ホンダ・S360

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
愛好家が製作したsports 360のレプリカ

S360(エスさんびゃくろくじゅう)は、本田技研工業四輪車事業への進出をめざし発表した軽自動車規格のオープンスポーツカーである。S360は市販されず、後に排気量を増したエンジンを搭載したモデル[1]が市販された。名称はSports 360としているものが当時の資料には多いがS360としているものもある。当記事では市販された後発車種に合わせS360とする。

ホンダの四輪乗用車への進出[編集]

四輪車事業への進出を目指したホンダは、後にT360となるトラック型モデルと共に、試作モデルXA190として2シーターオープンの開発を進めていた。(当時のホンダの四輪開発担当責任者は中村良夫[2]である。)

1961年昭和36年)に通産省(当時)から自動車行政の基本方針(のちの特振法案)が示されると、本田宗一郎は通産省の事務次官佐橋滋に直談判を行い、自由競争こそ自動車産業を伸ばすものだと掛け合った。特振法案は1963年(昭和38年)3月に法案化されたものの最終的に1964年(昭和39年)1月廃案になったが、この時点でホンダは乗用車の市販実績を作る必要に迫られており、1962年(昭和37年)1月に本格的に四輪乗用車の市販を始めるべく、計画を進めることとなる。

1962年(昭和37年)6月5日、第11回全国ホンダ会総会の製品展示・試走会(ディーラー向けイベント)が、当時まだ建設途中の鈴鹿サーキットのお披露目も兼ねて開催された。この際、宗一郎本人がハンドルを握るS360が、中村を助手席に乗せ一般に公開された。

1962年(昭和37年)10月25日から13日間、東京晴海東京国際見本市会場で開催された第9回全日本自動車ショーにも出展された。この時の仕様は、パイプフレームFRP製のボディと言われる。軽自動車スポーツカーとして市販が期待されたものの、結局S360は販売されず、のちのS500を待つこととなった。

S360は、エンジンの排気量を500 ccに拡大し、ボディ全幅を1,430 mmに拡幅し、1963年(昭和38年)8月にS500として発売された。軽規格でなくなった理由として、軽のT360より上位車種としてS500を設定することで市販ラインナップを幅広くし、特振法対策とする経営陣の読みがあったとされている。

搭載されたエンジンは360 cc直列4気筒で、当時国産市販車には例がなかったDOHCであった。このエンジンはのちにT360に搭載され市販されたものと同型である(共用として設計されたもので、流用ではない)。

2013年平成25年)10月13日ツインリンクもてぎで開催された「HONDA Sports 50th Anniversary」において、本田技術研究所の有志により一台のみ新規で製造された(レプリカ)S360が公開された。この車両は同年の第43回東京モーターショー2013に展示された[3]

参考[編集]

  • 八重洲出版「Honda 50years ホンダ50年史」1998年

脚注[編集]

  1. ^ ホンダSシリーズと総称される、S500(1963年10月-1964年3月)、S600(1964年3月-1966年1月)、S800(1966年1月-1970年)。
  2. ^ オート三輪の「くろがね」を製造していた日本内燃機の技術者であったが、同社が長谷川龍雄開発のトヨエースとの競争に敗れ経営危機に陥ったことで、ホンダに移籍していた。なお、中村は四輪開発責任者を兼務しながら後にF1グランプリでホンダを優勝に導いた。
  3. ^ carview! 幻のホンダ スポーツ360、S660プロトと共演へ

関連項目[編集]