ケイギョウ (後漢)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「邢顒」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

邢 顒(けい ぎょう、? - 223年)は、中国後漢末期から三国時代の人物。字は子昂。冀州河間郡鄚県の人。子に邢友。曾孫に邢喬。『三国志志に伝がある。

孝廉に推挙され、三公から招聘を受けたが応じなかった。戦乱が起きると、姓名を変えて右北平に避難し、田疇の元に身を寄せた。曹操冀州を支配するようになると、曹操が天下を平和に導くことを確信し、田疇を説得して民を先導し、曹操の元に身を寄せることの許可を求めた。田疇は民を思う邢顒のことを称え、これを許した。邢顒は曹操により州の従事に取り立てられた。徳の高い振る舞いと優れた政治手腕で知られ、民からも曹操からも信頼を得た。事件や病気によりたびたび官を離れたが、そのたびに呼び戻された。

後に曹植の下に付けられたが、丁儀のように曹植にへつらう態度を取らなかったため、不仲であった。劉楨は曹植のお気に入りであったが、曹植が邢顒を冷遇するのを見て諌めている。曹操が太子を決める時、邢顒に相談したところ、長子である曹丕を立てるべきと暗に促した。曹操は邢顒の言わんとすることを理解し、間もなく邢顒は曹丕付きとなった。

曹丕(文帝)が即位すると、邢顒も高官に昇り関内侯の位を得た。最終的には太常まで昇進した。223年没。