東京大学大学院理学系研究科附属植物園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日光植物園から転送)
移動: 案内検索
東京大学大学院理学系研究科・理学部 > 東京大学大学院理学系研究科附属植物園
東京大学大学院理学系研究科附属植物園
東京大学総合研究博物館小石川分.jpg
施設情報
愛称 小石川植物園
専門分野 総合
事業主体 国立大学法人東京大学
開園 1684年
所在地 112-0001
東京都文京区白山三丁目7番1号
位置 北緯35度43分3秒
東経139度44分47.5秒
座標: 北緯35度43分3秒 東経139度44分47.5秒
公式サイト 東京大学大学院理学系研究科附属植物園
テンプレートを表示

東京大学大学院理学系研究科附属植物園(とうきょうだいがくだいがくいんりがくけいけんきゅうかふぞくしょくぶつえん、英:Botanical Gardens, Graduate School of Science, the University of Tokyo)は、東京大学の附属施設の一つで、植物に関する様々な研究を行っている。

本園と分園がある。本園は東京都文京区白山三丁目にあり、一般には小石川植物園(こいしかわしょくぶつえん)と通称されているが(小石川は旧東京市の区名)、「東京大学大学院理学系研究科附属植物園本園」が正式な名称である。国の名勝および史跡に指定されている。

また、栃木県日光市に分園があり、こちらは一般には日光植物園と通称されているが、正式名は、東京大学大学院理学系研究科附属植物園日光分園( - にっこうぶんえん)である。

大学附属の研究施設ではあるが、一般にも広く公開されている。本項では、東京・日光の両方の植物園について記載する。

小石川植物園(本園)[編集]

元々は東京大学が開設した施設ではなく、江戸幕府によって開園された小石川御薬園(こいしかわおやくえん)であった。幕府は、人口が増加しつつあった江戸で暮らす人々の薬になる植物(薬草)を育てる目的で、1638年寛永15年)に麻布大塚に南北の薬園を設置したが、やがて大塚の薬園は廃止され、1684年貞享元年)、麻布の薬園を5代将軍徳川綱吉の小石川にあった別邸に移設したものがこの御薬園である[1]。その後、8代徳川吉宗の時代になり敷地全部が薬草園として使われるようになる。1722年(享保7年)、将軍への直訴制度として設置された目安箱に町医師小川笙船の投書で、江戸の貧病人のための「施薬院」設置が請願されると、下層民対策にも取り組んでいた吉宗は江戸町奉行大岡忠相に命じて検討させ、当御薬園内に診療所を設けた。これが小石川養生所であり、 山本周五郎の連作短編小説『赤ひげ診療譚』や、この作品を映画化した黒澤明監督作品の『赤ひげ』は、養生所を舞台とした医師の物語である。のちに、養生所は江戸時代の七分積金をもとにした東京市養育院の設立(明治5年)につながった[2]。なお、御薬園は、忠相が庇護した青木昆陽が飢饉対策作物として享保20年に甘藷(サツマイモ)の試験栽培を行った所としても有名である。

その後、明治期に入り、東京大学1877年に開設されると、同大学理科大学(現・理学部)の附属施設となり、広く一般植物などを多種揃えた植物学の研究施設として生まれ変わった。同時に、一般にも公開されるようになった。1897年には本郷キャンパスにあった植物学教室が小石川植物園内に移転し、講義棟も建設され、植物学に関する講義も行われることになった(1934年に植物学教室は本郷に再移転)。1998年より、現在のように大学院理学系研究科の附属施設となった。理学部→理学系研究科の附属施設ということもあり、毎年5月に理学系研究科・理学部の学生・教職員交歓会が開催されている[3]

2012年(平成24年)9月19日に、「小石川植物園(御薬園跡及び養生所跡)」として国の名勝および史跡に指定された[4]

植物園の敷地は周辺道路拡幅のため一部が削られ、すでに御殿坂辺縁部は悲惨なことに御殿坂塀際の希少植物が全滅状態だという[5]

本館は2013年(平成25年)度のDOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築に選出されている[6]

概要[編集]

  • 面積 : 161,588m²
  • 開園 : 1877年(前身の御薬園を含めると、1684年。日本で最古の植物園)
  • アクセス : 都営地下鉄三田線白山駅より徒歩10分、東京メトロ丸ノ内線茗荷谷駅より徒歩15分、都営バス白山2丁目バス停より徒歩3分。
  • 入園料 : 高校生以上:400円(東京大学の学生は無料)、中学生・小学生:130円。みどりの日である5月4日は無料。各種割引などあり。[7]
  • 休園日 : 年末年始と月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日、月曜から連休の場合は最後の祝日の翌日)[8]
  • 開園時間 : 9時-16時30分(入園は16時まで)

(いずれも、2015年2月現在)

小石川植物園の歴代園長[編集]

小石川植物園が東京大学附属となった当時は園長職が無く、植物園を主管するものは「管理」または「担任」と呼ばれた。初代管理には植物学教室教授の矢田部良吉が就任したが、教授職多忙のため植物園の実務に当たることは少なく、員外教授の伊藤圭介が取調担任として、植物園の管理を行った時期もあった。1891年に矢田部が辞職したことに伴い、松村任三教授が二代目の管理となった。1897年に管理に変わり園長職を置くこととなり、松村管理がそのまま初代園長となった。

主な施設・スポット[編集]

日光植物園(日光分園)[編集]

東京大学大学院理学系研究科附属植物園 日光分園
Nikko Botanical Gardens, the University of Tokyo.JPG
施設情報
愛称 日光植物園
専門分野 総合
事業主体 国立大学法人東京大学
開園 1902年
所在地 321-1435
栃木県日光市花石町1842番地
位置 北緯36度45分4.3秒
東経139度39分7.6秒
公式サイト 日光植物園
テンプレートを表示

東京大学大学院理学系研究科附属植物園 日光分園(とうきょうだいがくだいがくいんりがくけいけんきゅうかふぞくしょくぶつえん にっこうぶんえん、英: Botanical Gardens, Nikko, Graduate School of Science, The University of Tokyo)は、1902年に、東京での栽培が難しい高山性の植物の研究を目的として開園された。本園同様に、大学による研究以外でも広く一般に公開されている。

概要[編集]

  • 面積 : 106,980m²[10]
  • 開園 : 1902年
  • アクセス : 日光駅東武日光駅よりバスで10分。車は、日光宇都宮道路日光ICまたは清滝ICより5-10分。無料駐車場あり。
  • 入園料 : 高校生以上400円、中学生・小学生130円。各種割引あり。
  • 開園期間 : 4月15日-11月30日まで(冬期は閉園)
  • 休園日 : 月曜日(本園同様)
  • 開園時間 : 9時-16時30分(入園は16時まで)

(いずれも、2015年2月現在)

ここを舞台とした文学作品[編集]

主なスポット[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 難波恒雄「日本における本草の歴史と民族薬物学」『和漢医薬学雑誌』1997年、14巻、p74
  2. ^ 小石川植物園『大百科事典』平凡社 編 (平凡社, 1935)
  3. ^ 植物園で開かれた学生・教職員交歓会 - 東京大学大学院 理学系研究科・理学部
  4. ^ 2012年(平成24年)9月19日文部科学省告示第146号「名勝及び史跡に指定する件」
  5. ^ 小石川植物園を守る会
  6. ^ 2013年度DOCOMOMO JAPAN 選定作品 - DOCOMOMO JAPAN
  7. ^ 過去には入り口そばの商店で入場券を販売していたが、現在は植物園入り口の建物で販売をしている。
  8. ^ 休園日はホームページの開園カレンダーにて3ヶ月前から確認することができる。http://www.bg.s.u-tokyo.ac.jp/koishikawa/
  9. ^ 小石川植物園の最も重要な栽培施設「公開温室」の建替えが必要です
  10. ^ 植物園の概要より。http://www.bg.s.u-tokyo.ac.jp/nikko/overview/

関連項目[編集]

外部リンク[編集]