町山智浩のアメリカの“いま”を知るTV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
町山智浩のアメリカの“いま”を知るTV
ジャンル バラエティ番組
放送時間 (60分)
放送期間 2016年9月13日 -
放送国 日本の旗 日本
制作局 BS朝日
プロデューサー 遠藤行泰(BS朝日),平子傑(BS朝日),齊藤充(JCTV),庵原太郎(JCTV)
出演者 町山智浩藤谷文子・黒沢レイラ
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

町山智浩のアメリカの“いま”を知るTVはBS朝日にて2016年9月13日から放送されているテレビ番組である。

町山智浩冠番組であり、当初はスペシャル番組であったが、2016年10月以降、第7弾までは概ね毎月1回(各回60分)、第8弾からは月に2回(各回30分)のペースで放送されている[1]。また、第1弾から第7弾は概ね月1回の60分番組であったが、第8弾からは概ね月2回の30分に変更された。

概要[編集]

アメリカ在住の町山智浩がMCを担当し、米国人の父を持つ藤谷文子黒沢レイラ、そしてCNNサタデーナイトのキャスターである杉山セリナらをゲストに迎え、 政治や社会情勢とショウビズ界の密接な関係について解説する[2]。第1弾及び第2弾では、アメリカ大統領選において何故にトランプが強いのか、その背景について、映画やアメリカ史を通してMCの町山が分析した。第3回以降は、大統領選挙以外にもカリフォルニア州での大麻合法化等、アメリカ文化の「今」について紹介する。現代アメリカの時事問題を取り扱っているが、その背景にあるアメリカ文化を映画を通して町山智浩が分析することにより、アメリカの政治文化の現状だけでなく、アメリカ映画やエンタメを紹介する意味合いの強い番組となっている。


出演者[編集]

MC[編集]

アシスタント[編集]

放送内容[編集]

放送日   テーマ   ゲスト 放送時間
1 2016年
9月13日
アメリカ大統領選 藤谷文子 60分
2 2016年
10月19日
アメリカ大統領選直前 藤谷文子 60分
3 2016年
11月22日
トランプ勝利後のアメリカとカリフォルニア州大麻合法化  藤谷文子 60分
4 2016年
12月20日
アメリカのクリスマス 黒沢レイラ 60分
5 2017年
2月1日
トランプ新大統領誕生後のアメリカ 杉山セリナ 60分
6 2017年
3月21日
移民社会 藤谷文子 60分
7 2017年
5月18日
トランプ政権の100日   藤谷文子 60分
8 2017年
6月7日
ホワイトウォッシュ問題   藤谷文子 30分
9 2017年
6月29日
LGBTとトランプ政権   藤谷文子 30分
10 2017年
7月13日
LGBTQとハリウッド映画   藤谷文子 30分
11 2017年
7月27日
ファストフードとアメリカ社会   藤谷文子 30分
12 2017年
8月24日
アメリカンコミック(アメコミ)が本当に伝えたい事   藤谷文子 30分
13 2017年
8月31日
アメコミ超大作「ワンダーウーマン」  藤谷文子 30分
14 2017年
9月11日
激化するアメリカの白人至上主義~前編   村本大輔   30分
15 2017年
9月19日
激化するアメリカの白人至上主義~後編  村本大輔  30分
16 2017年
10月7日
アメリカのコメディは何故 政治的か?  村本大輔  30分
17 2017年
11月4日
ハリウッドのセクハラスキャンダル
ハーヴェイ・ワインスタイン、米ショウビズ界の“セクハラ史” 
藤谷文子  30分
18 2017年
12月2日
アメリカは何故、銃を捨てられないのか?  藤谷文子  30分

スタッフ[編集]

  • コーディネイト:Shiori Suzuki, Toizume Atsushi
  • 編修:柳原真砂美,筒井啓介
  • MA:玉田良太
  • 音効:富田康
  • デスク:小泉真弓(BS朝日)
  • 広報:田中久美香
  • AD:大谷太亮,武藤聖
  • ディレクター:ヤギトモヒロ,熊谷昌一
  • プロデューサー:遠藤行泰(BS朝日),平子傑(BS朝日),齊藤充(JCTV),庵原太郎(JCTV)
  • チーフプロデューサー:藤川克平(BS朝日)
  • 制作:BS朝日、JCTV


外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ しかし、番組公式サイトにはレギュラー番組である旨を記すような記述はなく、定期的な放送予定日程等の記載は無い。しかし、現状まで定期的にコンテンツが更新されている。
  2. ^ 番組公式サイトでは「実は知ってるようで知らないアメリカ社会の〝今″を、カリフォルニア在住の人気映画評論家・町山智浩が、ショウビズの視点から解りやすくひも解く、今までにないエンタテイメントプログラム。」と紹介されている。