曹ヨウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「曹邕」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

曹 邕(そう よう、? - 229年)は、中国三国時代の人物。の皇族。父は曹丕(文帝)。母は蘇姫。邯鄲懐王。

黄初2年(221年)、淮南公となり九江郡を統治した。翌3年(222年)、領国はそのままで淮南王に昇進した。

翌4年(223年)に改封され陳王となり、黄初6年(225年)にはさらに改封され邯鄲王となった。太和3年(229年)に死去。享年は不詳。