ハシディズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ハシディズムドイツ語:Chassidismus、英語:Hasidism, Hasidic Judaism、ヘブライ語חֲסִידוּת, Chasidut, chǎsīdhūthアシュケナジム式ヘブライ語chasidu(i,e)s)とは、有徳で思いやりのある行動であることを意味するヘブライ語「ヘーセド chesed חסד "loving kindness"」に起源を持つ「敬虔な者 pious」(ハーシード chāsīdh, chosid)という言葉に由来する、超正統派(ハレディーム、חרדים - Haredim)のユダヤ教運動のこと。

18世紀バアル・シェム・トーヴが開始したとされる。敬虔主義運動とも訳される。ガリツィア地方がその中心であった。

ハシディズムの集会

少人数によるミクラーラビ文学の研究より、大勢による祈りを重視する。

最初から独自の典礼、独自のシナゴーグを発展させたが、ユダヤ教の主流から離れることはなかった。

(絶対者)はすべての生命に内在するカバラ神学を持ている。

ハシディズムの精神[編集]

内在[編集]

ハシディズムの根底にある最も基本的なテーマは、宇宙での神の本質であり、アラム語で「ティクーニ・ハゾハル、アッラー・パルミー・ミネーヤ Leit Atar panuy mi-néya(そこには存在しない場所はない)」のフレーズで語られることが多い。この汎神論的概念は、リリアン語に由来したものであったが、ハシディズムで扱いが大きく拡大した。

世界を創造するために、神は自らの全在「エイン・ソフ」(Ein Sof)と契約した。ボイドで作られた世界の現実は、神の起源に完全に依存している。

したがって、すべての真の側面と物理的側面の間に二元論がある。創世記28:21では、「これは創造の目的であり、無限から財産に至るまで、有限の状態から無限の状態に戻すことができる」と書かれているとする。カバラは、この弁証法の重要性を強調した。、神が様々な次元、セフィロトを通して自分自身を世界に徐々に衰えさせる方法を指している。

実践と文化[編集]

レベと王朝[編集]

ハシディズムの共同体は、「王朝」(ヘブライ語:יצי、hatzer;イディッシュ語:האף、Hoif)と呼ばれる宗派で編成される。レベは通常同じ町に住んでいたが、彼らの指導者の和解によって地域を分けられた。特に第二次世界大戦後、王朝は西またはイスラエルに移動するときに元の東ヨーロッパの居住地の名前を保持した。

レベは世襲制の町のラビで、地域社会の行政責任者でもある。独自のシナゴーグ、勉強会場や内部慈善の仕組みを持っており、教育システム全体を保持している。レベはまた権威の最高の人物でもある。

多くのハシッド儀式がラベを取り囲んでいる。安息日、休日、お祝いの日には、レベは支持者を祝福するために説教を行い、一緒に歌い、踊り、食事をする。

王朝への忠誠とラベは、しばしば緊張と暴力の原因にもなる。 「王朝」間の注目すべき争いには、ムカチェヴォのチェイム・エラザー・スピラがベルツの死者イザチャー・ドヴ・ロケーチを呪った後、1926-34年に紛争が生まれた。1980年から2012年の「サトマール王朝」では緊張が最高潮に達した。2006年のサトマールの継承争いは、アーロン・テイテルバウムとザルマン・テイテルバウムの間の大暴動を見て、エルサレムは防弾車で移動しなければならなかった。

他の超正統派のグループと同様に、コミュニティから離脱したい信者は、脅威、敵意、暴力、さまざまな懲罰的措置に直面している。厳密な宗教教育と伝統派の育成のために、宗派を離れる人は働くスキルがなく、英語さえ仕えず、外の社会への復帰は非常に問題になっている。保守的で隔離されたコミュニティは、子供の性的虐待が発生し易く、数多くの事件が報告されている。ハシディズムの指導者はしばしばその事柄を沈黙させたと非難されている。

典礼[編集]

殆どのハシド派は、アイザック・ルリアの革新に基づいて、アシュケナージとセファルディの典礼の混合物であるヌサッハ・セファードの変種を使用している。バアル・シェム・トヴァは安息日の前夜に金曜日の奉仕に2つの節を追加した。

ハシディムは東ヨーロッパの背景を反映して、礼拝の目的でヘブライ語とアラム語のアシュケナージの発音を使用している。言葉のない、感情的なメロディー、ニグニムはよく見られます。

ハシディムは、カバナ、献身、意思を重視しており、非常に長く繰り返している傾向がある。一部の王朝は、祈りを実施しなければならない伝統的な特定の時間をほぼ廃止している。精神的な浄化のための男性による儀式浴は毎日行われ、他の正教会のユダヤ人よりもはるかに高い率である。

服装[編集]

ハシディズムでは、服装の微妙な違いで、宗派ごとの違いを区別できる。ハシディズムの服装の多くは、歴史的に東欧ユダヤ人の衣服であり、ポーランドとリトアニアの貴族のスタイルに影響を受け、宗教的起源を特定の衣装に持たせている。

ハシッドの男性は、最も一般的には、黒いオーバーレイを着用している。平日はレケルと呼ばれる長くて黒い布のジャケットを着用し、ユダヤ教の聖なる日にはシルクのサテン生地の長く黒いジャケットである、ベッキーゼ・ゼイデネ・カポテ(Yiddish、lit.、satin caftan)を着用する。屋内では、カラフルなティッシュbekisheが着用されることもある。ほとんどの人はネクタイを着用しない。

安息日には、伝統的に白いベキシェを身に着ていたが、習慣はほとんど廃止された。彼らは、ベルベット(ストロークスまたはサメット)とトリムされた黒いシルクのベキシェと、ハンガリーのゴールド刺繍のシルクのベルキーゼを身に着けた。

宗派により多くの違いがあり、東ガリシア出身者は平日は白い服装を身に付け、安息日にはズボンを着て黒い靴下を付ける。

ほとんどの男性は、ペヨットと呼ばれる長い、切られていないもみあげを持ち、ひげを剃らない。ほとんどのハシディズムの少年たちは、3歳で儀式で初めての散髪を受ける。

ハシドックの女性たちは、ユダヤ人の法律に従った服を着る。これには、長い丈夫で控えめなスカートと袖口、襟ぐりの袖口も含まれる。また、女性は足を覆うストッキングを着用する。一部の宗派では、ストッキングは不透明でなければならない。結婚した女性は、ユダヤ人の法律に従って、シェイテル(かつら)、ティシェル(頭皮)、シャペル、スヌード、帽子、またはベレーのいずれかを使用して、髪を覆う。

シナゴーグ[編集]

ドイツ語・イディッシュ語シュールシュル (shul) という伝統的なシナゴーグに対し、シュティブル(shtibl, shtiebl, Stübel)という独自のシナゴーグを持った。

誕生の背景[編集]

17世紀後半に、ポーランド・リトアニア連邦の南部、特に現代西部のウクライナに住むユダヤ人に、いくつかの社会的傾向が集中した。

最初はカバラの神秘的な伝承の普及が見られた。何世紀もの間、カバラは秘密裏に少数者にのみ伝わっていたが、安価に印刷されたパンフレットの普及により、誰でも知る知識にへと変わっていった。ハシディズムの創設者たちは、禁欲主義者の秘密のサークルを残す代わりに公然と練習することを決めた。

もう一つの普及の要因は伝統的な権威構造の衰退であった。1746年のユダヤ人の自治権に関する4党評議会の崩壊は大きな影響を与えた。紛争で合法的な仲裁人 - 特にアルコール蒸留や敷地内の他の独占権に対する賃貸権の規制に関する、評議会の能力は著しく低下した。ハシディズムの創設者たちは、地域のすべてのユダヤ人が従属していた古い共同体の機関を超越し、広大な領土の各町に追随者のグループを持つようになっていった。

また、ハシディズムが普及した時期は、ニューイングランドにおける最初の偉大な覚醒、ドイツの敬虔主義、アラビアのワハハリズム、そして確立された教会に反対するロシアの古い信者を含む世界中の多数の宗教的復活運動の台頭と一致していた。彼らは、既存の秩序を拒否し、陳腐化し過度に階層的であるとして非難し、より精神的で、誠実で、単純に信仰できる、宗派を求めていた。

イスラエル・ベン・エリエゼルの登場[編集]

イスラエル・ベン・エリエゼル(約1690 - 1760年)はハシディズムの創設者と見なされている。神学校で学んだわけではなかったが、彼は共同研究室で学び、ラビのエリートと結婚しました。彼の妻はラビの離婚した姉妹で、彼の晩年には、現代の時代によって証明されたように、裕福で有名だった。彼の財産は遺書勘定から派生したものとされる。少年時代に彼は「ラビ・アダム・バール・セム・トフ」によって認められたと主張する。

イスラエルは、カルパティア山脈の隠居者として10年を過ごした。そこでは、聖書の預言者アシヤ(Shilonite)が彼にとってもっとも教師となった。36歳で、彼はカバラの偉大な実行者と奇跡の実践者として自分自身を明らかにする天国の許可が与えられたと主張した。

1740年代には、彼がメディビシュの町に移住し、すべてのポドリアで認識され、人気が高まっていった。彼はいくつかのカラバの概念を強調し、彼自身の教えを定式化していった。物質的な世界で神の内在と彼の存在を強調し、食べるなどの肉体的行為は精神的な領域に実際の影響を及ぼし、神のものとの交わりの達成を促進するのに役立つとした。敬虔な神秘主義者になるために欠かせない禁欲と自己嫌悪と、厳しい審美主義の代わりに精神的喜びの手段として熱心で激しい祈りよりも、神の崇拝における喜びと満足の重要性を強調した。

イスラエル自身は、少数のエリート主義者の指導者であり、後継者が大衆を導いたことはなかった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

参考

参照

文献案内[編集]

  • Boteach, Shmuel Wisdom, Understanding, and Knowledge: Basic Concepts of Hasidic Thought Jason Aronson, 1995, ISBN 0876685572
  • Buber, Martin and Fetterman, Bonny V. (ed.) Tales of the Hasidim: Book One: The Early Masters and Book Two: The Later Masters (Two books in one) Schocken Books; 1961, 1991, ISBN 0805209956
  • Finkel, Avraham Yaakov Contemporary Sages: The Great Chasidic Masters of the Twentieth Century Jason Aronson, 1994, ISBN 1568211554.
  • Nadler, Allan The Faith of the Mithnagdim: Rabbinic Responses to Hasidic Rapture Johns Hopkins University Press, 1998, 1997 ISBN 0801855608
  • Schochet, Elijah Judah The Hasidic Movement and the Gaon of Vilna, Jason Aaronson, 1994, ISBN 1568211252
  • Encyclopedia Judaica, Hasidic Judaism, Keter Publishing