天竺徳兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
天竺徳兵衛、17世紀の肖像画

天竺 徳兵衛(てんじく とくべえ、慶長17年(1612年)- 没年不詳)は、江戸時代前期の商人探検家

人物[編集]

播磨国加古郡高砂町(現在の兵庫県高砂市)に生まれる。父親は塩商人だったという。

寛永3年(1626年)、15歳のときに京都角倉家朱印船貿易に関わり、ベトナムシャム(現在のタイ)などに渡航。さらにヤン・ヨーステンとともに天竺インド)へ渡り、ガンジス川の源流にまで至ったという。ここから「天竺徳兵衛」と呼ばれるようになった。

帰国後、江戸幕府鎖国政策をしいた後、見聞録『天竺渡海物語』(『天竺聞書』とも)を作成し、長崎奉行に提出した。鎖国時に海外の情報は物珍しかったため世人の関心を引いたが、内容には信憑性を欠くものが多いとされる。

高砂市高砂町横町善立寺に墓所が残っている。

歌舞伎・浄瑠璃の登場人物として、他[編集]

死去した後に徳兵衛は伝説化し、江戸時代中期以降の近松半二浄瑠璃『天竺徳兵衛郷鏡』や四代目 鶴屋 南北歌舞伎『天竺徳兵衛韓噺』で主人公となり、妖術使いなどの役回しで人気を博した。

外部リンク[編集]