鰻重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鰻重

鰻重(うなじゅう、うな重)とは、重箱の中にを入れて蒲焼を載せ、上から蒲焼のタレをかけた日本料理の1つ。

用いる食器丼鉢であれば、鰻丼(鰻丼飯の略)と呼ぶ[1]

概要[編集]

料亭では鰻の蒲焼と飯を別の食器に盛って提供する店もある。また、鰻重とは鰻が重なった状態の鰻重ねうながさねを意味することもある。御飯と鰻の蒲焼を下から「飯」「鰻」「飯」「鰻」と交互に重ねるが、これは蒸さずに調理した鰻の蒲焼をご飯で蒸らし、ふっくらと柔らかくするための工夫でもある。

鰻の蒲焼と同様、注文を受けてから調理を始めることも多いため、急ぎの食事には適さない。注文を受けてから御飯を炊き始める鰻屋もある。

なお鰻重には、上や特上といったランク付けがあるが、これはうなぎの量の違いだけで、うなぎの質は変わらない[2]

食べ方[編集]

消化を助ける漢方薬ともされる山椒の粉を振りかけて食べることが多い。また、鰻の肝吸いと共に食べることが多い。

舌先が痺れるほど大量に粉を振りかけることは、無作法とされる。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]