爪先

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

爪先(つまさき)とは、動物(特に人)のの先端部のがある部分、または足の指の先の部分のことである。英語toeからトーとも言う。一本一本の指に着目する場合には足指(あしゆび)という場合もある。

人間の爪先[編集]

人間の爪先

人間の場合、爪先には手と同様に5本の指(足指、趾)がある。医学用語としては、体の内側から第1趾 - 第5趾と数字で呼び、日本語俗語ではしばしば手と同じく親指人差指中指薬指小指と言う。一般に、第1趾(親指)が最も太く、第2趾(人差指)が最も長く、第5趾(小指)が最も細くて短い。足の指は、手の指に比べて非常に短く、手の指ほど自由には動かせない。退化すれば、小指がなくなる、ともいわれている。

指の先にはがある。日本語の「爪先」は、本来は「爪の先」の意味であるが、手(の指)の先については「指先」と言い、「爪先」は足についてのみ言う。

爪先は、歩行の際に重要な役割を持つ。ただし、第五指(小指)は、失ってもそれほど足取りに影響を及ぼさない。

骨格的には、爪先には手と同様の指骨がある。手の指骨と区別して趾骨ともいう。指骨はかかとに伸びる骨につながっている。

動物の爪先[編集]

多くの動物は、爪先のみを地面に接して立っており、これを趾行動物(しこうどうぶつ、digitigrade)という。人間など、足の裏まで地面につける動物は蹠行動物(しょこうどうぶつ、plantigrade)という。趾は足の指、蹠は足の裏のことである。

外部リンク[編集]