マウロ・ゴメス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
モーロ・ゴメスから転送)
移動: 案内検索
マウロ・ゴメス
Mauro Gómez
阪神タイガース #5
2014T05.jpg
マット・マートン(左)と共に(2014年5月18日)
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 ドミニカ共和国の旗 ペラビア州バニ
生年月日 1984年9月7日(30歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
230 lb =約104.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手
プロ入り 2003年 アマチュアFA
初出場 MLB / 2012年5月13日
NPB / 2014年3月28日
最終出場 MLB / 2012年10月1日
年俸 $850,000(2014年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

マウロ・アレクシス・ゴメスMauro Alexis Gómez, 1984年9月7日 - )は、 阪神タイガースに所属するプロ野球選手内野手)。

経歴[編集]

アメリカ時代[編集]

2003年テキサス・レンジャーズに入団。2009年11月9日にFAとなり、11月30日にアトランタ・ブレーブスへ入団したが、ここでも2011年11月2日にFAとなった。

2012年2月2日にボストン・レッドソックスとマイナー契約。5月13日の対クリーブランド・インディアンス戦でメジャーデビューを果たした。以後、3Aとメジャーを行き来したが、8月18日以降はシーズン終了までメジャーでプレーした。3Aでは100試合で打率.310・24本塁打・74打点を記録し、インターナショナルリーグのMVPに選ばれた[2]。9月には阪神の新外国人候補として名前が浮上した[3]

2013年3月31日にDFAになり、4月8日にウェーバートロント・ブルージェイズへ移籍。マイナーリーグでは、自己最多の29本塁打を記録したが、それまで2年連続で.300を超えていた打率は.249まで低下し、結局メジャーから声がかかることはなかった。9月5日にワシントン・ナショナルズへウェーバー放出されるが、結局マイナーでも試合に出場することなく、11月14日に放出された。

阪神時代[編集]

2013年11月22日に、2年越しでゴメスの獲得調査を進めてきた阪神が、ゴメスと1年契約を結んだことを発表した[4]。背番号は「5」で、契約総額は年俸85万ドル(約8,500万円)を含む120万ドル(約1億2,000万円、いずれも推定金額)[1]。ゴメスは数年にわたり3Aで成績を残しながらも、なかなかメジャーでチャンスをもらえなかったことから「モチベーションを保つことが大変だった」と話しており、阪神と契約したことについて「本当に嬉しい」と語っている[5]

入団時の一軍監督・和田豊は、ゴメスの獲得に至った決め手として、メジャーリーグへの初昇格直後(2012年7月6日)の対ニューヨーク・ヤンキース戦を挙げている。ゴメスはこの試合で、第2打席までヤンキースの先発投手・黒田博樹の前に凡退しながら、第3打席で勝ち越し適時打を放った。和田は、日本人投手の典型である外角へのスライダーを拾って適時打を放ったシーンの映像を通じて、試合中での対応・修正能力の高さを感じた[6]

2014年には、春季キャンプ直前の1月27日に、夫人が母国のドミニカで第1子となる長女を出産。この長女が体調不良で入院したこと[7]もあって、キャンプへの合流は開始11日後の2月11日からになった[8]。さらに、調整が当初の予定より大幅に遅れたこと[9]から、オープン戦には終盤に出場しただけだった。しかし、公式戦の開幕カードであった3月28日の対読売ジャイアンツ(巨人)戦(東京ドーム)に「4番・一塁手」としてスタメンに起用されると、来日初安打・初打点を記録[10]。この試合から、本拠地・阪神甲子園球場での自身初の公式戦になった4月8日の対横浜DeNAベイスターズ戦まで、阪神の外国人選手としては最も長い開幕戦からの10試合連続安打を記録した[11]。4月24日の対DeNA戦(横浜スタジアム)では、3回表無死満塁で迎えた第2打席で適時打を放ったことで、開幕戦からの25試合連続出塁を記録。和田が現役時代の1997年に達成した球団記録(開幕24試合連続出塁)を上回った[12]。後に連続出塁記録を27試合にまで伸ばした[13]。ただし、和田が開幕24試合連続安打のNPB記録を同時に達成したのに対して、ゴメスの記録には四球のみで出塁の4試合を含んでいる。9月20日の対中日ドラゴンズ戦では、助っ人外国人としては球団史上初となる来日初年度での100打点を達成した[14]。最終的には打点を109まで伸ばし、来日1年目で打点王のタイトルを獲得した[15]

退場歴[編集]

9月7日の対中日戦の6回表、中日の雄太が投じた3球目の内角ギリギリのストレートをストライクと判定され三振に倒れた際に、ボールが通った軌道をバットでなぞり激昂し、侮辱行為で自身初の退場処分を受けた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2012 BOS 37 111 102 14 28 5 2 2 43 17 0 0 0 1 8 0 0 26 4 .275 .324 .422 .746
2014 阪神 143 616 537 81 152 30 2 26 264 109 1 0 0 4 67 0 8 166 17 .283 .369 .492 .861
MLB:1年 37 111 102 14 28 5 2 2 43 17 0 0 0 1 8 0 0 26 4 .275 .324 .422 .746
NPB:1年 143 616 537 81 152 30 2 26 264 109 1 0 0 4 67 0 8 166 17 .283 .369 .492 .861
  • 2014年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

NPB

表彰[編集]

NPB

記録[編集]

MLB
NPB

背番号[編集]

  • 50 (2012年)
  • 5 (2014年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 阪神4番ゴメス&守護神に呉昇桓を獲得 nikkansports.com 2013年11月23日付
  2. ^ Mauro Gomez named International League MVP, post season All-Star Boston.com
  3. ^ 虎新助っ人判明!城島と正妻競ったクレメント SANSPO.COM
  4. ^ マウロ・ゴメス選手との契約締結について 阪神タイガース公式サイト、2013年11月22日配信
  5. ^ “ゴメス虎入り決定「優勝に貢献したい」”. デイリースポーツ. (2013年11月23日). http://www.daily.co.jp/tigers/2013/11/23/0006519039.shtml 2014年7月7日閲覧。 
  6. ^ 週刊ベースボール』2014年6月2日号 p.33「もっと熱くなれ!和田豊監督の固い決意」
  7. ^ 阪神ゴメスが第1子の体調不良で来日延期 nikkansports.com 2014年2月5日付
  8. ^ 阪神ゴメス、合流即打撃練習「90%かな」 nikkansports.com 2014年2月11日付
  9. ^ 阪神ゴメスがデビュー戦なぜかドタキャン nikkansports.com 2014年2月24日付
  10. ^ 阪神ゴメス頼れる2二塁打2打点デビュー nikkansports.com 2014年3月29日付
  11. ^ ゴメス、開幕10連続安打 虎外人最長 デイリースポーツ 2014年4月8日付
  12. ^ 阪神ゴメス、連続出塁記録で和田監督超え 日刊スポーツ 2014年4月25日付
  13. ^ 阪神ゴメス27戦連続出塁でストップ 日刊スポーツ 2014年4月29日付。
  14. ^ “ゴメス100打点 来日1年目達成は球団初”. 日刊スポーツ. (2014年9月20日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20140920-1369997.html 2014年9月22日閲覧。 
  15. ^ “虎史上初!ゴメス来日1年目で打点王!5選手がセ界タイトル獲得”. サンケイスポーツ. (2014年10月8日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20141008/tig14100805010001-n1.html 2014年10月8日閲覧。 
  16. ^ a b c d e f http://www.baseball-reference.com/players/gl.cgi?id=gomezma01&t=b&year=2012 2014年4月18日閲覧。
  17. ^ a b http://www.baseball-reference.com/boxes/BOS/BOS201205130.shtml 2014年4月18日閲覧。
  18. ^ a b http://www.baseball-reference.com/boxes/OAK/OAK201207040.shtml 2014年4月18日閲覧。
  19. ^ http://www.baseball-reference.com/boxes/BOS/BOS201207060.shtml 2014年4月18日閲覧。
  20. ^ http://www.baseball-reference.com/boxes/BOS/BOS201208250.shtml 2014年4月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]