しもきた (輸送艦・2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
しもきた
LST-4002.jpg
基本情報
建造所 三井造船 玉野事業所
運用者  海上自衛隊
艦種 輸送艦
級名 おおすみ型
母港
所属 掃海隊群第1輸送隊
艦歴
計画 平成10年度計画
発注 1998年
起工 1999年11月30日
進水 2000年11月29日
就役 2002年3月12日
要目
基準排水量 8,900トン
満載排水量 13,000トン
全長 178.0m
最大幅 25.8m
深さ 17.0m
吃水 6.0m
機関 三井造船16V42M-Aディーゼル × 2基
出力 26,400PS
推進器 スクリュープロペラ × 2軸
速力 最大速 22ノット
乗員 137名(ほか揚陸要員330名)
兵装 高性能20mm機関砲(CIWS) × 2基
レーダー OPS-14C 対空
OPS-28D 対水上
OPS-20 航海用
電子戦
対抗手段
Mk.137 デコイ発射機 × 4基
テンプレートを表示

しもきたローマ字JS Shimokita, LST-4002)は、海上自衛隊輸送艦おおすみ型輸送艦 (2代)の2番艦。艦名は下北半島に由来し、初代おおすみ型輸送艦しもきた」(LST-4002)に続いて日本の艦艇としては2代目。

艦歴[編集]

「しもきた」は、中期防衛力整備計画に基づく平成10年度計画8,900トン型輸送艦4112号艦として、三井造船玉野事業所で1999年11月30日に起工され、2000年11月29日に進水、2002年3月12日に就役し、同日付で自衛艦隊直轄部隊として第1輸送隊が新編され、1番艦「おおすみ」とともに編入、に配備された。

2003年平成15年)2月4日から3月28日にかけてテロ対策特別措置法に基づき、護衛艦いかづち」とともにタイ王国陸軍工兵部隊と建設用重機をアフガニスタン近縁のインド洋沿岸へ輸送する。

2005年(平成17年)6月に車両甲板上で陸上自衛隊野外手術システムを展開する技術試験が行われた。

2006年(平成18年)4月3日、第1輸送隊が護衛艦隊隷下に編成替え。

2008年(平成20年)11月14日、平成20年度統合演習で航空自衛隊春日ヘリコプター空輸隊のCH-47による陸上自衛隊部隊の輸送艦からの空中輸送訓練を実施した。

2009年(平成21年)9月7日第5航空群と共に沖縄県防災訓練に参加し、航空自衛隊消防NTT沖縄電力および日本赤十字社の救急車などの各種車両を積載する訓練を行う[1]

2010年(平成22年)8月26日パキスタンで発生した洪水への救援活動を行う陸上自衛隊のCH-47JA等を載せて横須賀を出航し、9月18日にパキスタンのカラチ港に到着した[2]自衛隊パキスタン派遣)。

2011年(平成23年)1月24日から1月27日米海軍揚陸艦トーテュガ」と共に輸送特別訓練を実施。

同年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による東日本大震災に対し、災害派遣される。地震発生時には三井造船玉野事業所で年次検査を行っており、完工を4月1日に早めて4月6日から災害派遣部隊に加わった。

2013年(平成25年)6月10日から26日まで米国カリフォルニア州キャンプ・ペンドルトンおよびサン・クレメンテ島にて実施される米軍単独であった統合訓練「ドーンブリッツ13」に初めて参加する。他に護衛艦「ひゅうが」、「あたご」が、陸上自衛隊からは西部方面普通科連隊と西部方面航空隊ほか参加し[3][4]、同演習期間中には米国海兵隊のV-22 オスプレイ垂直離着陸輸送機が着艦している[5]

2014年(平成26年)9月3日から6日まで行われた平成26年度離島統合防災訓練の一環として、宮古島多良間島伊良部島で実施された沖縄県総合防災訓練に参加[6]。11月4日、陸上自衛隊西部方面隊の大規模演習である「鎮西26」演習において、西部方面特科隊MLRSをしもきた甲板上に固定した状態での射撃準備訓練を行っている[7]

2016年(平成28年)7月1日、第1輸送隊が掃海隊群隷下に編成替え。7月6日、パシフィック・パートナーシップ2016に参加するため呉を出港、ベトナムパラオに寄港し医療支援等を行い、8月20日に呉に帰港した[8]

2018年(平成30年)4月9日、九州西方海域において米海軍強襲揚陸艦ワスプ」他、艦艇数隻と共同訓練を実施した[9]。5月8日から5月24日にかけて護衛艦「ひゅうが」とともに九州西方海域、鹿児島県種子島及び同周辺海域において水陸機動団演習に参加した。陸上自衛隊からは水陸機動団、第1ヘリコプター団西部方面航空隊等が参加[10]

平成30年7月豪雨の影響で呉市内で断水が発生したことを受け、7月8日・9日に呉基地係船堀地区に停泊中の艦内に設置した特設風呂を被災者に開放[11]。7月10日には広島市宇品港から呉基地などへとガソリン軽油など約124 キロリットルを積載したタンクローリー7両[12]を輸送した[13]。その後18日まで再び入浴・給水支援を実施した[14]。入浴の対象者は主に江田島市在住者で、同市飛渡瀬LCAC整備場からLCACによる送迎が行われた[15]

同年8月25日本州南方海域において英海軍揚陸艦アルビオン」と共同訓練を実施した[16]

歴代艦長[編集]

歴代艦長(特記ない限り1等海佐
氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考
1 辻 一敏 2002.3.12 - 2002.12.15 防大17期 しもきた艤装員長 自衛艦隊司令部監察主任幕僚
2 白土雅彦 2002.12.16 - 2005.3.25 防大20期 しもきた副長 海上訓練隊指導群司令部
3 山本勝規 2005.3.26 - 2006.8.21   護衛艦隊司令部   2等海佐
4 田中博敏 2006.8.22 - 2008.3.25 防大21期 海上自衛隊第1術科学校教官 呉基地業務隊補充部付 2等海佐
5 三浦昌伸 2008.3.26 - 2011.1.10 防大26期 おおなみ艦長 大湊地方総監部防衛部 就任時2等海佐
2010.7.1、1等海佐
6 大久保幸彦 2011.1.11 - 2012.7.31 防大26期 おおなみ艦長  大湊地方総監部監察官 2等海佐 
7 松野征治 2012.8.1 - 2014.8.4 防大30期 むらさめ艦長 舞鶴海上訓練指導隊副長 2等海佐 
8 栁 信男 2014.8.5 - 2015.8.2 日体大
38期幹候
特別警備隊長
→2014.8.1 第1輸送隊勤務
大湊地方総監部防衛部
9 鈴木拓哉 2015.8.3 - 2016.11.6 慶應大
42期幹候
護衛艦隊司令部 横須賀地方総監部監察官
10 吉野 敦 2016.11.7 - 2018.8.9 広修大
36期幹候
護衛艦隊司令部 横須賀基地業務隊付
11 五味康司 2018.8.10 - 防大34期 うらが艦長
アメリカ合衆国ヒッカム空軍基地に到着したしもきた(奥)
しもきた(手前)とハルゼー (ミサイル駆逐艦)(奥)
発着艦を試みるMV-22B 着艦したMV-22B。甲板への排気の影響を避けるため移動式耐熱板を排気孔の下に使用している
発着艦を試みるMV-22B
着艦したMV-22B。甲板への排気の影響を避けるため移動式耐熱板を排気孔の下に使用している


脚注[編集]

  1. ^ 自衛艦隊輸送艦「しもきた」沖縄県防災訓練に参加 Archived 2011年2月23日, at the Wayback Machine.
  2. ^ パキスタンへの国際緊急援助 Archived 2010年9月26日, at the Wayback Machine. - 海上自衛隊
  3. ^ 平成25年度米国における統合訓練(実動訓練)(ドーン・ブリッツ13)について (PDF文書)
  4. ^ 島嶼防衛目的に「ドーン・ブリッツ」3自衛隊が初参加(2013年6月10日~26日) Archived 2013年6月11日, at the Wayback Machine.
  5. ^ MV-22B Osprey landed on Japanese Ships JS Shimokita and JS Hyūga | AiirSource 映像 - YouTube
  6. ^ 平成26年度 離島統合防災訓練 平成26年9月3日~6日”. 統合幕僚監部. 2018年8月23日閲覧。
  7. ^ 鎮西26(26.11.4 演習参加部隊2) - 陸上自衛隊西部方面隊
  8. ^ パシフィック・パートナーシップ2016への参加について
  9. ^ 日米共同訓練の実施について (PDF)
  10. ^ 水陸機動団演習の概要について (PDF)
  11. ^ “被災者のための特設風呂”. 時事通信. (2018年7月13日). オリジナル2018年7月17日時点によるアーカイブ。. https://archive.fo/ScKiw 2018年7月8日閲覧。 
  12. ^ “自衛隊の7月豪雨対応、派遣艦艇25隻に拡大 エアコンや食糧の空輸も”. Fly Team. (2018年7月13日). オリジナル2018年7月17日時点によるアーカイブ。. https://archive.fo/13FJQ 2018年7月17日閲覧。 
  13. ^ “西日本豪雨/防衛省、自衛隊2万9千人派遣”. 日刊工業新聞. (2018年7月10日). オリジナル2018年7月17日時点によるアーカイブ。. https://archive.fo/pLVox 2018年7月17日閲覧。 
  14. ^ 平成30年7月豪雨に係る自衛隊の災害派遣について(11:00現在) (pdf)”. 防衛省 (2018年7月19日). 2018年8月20日閲覧。
  15. ^ 「災害派遣」入浴・給水・洗濯支援情報”. 海上自衛隊第4護衛隊群. 2018年8月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月20日閲覧。
  16. ^ 日英共同訓練の実施について (PDF)

参考文献[編集]

  • 石橋孝夫『海上自衛隊全艦船 1952-2002』(並木書房、2002年)
  • 世界の艦船 増刊第66集 海上自衛隊全艦艇史』(海人社、2004年)