トレンカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
金色のトレンカ

トレンカは、レギンスの一種の、を覆うボトムスである。「トレンカレギンス」とも言う。

普通のレギンスはから先の部分)がなく、長くても踝までなのとは異なり、トレンカは爪先(つまさき)と(かかと)が露出し、土踏まずの部分に引っ掛けて着用する。これらに対し、足を完全に覆えばタイツとなる。なお、同様の足部分の構造を持つ靴下を「トレンカソックス」と言う。

本来は「トレンカー」で、スポーツウェアの商品名だった[1]。主にスキーウェアに使われた。語源ははっきりしないが、「引っ張るもの」を意味するトレッカー(trecker)とも言われる。

英語圏では、しばしば「スティラップ・パンツ(stirrup pants)」と呼ばれる。

日本での使用方法について、以前まではバレエ用タイツとして着用されていたが2009年頃から新たなファッションアイテムとして導入を開始した。メリット、デメリットはタイツとほぼ同様だが、足首より下の部分に限って言えば、夏場の炎天下などの時期でも蒸れにくい。

タイツやストッキングのような素材で作られたものが多く、股引のような役割がある。足を引っ掛ける点で、トレーニングパンツ(トレパン)に類似する。このため、正装として用いられる市民権は得ていない。今後、日常の衣料品としてどこまで広がるかがポイントである。

出典[編集]

  1. ^ 田中千代『田中千代 服飾事典(増補版)』同文書院

関連項目[編集]