カルロス・ポンセ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カルロス・ポンセ
Carlos Ponce
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 プエルトリコの旗 プエルトリコ自治連邦区リオピエドラス
生年月日 1959年2月7日(55歳)
身長
体重
180 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1982年 アマチュアFA
初出場 MLB / 1985年8月14日
NPB / 1986年4月4日
最終出場 MLB / 1985年10月6日
NPB / 1990年6月17日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

カルロス・ポンセCarlos Antonio Ponce Diaz , 1959年2月7日 - )は、プエルトリコ出身の元プロ野球選手外野手)。

来歴・人物[編集]

1982年ミルウォーキー・ブルワーズと契約。1985年8月14日メジャーデビューし、21試合に出場。

1986年メジャー登録40人枠から外れたため、それを見た横浜大洋ホエールズスカウトの牛込惟浩に口説かれ、入団を決めて来日。口ひげを生やしており、その容姿が当時人気だったゲームソフト『スーパーマリオブラザーズ』のマリオに似ていたため、「マリオ」と呼ばれた。

来日した1986年には、俊足選手を好んだ当時の大洋監督・近藤貞雄から重用され、高木豊加藤博一屋鋪要スーパーカートリオに続く4番を主に打ち、ポンセと同じく俊足で5番を主に打ったダグ・ローマンを合わせて「スーパーカークインテット」と称された。同年打率.322、27本塁打、105打点、18盗塁と素晴らしい活躍を見せたが、阪神タイガースランディ・バースが前年に続いての三冠王となる活躍を見せたため、ポンセは無冠だった。

守備は1986年は三塁手として起用されていたが、送球に難があり、シーズン27失策と惨憺たるものだった。そのためこのシーズン中盤に、当時一塁手であった田代富雄が故障離脱してからは、三塁を山下大輔に明け渡して一塁を守るようになり、後半に加藤博一も離脱してからは外野で出場することも増え、翌1987年からは正式に外野手に転向された。

1987年は打率.323、35本塁打、98打点とこれまた大活躍をし、打点王のタイトルを獲得。更にはベストナインにも選ばれた。また、159安打はこのシーズンの最多安打

1988年オールスターゲームに出場。シーズン33本塁打、102打点で初めて本塁打王のタイトルを獲得。並びに2年連続で打点王、ベストナインに選ばれた。

しかし、1989年は成績が振るわず、1990年ジョーイ・マイヤーの入団で二軍生活が長くなり、同年限りで退団。

その後はマイナーリーグのコーチなどを務め、現在はアメリカ合衆国フロリダ州で大型トラック運転手や少年野球スクールの主催をしている。1998年の横浜ベイスターズ優勝時にはお祝いのメッセージを送っている。

ノーヒットで家に帰ってくると妻はピザしか出さず、ヒットを1本打つごとにピザ以外のおかずが増えていって、猛打賞で帰ってくると凄いご馳走だったとの事。

大洋時代の応援歌の原曲は、メキシコ民謡の「ラ・クカラーチャ」。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1985 MIL 21 66 62 4 10 2 0 1 15 5 0 0 1 2 1 0 0 9 4 .161 .169 .242 .411
1986 大洋 128 526 469 79 151 29 4 27 269 105 18 12 0 7 45 10 5 64 9 .322 .382 .574 .956
1987 130 550 492 75 159 31 4 35 303 98 9 2 0 4 46 16 8 73 5 .323 .387 .616 1.003
1988 130 557 497 79 145 25 6 33 281 102 5 5 0 6 49 3 5 69 12 .292 .357 .565 .923
1989 130 562 512 69 135 33 7 24 254 81 12 6 0 9 33 2 8 91 11 .264 .313 .496 .807
1990 15 60 57 3 11 3 2 0 18 3 0 1 0 0 2 0 1 12 0 .193 .233 .316 .549
MLB:1年 21 66 62 4 10 2 0 1 15 5 0 0 1 2 1 0 0 9 4 .161 .169 .242 .411
NPB:5年 533 2255 2027 305 601 121 23 119 1125 389 44 26 0 26 175 31 27 309 37 .296 .356 .555 .911
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

NPB

表彰[編集]

NPB

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 36 (1985年)
  • 7 (1986年 - 1990年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]