リトル・ブラック・ドレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リトル・ブラック・ドレス

リトル・ブラック・ドレス(Little black dress)とは、黒一色で装飾の少ないドレス(主にワンピース)を指す。1926年喪服として受け入れられていた黒一色のドレスをファッションブランドシャネルがモードの洋装として発表[1] 。以降LBDとも愛称され、フォーマルからパーティー、ビジネス、お洒落着と使いまわしの融通の良さ、また女性の魅力を引き立たせる事から欧米では女性の必需品とされている。祖母から母へ、母から娘へと代々受け継がれる事も多い。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Steele, Valerie (1988). Paris Fashion: A Cultural History. Oxford University Press. pp. 246–248. ISBN 0-19-504465-7.