むらさめ (護衛艦・2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
むらさめ
真珠湾に寄港した「むらさめ」
真珠湾に寄港した「むらさめ」
基本情報
建造所 石川島播磨重工業東京第1工場
運用者  海上自衛隊
経歴
発注 1991年
起工 1993年8月18日
進水 1994年8月23日
就役 1996年3月12日
要目
基準排水量 4,550トン
満載排水量 6,100トン
全長 151m
全幅 17.4m
吃水 5.2m
機関 IHILM2500ガスタービン 2基
川崎スペイSM1C 2基
2軸推進、60,000PS
最大速力 30ノット
乗員 165名
兵装 62口径76mm単装速射砲 1門
Mk15 MOD12 高性能20mm機関砲(CIWS) 2基
90式艦対艦誘導弾 (SSM-1B)/ ハープーン4連装発射筒 2基
Mk41 MOD6 VLS 16セル(VLA SUM)
Mk48 MOD4 VLS 16セル(ESSM 短SAM)
3連装短魚雷発射管(HOS-302) 2基
搭載機 SH-60J / K 哨戒ヘリコプター 1/2機
C4ISTAR OYQ-9 戦術情報処理装置
OYQ-103 ASWDS
レーダー OPS-24B 対空レーダー
OPS-28D 水上レーダー
OPS-20 航海レーダー
81式射撃指揮装置2型-31 2基
ソナー OQS-5 ソナー
OQR-2C 曳航ソナー
電子戦
対抗手段
NOLQ-3 電波探知妨害装置
Mk137 チャフ発射機 4基
テンプレートを表示
上方から見た「むらさめ」
Pacific Bond 2013に参加中の「むらさめ」

むらさめローマ字JS Murasame, DD-101)は、海上自衛隊護衛艦むらさめ型護衛艦の1番艦。艦名は「ひとしきり降ってはやみ、やんではまた降る雨」(村雨)に由来し、この名を受け継ぐ日本の艦艇としては、旧海軍春雨型駆逐艦村雨」、白露型駆逐艦村雨」、海上自衛隊のむらさめ型護衛艦 (初代)むらさめ」に続き4代目に当たる。

艦歴[編集]

「むらさめ」は、中期防衛力整備計画に基づく平成3年度計画4,400トン型護衛艦2230号艦として、石川島播磨重工業東京第1工場で1993年8月18日に起工され、1994年8月23日に進水、1996年3月12日に就役し、第1護衛隊群第48護衛隊に編入され横須賀に配備された。

1997年3月24日、第1護衛隊群隷下に第1護衛隊が新編され同日付で就役した「はるさめ」とともに編入された。

1998年2000年2002年と3回続けて環太平洋合同演習 (RIMPAC) に参加した。

1999年11月7日、横須賀周辺および相模湾にて在外邦人等輸送訓練を行う。この訓練では他に「しらね(DDH-143)」、「あまぎり(DD-154)」、「うらが(MST-463)」、「とわだ(AOE-422)」の艦艇、陸上自衛隊からは第1空挺団で編成された誘導隊が参加した[1][2]

2001年9月6日からオーストラリア建国100周年国際観艦式に参加するため、「はるさめ」とともに派遣されたが、米国同時多発テロの発生により、国際観艦式が中止となり、10月11日に帰国した。

2002年10月13日東京湾で実施された海上自衛隊創設50周年国際観艦式では先導艦を務めている。

2004年2月16日から4月8日まで輸送艦おおすみ」とともにイラク人道復興支援活動(海上輸送)に従事した。

2005年、平成17年度遠洋練習航海に参加しその際、トラファルガーの海戦200周年記念国際観艦式に参加している。

2008年1月24日新テロ特措法に基づき、補給艦おうみ」と共にインド洋に派遣、同年2月21日から補給活動を再開、5月まで任務に従事し6月4日に帰国。

2009年10月27日から30日の間、シンガポール共和国主催拡散に対する安全保障構想(PSI)海上阻止訓練に参加した[3]

2010年5月10日第5次派遣海賊対処行動水上部隊として護衛艦「ゆうぎり」と共にソマリア沖へ向けて出航し、[4]同年6月5日から9月16日まで34回の船団護衛を実施、同年10月15日に横須賀に帰港した[5]

2012年1月21日、第11次派遣海賊対処行動水上部隊として「はるさめ」と共にソマリア沖・アデン湾に向けて横須賀基地から出航し、任務期間中、合計188隻を護衛した。帰国途上の同年6月16日には僚艦「はるさめ」と共にインド西方海域にてインド海軍の哨戒艦「シャラダ」と高速戦闘艇「カルペニ」が参加する共同訓練を実施[6]、同年7月5日に横須賀に帰港した。

2013年6月22日から26日にかけてグアム周辺海域において日米豪共同訓練(Pacific Bond 2013)に参加した[7]

2015年3月18日、第21次派遣海賊対処行動水上部隊として「いかづち」と共にソマリア沖・アデン湾に向けて横須賀基地から出航[8]、同年7月まで任務に従事し、帰国途上の8月19日にはマレーシア西方海域にてマレーシア海軍との親善訓練を実施し[9]8月30日に横須賀に帰港した[10]

第1護衛隊群第1護衛隊に所属し、定係港は横須賀である。

歴代艦長[編集]

歴代艦長(特記ない限り2等海佐
氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考
1 江崎一洋 1996.3.12 - 1997.3.23 防大15期 むらさめ艤装員長 自衛艦隊司令部
2 天川勝昭 1997.3.24 - 1998.9.29   あおくも艦長 海上幕僚監部人事教育部
教育課学校班長
1998.7.1
1等海佐昇任
3 山本勝規 1998.9.30 - 1999.12.19   海上自衛隊第1術科学校教官
兼 研究部員
自衛艦隊司令部幕僚
4 吉村司郎 1999.12.20 - 2000.12.11 防大20期 護衛艦隊司令部幕僚 第2護衛隊群司令部幕僚 2000.7.1
1等海佐昇任
5 増田拓治 2000.12.12 - 2001.12.11   海上幕僚監部監理部
法務課訟務班長
あさかぜ艦長
6 小田和春 2001.12.12 - 2003.8.19   第3海上訓練指導隊砲術科長 大湊地方総監部監察官 2003.7.1
1等海佐昇任
7 地藏謙介 2003.8.20 - 2005.9.29 防大22期 海上幕僚監部人事教育部
援護業務課
横須賀地方総監部管理部
援護業務課長
8 千代野正 2005.9.30 - 2007.8.9 防大24期 誘導武器教育訓練隊研究室長 大湊海上訓練指導隊副長
9 小澤 豊 2007.8.10 - 2009.3.23 防大31期 せとゆき艦長 海上自衛隊幹部学校
10 菅野正隆 2009.3.24 - 2010.11.15 防大33期 ゆうばり艦長 海上訓練指導隊群司令部幕僚
11 松野征治 2010.11.16 - 2012.7.31 防大30期 護衛艦隊司令部付 しもきた艦長
12 斎藤 貴 2012.8.1 - 2013.8.29 防大32期 護衛艦隊司令部 さみだれ艦長
13 藤井健志 2013.8.30 - 2015.12.6 防大33期 舞鶴海上訓練指導隊 横須賀海上訓練指導隊
14 竹内周作 2015.12.7 - 指揮通信開発隊企画科長

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 石橋孝夫『海上自衛隊全艦船 1952-2002』(並木書房、2002年)
  • 世界の艦船 第630号 増刊第66集 海上自衛隊全艦艇史』(海人社、2004年)
  • 『世界の艦船』第750号(海人社、2011年11月号)
  • 『世界の艦船 第798号 第117集 自衛艦ディテール写真集』(海人社、2014年5月号増刊)
  • 『世界の艦船 第801号 海上自衛隊 2014-2015』(海人社、2014年7月号増刊)

外部リンク[編集]