劉セン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「劉璿」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

劉 璿(りゅう せん、224年 - 264年)は、三国時代(蜀漢)の皇太子文衡家系劉氏。蜀の第2代皇帝劉禅の長男(長子)で、生母は敬哀皇后の侍女・王貴人。妻は費褘の長女。

238年に15歳で皇太子に立てられる。騎射や遊楽を好み、太子中庶子の霍弋に諌められた[1]

また、孟光郤正に皇太子(劉璿)の人物について尋ね、郤正から「親(劉禅)に孝を尽くし、臣下には仁愛をもって接している」との答えを得ると、孟光は郤正に対して劉璿には世間並みのことではなく将来の君主として学ぶことがあるはずだと苦言を呈している[2]

蜀漢が滅亡した後、鍾会姜維が反乱を起こした時に、混乱の中で殺害された。齢41。

脚注[編集]

  1. ^ 『蜀書』霍峻伝(付・霍弋伝)
  2. ^ 『蜀書』孟光伝