伊勢夫婦岩ふれあい水族館シーパラダイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
二見シーパラダイスから転送)
Jump to navigation Jump to search
伊勢シーパラダイス
Ise Meotoiwa INTERACTIVE Aquarium Sea Paradise
Futami Sea Paradise 20100516.jpg
施設情報
正式名称 伊勢夫婦岩ふれあい水族館シーパラダイス
愛称 伊勢シーパラダイス、シーパラ
前身 二見浦観光センター
二見シーパラダイス
専門分野 海獣
事業主体 株式会社伊勢夫婦岩パラダイス
管理運営 株式会社伊勢夫婦岩パラダイス[1]
館長 斎藤明(2016年4月現在)[1]
来園者数 244,876人(2010年)[2]
主な飼育動物 ミナミゾウアザラシ
開館 1966年7月21日
所在地 519-0602
三重県伊勢市二見町江580
位置 北緯34度30分26秒 東経136度47分31秒 / 北緯34.50722度 東経136.79194度 / 34.50722; 136.79194座標: 北緯34度30分26秒 東経136度47分31秒 / 北緯34.50722度 東経136.79194度 / 34.50722; 136.79194
アクセス JR二見浦駅から徒歩20分
公式サイト ise-seaparadise.com/
テンプレートを表示

伊勢夫婦岩ふれあい水族館シーパラダイス(いせめおといわふれあいすいぞくかんシーパラダイス)は三重県伊勢市二見町江(旧・度会郡二見町江)にある水族館[1]。通称、伊勢シーパラダイス(いせシーパラダイス)[1]シーパラ。名勝二見浦に隣接している。株式会社伊勢夫婦岩パラダイスが運営。かつては名鉄グループに属していた[1]

概要[編集]

モータリゼーションと観光産業が高まる時代背景に着目した創業者が、1965年昭和40年)に鳥羽伊勢神宮の中間に位置する現在地に、ドライブインとして「二見浦観光センター(後に夫婦岩パラダイスへ改称)」を開設、1966年昭和41年)に同施設内の水族館が開業した。

リゾート法に基づく三重サンベルトゾーン構想に呼応するかたちで、1989年平成元年)に大幅な改装工事が行われ、「夫婦岩パラダイス」は「二見プラザ」に改称、水族館は新たに「二見シーパラダイス」と名付けられた。

館内ではアザラシアシカセイウチといった鰭脚類を中心とした海獣魚類が数多く飼育展示されている。1990年代より、ミナミゾウアザラシとセイウチが飼育プールから観客のいる広場に登壇し、持ち芸を披露したり、記念撮影などができるショータイムが行われている。

2003年より、公式サイト上にほぼ毎日更新の飼育員執筆のブログが設置されている。

当館で飼育されていたミナミゾウアザラシの「丸子」と、夫「元気(1999年没)」と娘の「夢海子(1995年生まれ、2009年没)」は、あっかんべーの芸が出来た。丸子は2008年1月7日に1989年1月7日の飼育開始から19年(6939日)を経過し国内最長飼育記録を更新したが(2番目の記録は伊豆三津シーパラダイスの17年8ヶ月)[3]、丸子は2013年4月9日に急病を発して死亡した[4]。丸子の飼育期間は24年3ヶ月(8,858日間)に上り、ミナミゾウアザラシの飼育期間としては世界最長記録でもあった[4]

さらに、1987年9月18日に入館したノコギリエイ[5]、1993年4月19日に館内で誕生したツメナシカワウソの「チィ」[6]も国内最長飼育記録を更新し続けていたが、2013年12月7日の朝、飼育員により死亡が確認された。

2015年(平成27年)9月、名古屋鉄道から日本産業推進機構に運営会社の株式が譲渡され、社名を「伊勢夫婦岩パラダイス」に改めた。2016年(平成28年)には、水族館の名称を二見シーパラダイスから「伊勢夫婦岩ふれあい水族館シーパラダイス」に、「二見プラザ」を「伊勢夫婦岩ショッピングプラザ」に改称した[1]

概歴[編集]

  • 1965年(昭和40年)7月17日 - 二見浦観光センターのレストハウスが開業[7]
  • 1966年(昭和41年)4月29日 - 二見浦観光センターの熱帯植物園が開業[8]
  • 1966年(昭和41年)7月21日 - 二見浦観光センターの水族館が開業[9]
  • 1967年(昭和42年) - 二見浦観光センターを「夫婦岩パラダイス」に改称[10]
  • 1968年(昭和43年)3月9日 - 二見浦熱帯植物水族館が文部省より博物館法で規定する博物館相当施設に指定される[11]
  • 1989年(平成元年)
    • 2月18日 - 全面改築工事の起工式を挙行[12]
    • 12月16日 - 改築工事が完了、夫婦岩パラダイスを二見プラザに改称、水族館を二見シーパラダイスと命名し、再開館[13]
  • 2015年(平成27年)9月16日 - 日本産業推進機構が名古屋鉄道から全株式を取得し、名鉄グループを離脱[14]
  • 2016年(平成28年)
    • 4月1日 - 二見プラザを「伊勢夫婦岩ショッピングプラザ」に、二見シーパラダイスを「伊勢夫婦岩ふれあい水族館シーパラダイス」(通称:伊勢シーパラダイス)に変更[1]
    • 4月2日 - 新施設「ペンギンの森」の一般公開を開始[1]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 関俊彦"新名称「伊勢シーパラダイス」 披露式典 ペンギン新施設も公開"中日新聞2016年4月3日付朝刊、三重総合27ページ
  2. ^ 伊勢市産業観光部観光企画課『平成22年伊勢市観光統計』7ページより
  3. ^ 「『アッカンベー』のゾウアザラシ 『丸子』飼育19年に 国内記録また更新 二見シーパラダイス」中日新聞 2008年1月7日付 朝刊 17面 三重総合版
  4. ^ a b “「アッカンベー」で人気のアザラシ死ぬ 飼育24年超、世界最長”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2013年4月10日). オリジナル2013年4月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130411015931/http://sankei.jp.msn.com/life/news/130410/trd13041014520007-n1.htm 2013年4月10日閲覧。 
  5. ^ 「飼育7777日達成 二見の水族館 ノコギリエイ国内記録」中日新聞 2009年2月24日付 朝刊 17面 広域三重
  6. ^ 「二見のツメナシカワウソ 『チィ』16歳の誕生日 来場者 エサの魚でお祝い」中日新聞 2009年4月20日付 朝刊 20面 広域三重
  7. ^ 「16日に完工式 二見町のレストハウス」中日新聞 1965年7月14日付 朝刊 9面 伊勢志摩版
  8. ^ 「熱帯ムードをいながら 二見浦観光センターにジャングルランド」中日新聞 1966年4月21日付 朝刊 9面 伊勢志摩版
  9. ^ 「水族館など開店 二見浦観光センター」中日新聞 1966年7月21日付 朝刊 9面 伊勢志摩版
  10. ^ 伊勢志摩国立公園指定50周年記念事業実行委員会(1997):94ページ
  11. ^ 昭和43年3月18日付官報(第12375号)文部省告示第六十八号
  12. ^ 「夫婦岩パラダイス全面改築 リゾート構想に呼応 あす起工、12月オープン 約2倍の広さに」中日新聞 1989年2月17日付 朝刊 21面 三重第二総合
  13. ^ 「「二見プラザ」あす新装オープン 海獣類を目玉に 床面積2倍に 400台の駐車場も新設」中日新聞 1989年12月15日付 朝刊 15面 三重総合版
  14. ^ 株式会社夫婦岩パラダイスの株式取得完了のお知らせ (PDF)”. 日本産業推進機構 (2015年9月16日). 2016年3月6日閲覧。

参考文献[編集]

  • 伊勢志摩国立公園指定50周年記念事業実行委員会 編『伊勢志摩国立公園50年史』伊勢志摩国立公園指定50周年記念事業実行委員会、平成9年3月24日、205pp.

関連項目[編集]

  • アサヒグローバル - 2008年制作のテレビCMにミナミゾウアザラシの夢海子が出演。
  • 鳥羽水族館 - 近隣の水族館で、2005年より当館とコンセプトが類似したセイウチショーを行っている。
  • 南知多ビーチランド - 名鉄グループの水族館で、かつて飼育動物等の交換が行われていた。
  • みなぞう - 2005年のバレンタインデーに、飼育員による丸子・夢海子のメッセージ付き写真を贈った。
  • 伊豆三津シーパラダイス - 当館で2006年生まれのトド「鉄丸」を2008年に譲渡した。ちなみにシーパラダイスの名称は同館が1979年からで先行している。

外部リンク[編集]