗戦国扱いを免れるための措置であり、自由タイと連絡を取っていた連合国もこの「平和宣言」を受け入れ、現在でもタイの主要な戦争認識である。翌日、プリーディー摂政の元を訪れた山本大使は、「昨日発表せられたる宣言により一日も速かに戦争を終結せられんことは帝国政府の最も希望する所である」と伝えている[4]。タイ宣戦布告無効を日本の内諾を得て行ったのは、当時日本軍がタイ国内に残留していたこともある[4]。9月7日、ナラーティップポンプラパン親王が山本大使の元を訪れ、連合国の要請によるとして、タイにおける日本外交機関の停止を通告した。親王はこれが国交断絶を意味するものではないと説明し、その後もタイ政府は外交関係が一時的に停止しているだけだという見解をとり続けた[7]

9月12日、在留日本人の銀行取引の停止および特定地域からの立ち退きが通告され、9月16日には敵性外国人として、日本人3600人がバーンブアトーン収容所などに抑留されることになった[8]。1946年5月、残留を希望する552人を除く3020人はバンコク港から出港し、帰国した[8]。また在タイ日本財産は連合国に引き渡すために一時的にタイ政府が押収したが、これは1946年までは正式な連合国との協定に基づいて行われたものでなく、横領が頻発した[9]。1952年4月28日に発効した日本国との平和条約によって日タイの外交関係は回復した[10]。タイが押収していた財産は日本側の希望によって日本に引き渡されることとなっていたが、日本側は第三国に過ぎないタイ側の財産侵害は不当であると抗議した。この問題は両国間の懸案事項となり、1953年7月30日の日タイ間合意によって、タイは一定額を連合国に支払うかわりに、在タイの日本財産を手中にすることになった[11]。また、第二次世界大戦中に駐留した日本軍がタイから調達した軍費の弁済については、1955年日タイ特別円協定によって一応の解決をみた。

一方でタイは日本の国際社会復帰に尽力した。後にククリフト・プラモード元首相は「日本のおかげでアジア諸国はすべて独立した。日本というお母さんは難産して母体をそこなったが、生まれた子供はすくすくと育っている。今日、東南アジアの諸国民が米英と対等に話ができるのは一体誰のおかげであるか。それは身を殺して仁を為した日本というお母さんがあった為である。12月8日は我々にこの重大な思想を示してくれたお母さんが一身を賭して重大決心をされた日である。我々はこの日を忘れてはならない」と述べている[12]

戦後[編集]

自衛隊 タイで邦人を退避させる訓練

国交回復後の日タイ関係はおおむね良好である。日タイ間には経済的な深いつながりがあり、タイの国際貿易に占める対日割合は、輸出14.2%、輸入24.1%(2003年)となっており、日本からのタイ向け直接投資は975億バーツ(2003年)となっており、タイに対する外国投資額全体の半数を占めており、タイにとって日本は貿易額、投資額ともに第一位となっている[13]。タイを訪れた日本人は120万人を越えており世界第一位である(2004年)[13]。また、タイ人の89%が日本を友好国だと思っている[13]。またタイ王室と日本皇室はしばしば往来を行うなど良好な関係にある。またタイ料理も日本で親しまれるようになっている。

2004年のスマトラ島沖地震では、自衛隊タイに派遣された。日本は、アメリカ合衆国とタイが主催する多国間演習コブラ・ゴールドに、定期的に参加している。日本を訪れるタイ人も年々増えており、特に2013年7月に東南アジア諸国のビザ発給要件を緩和したことによって急増している[14]

2007年には、日タイ修好120周年となった[15]

1963年6月4日ラーマ9世国王の内意によりタイ政府関係者が靖国神社を代理参拝[3]。タイ海軍の練習艦隊乗組員(士官候補生)によって靖国神社の正式参拝も行われている[3]

年表[編集]

外交使節[編集]

在タイ日本大使・公使[編集]

在日タイ大使[編集]

※1945~1950年は、タイから日本への駐箚なし

脚注[編集]

  1. ^ 『高麗史』46巻参照。"王引見勞之對曰: "戊辰年受命發船至日本留一年今日至貴國得見殿下頓忘行役之勞.""
  2. ^ 日本船の東南アジア進出などの影響もあり、1570年には琉泰交易は断絶した。
  3. ^ a b c d e 世界からみた靖国神社 日本会議
  4. ^ a b c d 村嶋英治 2000, pp. 143.
  5. ^ a b 村嶋英治 2000, pp. 141-142.
  6. ^ 村嶋英治 2000, pp. 142.
  7. ^ 村嶋英治 2000, pp. 144-145.
  8. ^ a b 村嶋英治 2000, pp. 145-146.
  9. ^ 村嶋英治 2000, pp. 156.
  10. ^ 村嶋英治 2000, pp. 159.
  11. ^ 村嶋英治 2000, pp. 161.
  12. ^ 終戦六十年を迎えて アジアから見た大東亜戦争 日本政策研究センター主任研究員 岡田幹彦 『明日への選択』平成17年9月号
  13. ^ a b c d e f g h i j 日タイ交流の歩み 外務省
  14. ^ 竹本能文; 清水律子 (2013年10月23日). “焦点:訪日外国人、東南アジア急増も韓国は伸び悩み”. Reuters. http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE99M06Z20131023 2014年6月1日閲覧。 
  15. ^ 日タイ修好120周年 知ってる?タイと日本”. 外務省. 2014年6月1日閲覧。
  16. ^ 信任状捧呈式(平成3年) - 宮内庁
  17. ^ 信任状捧呈式(平成6年) - 宮内庁
  18. ^ 信任状捧呈式(平成11年) - 宮内庁
  19. ^ 信任状捧呈式(平成13年) - 宮内庁
  20. ^ 新任駐日タイ王国大使の信任状捧呈について | 外務省 - 2004年7月22日
  21. ^ 外務省: 新任駐日タイ大使の信任状捧呈 - 2010年2月18日
  22. ^ 在京タイ王国大使館 - 2012.12.20 大使の信任状捧呈式 - 2012年12月21日
  23. ^ 新任駐日タイ大使の信任状捧呈 | 外務省 - 2015年5月7日
  24. ^ 新任駐日タイ大使の信任状捧呈 | 外務省 - 2016年3月31日

参考文献[編集]

  • 岩生成一 『続南洋日本町の研究』 岩波書店、1987年
  • 村嶋英治「日タイ関係 1945-1952年--在タイ日本人及び在タイ日本資産の戦後処理を中心に」 、『アジア太平洋研究』第1号、早稲田大学アジア太平洋研究センター出版・編集委員会、2000年、 pp.141-162、 NAID 120000793659

関連項目[編集]

外部リンク[編集]