ジョージ・フロイドの死

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョージ・フロイドの死
日付 2020年5月25日Lua エラー モジュール:TimeAgo 内、98 行目: attempt to index field '?' (a nil value) (2020-05-25
時刻 c. 8:00–8:30 p.m. (CDT)[1]
場所 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ミネソタ州ミネアポリス
座標 北緯44度56分3.48秒 西経93度15分44.64秒 / 北緯44.9343000度 西経93.2624000度 / 44.9343000; -93.2624000座標: 北緯44度56分3.48秒 西経93度15分44.64秒 / 北緯44.9343000度 西経93.2624000度 / 44.9343000; -93.2624000
撮影者 Darnella Frazier[2]
死者 1人 (ジョージ・フロイド(George Floyd))
罪状 第3級殺人および第2級故殺
Hennepin County Minnesota Incorporated and Unincorporated areas Minneapolis Highlighted.svg
事件の場所は、ミネソタ州ヘネピン郡ミネアポリス

ジョージ・フロイドの死(ジョージ・フロイドのし、: Killing of George Floyd)では、アフリカ系アメリカ人黒人男性ジョージ・フロイド(George Floyd)が、2020年5月25日ミネアポリス近郊で、警察官の不適切な拘束方法によって死亡させられた[3]事件について解説する。

2020年5月25日当日、一人の白人の警察官デレク・ショーヴィン(Derek Chauvin)を被疑者とする告訴状によると、偽ドル札の使用容疑により手錠をかけられたフロイドが、呼吸ができない、助けてくれ、と懇願していたにも関わらず、8分46秒間フロイドの頸部で強く押さえつけ、フロイドを死亡させた。その時間の中で、フロイドの反応が見られなくなった後の2分53秒間においても当該警察官はフロイドの頸部を膝で押さえつけていた[4][5]。フロイドは手錠を掛けられ顔は路面に押さえ込まれていたが、なおも当該警察官は膝でフロイドの頸部を押し付けていた[6][7][8]。その他3名の警察官の関与が確認されている。

事件[編集]

事象が発生した場所

この事件は2020年5月25日、ミネソタ州ミネアポリスのダウンタウンの南にあるパウダーホーンでのフロイドの逮捕中に発生した。事件の顛末は同行していた友人らと数人の一般人が携帯電話で撮影した動画に記録されている[9]。警察は声明の中で、逮捕は車から降りるように命じられたフロイドが「物理的に抵抗した」後に行われたと説明したが、この主張は近くの防犯カメラ映像、および前述の一般人による動画の記録と食い違っている[10][2]。フロイドが繰り返し「息ができない(I can't breathe)」と言っている逮捕の録画動画は、ソーシャルメディア・プラットフォームで広く流布され、メディアによって放送された。関与した4人の警官は翌日に解雇となっている[11]

連邦捜査局(FBI)は、ミネアポリス警察の要請に応じて、この事件に対する連邦公民権調査を実施。一方、ミネソタ刑事逮捕局(BCA)は、ミネソタ州法の違反の可能性があるかどうかを調査している[12]

フロイドの死因については、遺族の要請を受けて検視が行われた。6月1日、検視の結果独立検視官らは窒息死と断定。外傷性の窒息の形跡はなく、冠状動脈疾患や高血圧が死亡につながった公算が大きいとされていたが、検視に当たったアレシア・ウィルソン医師は「形跡から死因は機械的窒息で、殺人による死亡と判断される」と表明。検視に立ち会ったマイケル・ベーデン医師もウィルソンの意見に同意するとした上で「フロイドに死亡原因となるような持病は見られなかった」と指摘した[13]。その後、検視官事務所によりフロイドには心臓疾患と直前の薬物使用の痕跡、新型コロナウイルスの感染が発表された[1]

フロイドの死亡後26日に行われたミネアポリス-セントポール地域でのデモ活動は当初平穏なものであった。しかし、28日になると一部の参加者が暴徒と化し略奪や警察官への投石をはじめ、周辺地域では警察署の窓が割られる、複数の店舗が焼失する、他の店舗の物品が略奪されるなどの被害を受けた。また襲撃を受けた店舗のオーナーや自警団も暴徒と化したデモ隊へ発砲で応酬するなど現場は激化。警察もフラッシュバンや催涙ガス、ゴム弾をデモ隊に発射することで対応を開始した[14][15][16]

5月29日、トランプ大統領は、知事に軍を派遣する意思があることを告げたこと、「いかなる困難があろうとも、我々は事態を収束する。略奪が始まれば、銃撃が始まる」とツイートした[17]。ツイッター社はその投稿が規定に違反し「暴力を美化」しているとの注意喚起の表示をつけた[18]。大統領は付け加えた。米調査会社モーニング・コンサルトによる調査では、暴動や略奪暴徒と化した抗議デモに対して、共和党民主党問わず国民の過半数が軍隊による鎮圧を支持していた[19][20]。一方、ロイター/イプソスの世論調査によると55%以上が抗議に対するトランプの対応に不満を示し、そのうち40%が「強い」不満、そしてわずか3分の1がトランプを支持していた[21]

フロイドの死は、2014年のエリック・ガーナー窒息死事件と比較されている。ガーナーの事件では、ニューヨークの警察官が逮捕時に、11回も「息ができない」と叫ぶ丸腰の黒人に対して首絞めを行い続けた[6][22]

関係者[編集]

ジョージ・フロイド[編集]

ジョージ・フロイド (George Floyd)は46歳のアフリカ系アメリカ人の男性[6]。テキサス州ヒューストン出身の彼は、マルチスポーツアスリートとしてイェイツ高校に通い、1993年に卒業[23]。彼はヒューストンを拠点とするヒップホップグループ、Screwed Up Clickと仲間のラッパーであり、DJ Screwからリリースされたミックステープで「Big Floyd」という別名でフリースタイルをしていた[24]。その後、立て続けに窃盗や薬物所持で逮捕され、2007年にはヒューストンで住居に侵入し武装して強盗した容疑で起訴され、2009年に裁判で司法取引を受け入れ懲役5年の判決を受け、収監された[25][26][27]

出所したフロイドは更生を目指し、心機一転ミネソタ州セントルイスパークへ転居。近くのミネアポリスでレストランの警備員などの職に就いた[28][29]。死亡する少し前にはCOVID-19パンデミックに基づくミネソタ州の在宅指示の影響で仕事を失っていた[30]。また自身も、4月に行ったCOVID-19の検査で陽性反応が出ていたが、検死報告書では、死亡時には既に無症状で二次感染の恐れもなかったと報告された[31]。フロイドは、出身地のヒューストンに住む6歳と22歳の2人の娘の父親でもあった[32][33]。弟であるフィロニーズ・フロイド (Philonise Floyd)はCNNのインタビューにて「黒人男性が絶えず何度も殺されるのを見るのに疲れている。人々は引き裂かれ、傷つけられている」と語った[34]

警察官[編集]

フロイドの首を膝を使って地面へ押し付けていたのは、当時44歳の白人警官デレク・ショーヴィンであると確認されている。彼は2001年頃から約19年間ミネアポリス警察の警官だった[35]。当該警察官に対して18件の苦情が公式記録に残されており、そのうち2件は懲戒書簡を含む懲戒処分とされていた[36]。また、彼は3度のマイノリティ人種に対する銃撃に関与しており、2006年にはラテン系アメリカ人男性が、当該警察官を含む6人の警官から42発の銃弾を受けて死亡した。その他、2008年には黒人男性が、2011年に彼がパトロールカーで巡回中に自転車に乗っていたアメリカ先住民の男性が、銃を持っていたと言う理由で職務質問しようとした時、アメリカ先住民男性が逃げ出したので追跡して、銃を撃った。黒人男性もアメリカ先住民も彼から銃弾を受けたが、いずれも命は取り留めた[37][38][39]。因みに彼の妻ケリー・ショーヴィンはラオス生まれで、難民としてミネソタ州に移住したモン族コミュニティの出身である。妻の2人の兄弟の1人はセントポール市の警察官でもある。妻は2020年6月2日に事件を受けて弁護士と話し合い離婚を申請した[40]

相棒の警官については彼も白人警官の妻と同じくラオス移民の両親を持つモン族コミュニティ出身者で、2009年に警察アカデミーを終了し、2012年にフルタイムの職で雇用。2017年には武力過剰行使の訴訟の被告となったが、25,000ドルで法廷外和解を成立させた[35]

その場にいた他の2人の警官には過去に苦情を受けた記録はなかった[36]

事件後、4人の警官全員が解雇され、直接行為を行った警官は解雇後第3級殺人罪などで起訴された[41]

6月3日、遺族の許可を得てフロイドの遺体の解剖結果が公表された。拘束されている間に心臓発作を起こしたことが死因であり、ミネソタ州検事総長は第3級殺人罪での起訴を第2級殺人に格上げ、他の3人の警官も幇助と教唆で起訴した[42]

事前の接触の可能性[編集]

元クラブ所有者のマヤ・サンタマリアによると、フロイドと警察官のショーヴィンはどちらも警備員として働いていて、ラテンナイトクラブで交代勤務をしていた。彼女が言うには、ショーヴィンは17年間そこで働いており、フロイドも十数回イベントで働いていた。また彼らが知り合いだったかは分からないが、そうとは思えないと語った[43][44]。サンタマリアは、当時、ショーヴィンらと、アフリカ系アメリカ人の客の喧嘩に対して、催涙スプレーを周囲に撒くなどの過剰な対応を取っていた事を認めた[45]

事件の顛末[編集]

警察と救急隊員の最初の声明[編集]

メモリアルデーだった5月25日の午後8時を過ぎた頃、ミネアポリス警察の警察官は、ミネアポリスのパウダーホーン地区にあるシカゴアベニューサウスで起きている「偽造事件」に応対した。WCCOによると、その内容は、フロイドが「近くのデリ偽造文書を使用しようとした」ことだった。現場である食料品店「Cup Foods」の共同所有者によると、フロイドは従業員が偽札と特定した20ドル札を使おうとした[46]。尚、この20ドル札が実際に偽札であったかどうかは公表されていない。警察によると、フロイドは近くの車に乗っていて、「(酒か薬物か)酩酊しているように見えた」。警察のスポークスマンによると、警官は彼が「物理的に抵抗した」時点で車両から降りるように命令した。しかしこの主張は、これまでに公開されている目撃者による動画の証拠によって否定されている[2][47]

ミネアポリスの警察によると、警官は「容疑者に手錠を掛けると、彼が健康的問題の痛みで苦しんでいるように気付いた」。その後、救急車を呼んだ。ミネアポリス警察の声明によると、逮捕に武器は使用されていない[2]

ミネアポリス消防局によると、救急隊員はフロイドをその場所から移動させ、「無反応で脈のない男性」に対して胸骨圧迫やその他の救命措置を行っていた[48]。フロイドはヘネピン郡医療センターに移送され、そこで死亡宣告された[49]

一般人らが撮影した動画[編集]

逮捕の一部は一般人によって撮影され、Facebook Liveストリーミングされた[2][50][51]。この動画は口コミで広まった[52]

動画が始まると、フロイドはすでに地面に胸を押さえ付けられ、ショーヴィン警官は首に膝を押し付けている[6][9][53]。フロイドはショーヴィンに繰り返し、「お願いだ(Please)」および「息ができない(I can't breathe)」と言いながら、うめき、うなり、すすり泣きもしている[2][54]。撮影者らは警察に「もう押さえ込んでいるから、彼に呼吸させて(You got him down. Let him breathe.)」と言ってお願いしている[55]

撮影者が「友達の一人が同じように死んだんだ(One of my homies died the same way.)」と言うと、フロイドは「私も同じように死ぬところだ(I'm about to die the same.)」と答えた[56]。その後、ショーヴィンはフロイドに落ち着くように言う[53]。警察はフロイドに「何が望みだ?(What do you want?)」と尋ねる。フロイドは「息ができない」と繰り返す[54]。フロイドは続けて、「首にある膝をお願いします。息ができない。(Please,the knee in my neck, I can't breathe.)」と言う。誰かがフロイドに「立ち上がって車に乗る」ように言ったあと(Agence France PresseCBS News、WVLT-TVは警官の1人であると特定している[2][57][58]BuzzFeed Newsはそれが警官の声かどうかに関わらず[59] 、「不確か」としている)、フロイドは答えて「そうする…が動けない(I will... I can't move.)」[60]フロイドはさらに「ママ!」と叫ぶ。フロイドは「胃が痛い、首が痛い、すべてが痛い」と抵抗し、水を要求する。しかし警察はフロイドに何も声を出さない。フロイドは「殺さないでくれ(Don't kill me.)」と懇願する[61]

傍観者はフロイドが鼻から出血していることを指摘した[2]。もう一人の傍観者は、フロイドが「今は、逮捕にさえ抵抗していないぞ」と警察に話す[6]。警察はフロイドが「話しているし、元気だ(talking, he's fine.)」と傍観者に伝える。傍観者は、フロイドは「元気じゃない(ain't fine.)」と答える[62]。傍観者は、警察がフロイドの呼吸を止めていることを抗議し、彼らを説得している。「地面から彼を離して…もう今は彼を車に乗せることができるのに…彼はもう逮捕に抵抗していないし、何にも。あなた楽しんでいるんでしょ。見える。ボディーランゲージで」

フロイドは最終的に沈黙して動かなくなるが、ショーヴィンはフロイドの首から膝を持ち上げない[9][53]。傍観者たちは、フロイドが「反応していない」と抗議し、フロイドの脈を確かめるよう警察に繰り返し要求する[2][6]。そして傍観者は「彼らはまさか彼を殺したの?(Did they fucking kill him?)」と問う[29]

最終的に救急車が到着し、緊急医療機関がフロイドの無反応の体を担架に乗せるまで、ショーヴィンは膝を外さない。ジョージ・フロイドはHCMC救急隊員によって最初は脈拍のない状態とわかったが、救急隊員はCPRを開始しなかった。患者は救急車に乗せられ、ミネアポリス消防署の事件報告から明らかなように、36番街とパークアベニューに移送[63][2][61][62][64]。男性の傍観者は、警察が「本当にフロイドを殺したんだ」と言っている[53]。ショーヴィンは、フロイドの動きを止めた後の約4分を含み、少なくとも7分間フロイドの首の上に膝を押し付けていた[65][66]

救急車の医者はフロイドの脈を数回測ったが、脈はなかった。彼は病院で死亡宣告された[64]

その他の動画[編集]

車内から撮影された2人目の傍観者の動画は、フロイドが車から外されている様子を捉えている。ヴァイス誌は、フロイドが「抵抗しているようには見えない―ただ彼の車の隣に立っている」と記述[67][68]インデペンデントは「動画は、二人の警官が、明らかに抵抗していないフロイドさんを車から引っ張り出しているのを捉えている」と書いている[69]

またフロイドが車の外で立ってる間も、彼は「呼吸ができない」と繰り返し言っていたと言う[70]

近くのレストランの防犯カメラからの6分の動画がメディアに提供された。2人の警官が男を車から降ろすところを捉えている。男は手錠をかけられて歩道に運ばれ、そこで座っている。3番目の警官が到着する。その後ある警官は、再び男が立ち上がるのを助け、2人の警官が男を警察車両に連れて行き、そこで男は地面に倒れる[71]CBS Newsによると、警察は当初フロイドが逮捕に抵抗したと主張していたが、この監視ビデオは「警官が彼を穏やかに引き留めているのを示している」[72]CNNは監視ビデオは「ジョージ・フロイドが逮捕に抵抗したという警察の主張を支持しない」と書いている[73]

別の角度からの事件の動画は、CBSイブニングニュースが報じたもので、「3人の警官が地面へ押し付けている間、もう1人が彼の上に立っている」ことを示している。[64]ウォール・ストリート・ジャーナルは、それを「3人の警官がフロイドの上に座っているように見える」と述べた[74]

ミネアポリスパーク警察署(MPP)(ミネアポリス警察(MPD)とは異なる)の1人の警官が、フロイドがMPDの警官に拘束された場所にいた。その部署は、5月28日にその警官のボディカム映像を公開した。この映像は、MPPの警官が、フロイドの車から出てきた2人の乗客に、救急車が現場に到着すると言って安心させ、「待機」するように伝えているところを映している[75]。CNNは、警官は「事件が発生したときにそのようには動いていていない」と述べた[73]

余波・暴動[編集]

5月26日、ミネアポリス警察のメダリアアラドンド警察長は、当の警官たちは休暇を取っていると発表した[76]。その日の遅く、当事者である4人の警官を解雇した[11]

その日、連邦捜査局(FBI)は事件を調査していると発表した[9]。警官のボディカメラからの映像が、ミネソタ刑事逮捕局に渡された[77]。公民権弁護士のベンジャミン・クランプがフロイドの家族を代弁している[12]

5月27日、Derek Chauvinを標的とする誤報がソーシャルメディアで広まり始めた。特に、ショーヴィンは「Make Whites Great Again」の帽子をかぶった写真の対象であり、ショーヴィンは後に行われた政治集会でドナルド・トランプと一緒に舞台に上がったとの主張は偽りである[78][79][80]

5月28日、米国司法省は、FBIとの共同声明により、フロイドの死についての調査を「最優先事項」としたと発表。経験豊富な検察官とFBIの犯罪捜査官をこの問題に割り当てたと伝え、捜査の次のステップの概要を説明した。「徹底的な調査により、入手可能なすべての情報を集め、目撃者からの情報と証拠を徹底的に吟味し、もし連邦法違反があったと判断された場合は、刑事責任を問う[81][82][36]ウォール・ストリート・ジャーナルは、継続的な調査については多くの場合落ち着いていた口調の司法省にしては、これは特に強力な声明であると述べている。

記念碑、抗議、暴動[編集]

A brick storefront with the words "CUP FOODS" in red. A crowd, some with signs including a "Black Lives Matter" sign, stand before it.
フロイドの死の翌日である5月26日、抗議者たちはこの場所に集まった。[83]
5月27日に撮影された、事件が発生したバス停近くの臨時的な記念碑
5月28日の暴動後の建物の損傷

ミネアポリスのコミュニティの怒りをきっかけに、シカゴ・アベニューにフロイドの死の場所にバス停が、間に合せだが記念碑となった。5月26日の一日中、フロイドへの敬意とブラック・ライヴズ・マターの運動に関連して多くのプラカードが掲げられた[84]。日が進むにつれて、より多くの人々がフロイドの死に抗議するために集まった。数百人と推定される群衆は[85][86][87]、その後、ミネアポリス警察の第3管区を行進した[88]。参加者は、「Justice for George(ジョージへの正義)」「I Can't Breathe(息ができない)」、「Black Lives Matter」などのフレーズを含むポスターやスローガンを使用していた[89]。抗議運動は何百人もの人々を惹きつけ、平和的に始まったが、抗議者たちがスプレー・ペンキと石で警官の車の窓を破壊したことで最高潮に達した[90]。シカゴアベニューサウスから第3区までの行進に続いて、少数の抗議者グループが最初の群集から離れ、第3区の建物と分隊車を破壊した[91]。午後8時頃、暴動の中で機動隊が、ビーンバッグ弾と化学薬品を群衆の中に発射した[92]

抗議行動は、シカゴアベニューサウスを含み、5月27日も続いた。デモ隊はまた、前夜に破壊された地区外で抗議。午後6時頃から、警察は化学的刺激物を配備し始め、その地区でゴム弾を使って多数の抗議者を撃った。ソーシャルメディアの多数の動画は、いくつかの抗議者が車の窓を壊し、警察に物を投げていることを映している[93]。夕方までに、イーストレイクストリートのオートゾーンは炎上し、ソーシャルメディアの動画投稿では、近くのスーパーマーケットのターゲットで大規模な略奪の動画が流れ始めた[94]

ミネアポリスのミッドタウンにある30を超える企業が木曜日の朝までに被害を受けた。質屋の所有者は、強盗だと思った男を射殺した[95][96]。強奪は5月28日に近くのセントポールにあるターゲットでも起こった[97]ウェンディーズが火事になり、ターゲットやダラーツリーなど、他の店舗が強奪されて周辺地域に被害を与えた[14]。強奪はセントポール、ミッドウェイのCVC Pharmacy、Discount Tireアウトレット、Walgreensストアで起きた[要出典]

5月28日、ミネアポリスの夜が明けると、第3管区の警察署の両側の建物で火災が発生し、建物の内部で火災警報器が鳴った。警察は、建物を囲む一時的なフェンスが取り壊されたため、抗議者に対して催涙ガスを使用した。警察が避難している間、第3管区の建物は抗議者達によって倒された。その後、抗議者たちは建物に火をつけた[98]

全国抗議[編集]

5月27日にロサンゼルスで抗議行動が行われ、約500~1,000人の抗議者が午後4時頃にダウンタウン近くのUS-101の両方向を妨害するためにミネソタからの抗議者と同様の標識とスローガンで手を握った。抗議者たちはカリフォルニア高速道路のパトロール車両を少し遅らせてからは、午後6:30頃には散り散りになった[99]。5月28日、ロサンゼルスのダウンタウンにあるロサンゼルス警察本部の外で小規模な抗議行動が続いた[100]

抗議行動は、5月28日、29日の朝に、キャピトルスクエア近くのオハイオ州コロンバスで行われた。300人以上が関与し、抗議は当初は平和だったが、暴力とその被害から、警察が催涙ガスを撒く結果になった[101]。その後、抗議行動はますます激しくなり、企業、バス停、オハイオ州議会議事堂の窓が損傷した。警察は数人の抗議者を逮捕し、唐辛子スプレーと手榴弾を使って、さらに追い散らした[102]

また、5月28日、コロラド州デンバーのデモ隊は、ジョージフロイドの死に抗議しながら高速道路を封鎖。警察は群衆にゴム弾とガス弾を発射した[103]。ある時点で、車両の運転手が、故意に抗議者の上を轢くようにハンドルを切った[104]

5月28日、ニューヨーク市では、100人近くの抗議者がユニオンスクエアに集合し、警官へ抗議をする40人以上が、交通をすべて止めたため逮捕された[105]

テネシー州メンフィスで約40人がサイレントデモを行い、フロイド、ブリオナ・テイラー、アマード・アーベリーの死に抗議したことで、フェイスブックグループの南軍901やメンフィス警察などの反対抗議者との「口頭での対立」が起こった[106]

5月29日、トランプ大統領は首都ワシントンにて発生していた暴動が激化したことにより、一時的にホワイトハウスの地下壕に避難したと報道された。一時間足らずで避難は終了したという[107]

5月31日、トランプ大統領は暴徒化した一部の抗議活動をアンティファという極左組織が扇動しているとして、Twitterで「アンティファをテロ組織に指定する」と表明した[108][109]。その後、白人至上主義グループがアンティファを装ったアカウントで暴力行為を呼びかける投稿をしていたことが判明、ツイッター社がアカウントを凍結した[110][111]

6月1日、トランプ大統領は州知事らとの電話会議で各州の対応を「弱腰」と非難[112]。地元当局の行動が不十分なら、自ら軍を動員すると表明した[113]

6月12日、デモ隊がシアトルを占拠、キャピトルヒル自治区設立を宣言した。デモ隊は抗議者の犯罪行為と刑事処分の帳消しを求めている。 また州知事は、街を奪還すべきというトランプ大統領の姿勢を軍事的脅迫として非難し、同市市長は、シアトルが占拠されるなどという脅威はないとしてトランプ大統領の提案を違憲と一蹴した。だがデモ隊への具体的対応は明らかにしていない。[114]

反応[編集]

家族と友人[編集]

フロイドのいとこと2人の兄弟がCNNにインタビューされた。彼のいとこであるテラ・ブラウンは警察を批判し、次のように述べている。「彼らは仕事をして守るためにいるはずだが、彼らの中の一人も、フロイドが命乞いをしているときに指さえ差し伸べなかった」。彼の兄弟の一人は感情を映しながらこう述べた。「フロイドには彼らはテーザー銃で良かったかも知れないのに。催涙銃でも良かったかも知れない。代わりに、彼らはフロイドの首に膝を入れて、彼の上にそのまま座り、そうし続けた。彼らは動物を扱うよりもひどい扱いをした[115]」フロイドの兄弟であるフィロニーズは、平和を呼びかけ、「今、誰もが多くの痛みを抱えているから、これが起こっているのです。黒人が死ぬのを見るのにうんざりしています[116]」。フロイドの長年の友人で元プロバスケットボール選手のスティーブン・ジャクソンは、死後の彼の怒りと悲しみを表現し、あの逮捕の動画は「私をずたずたにした」と述べた[117][118]

フロイドのガールフレンドであるコートニー・ロスは、彼の死に敬意を表する形でコミュニティは対応するように求め、彼女はこう言っている。「火には火で戦えない、すべてが燃え上がるだけだ。一日中見てきた、人々は憎み、怒り狂っている。フロイドはそれを望まないでしょう。[119]

フロイドの弟のテレンス・フロイドは6月1日、 兄が死亡した場所を初めて訪れ、倒れそうになったテレンスを二人の男性が支えた。テレンスは涙を流しひざまずいて祈りを捧げた後、拡声器を握りながら「暴力的な方法ではなく平和的な解決をしよう」と強い口調で訴えかけた。一番怒りを感じているのは自分だとした上で、破壊行為を続ける人へ「あなたたちがやっていることは何にもならない。そんなことをしたって、兄は戻ってきません」と語り、政治への参加で社会を変えること訴え、集まった人たちと「左に平和を、右に正義を」と繰り返し叫んだ[120][121]

政治[編集]

事件が発生した8区のミネアポリス市議会議員のアンドレア・ジェンキンスは次のように述べている。「昨夜の38区シカゴの近くでの悲劇的な命の喪失に心が痛む。私たちのコミュニティは、何度も何度もトラウマを抱え続けています。私たちは答えを求めなければならない。[122]

ミネアポリス市長のジェイコブ・フライはこのように発言している。「アメリカで黒人になることは死刑判決であってはなりません。5分間、我々は白人の警官が膝を黒人の首に押し込むのを見ました…誰かが助けを求めているのを聞くとあなたは助けるはずです。この警官は、最も基本的な人間の感覚で喪失している」。フロイドの死の翌日、市長は当の警官解任を「正しい判断(the right call)」と呼んだ[12][9]。フロイドの死の2日後、フレイ市長はフロイドの死の人種的性質を強調し、ショーヴィンが刑事責任を問われるよう呼びかけた。「もし大半の人、特に有色人種が、あの月曜遅くに、警官がやったことをやったとしよう。そしたらもう獄中だろう。だからこそ、今日私はこの事件でヘネピン郡の検事マイク・フリーマンに逮捕官を起訴するよう呼びかけている。[123][124]」その夜のCBSとのインタビューで、フレイはこう尋ねられた。「あなたはそれが殺人だったと思いますか?」。彼は答えた。「そうです」[64]

ミネソタ州第5議会地区(ミネアポリスを含む)選出の下院議員イルハン・オマルは連邦捜査を求め、「助けを求めている黒人が無力に殺されるのを見るのはうんざりだ」と語った[47]。彼女はさらに付け加えた。「ジョージ・フロイドを殺した警察官は殺人で起訴されるべきです。[125]」ティナ・スミス上院議員とティム・ウォールズ知事もまた、即時行動を求めた。

翌日、上院議員のエイミー・クロブシャーは、次のように応じた。「彼は呼吸できないと繰り返していたのを我々は聞いています。何度も何度も息ができないと。そして今、さらに恐ろしく、はらわたを捻り込むような、アフリカ系アメリカ人男性が亡くなってしまう実例を見てしまいました」。彼女は「何が起こったかについての完全かつ徹底的な外部調査と、この事件に関与した人々は責任を負わなければならない」ことを求めた[126]。しかし、元ヘネピン郡の弁護士として、彼女はその事務所での8年間、ショーヴィンを含む警察に対する刑事告訴を拒否したことで非難された。上院からの辞任を求める声もあった[127][128][129]

ドナルド・トランプ大統領は、FBIに徹底的な調査を要求したと述べ、ツイッターで哀悼の意を表した。「私の心はジョージの家族と友人に向かっている。正義は果たされる![130]」トランプはまた、フロイドの死を「悲しくて悲劇的」と表現した。民主党の2020年の大統領候補であるジョー・バイデンはツイッターで次のように述べている。「ジョージ・フロイドは、もっと良い人生を過ごすだったはずで、彼の家族は正義を享受すべきだ。彼の命は大切なものだった…FBIは徹底的な調査を行うべきである[6]」。

法執行機関[編集]

地元の警察組合は関係者の支持を表明し、「ミネアポリスの警察官連盟は関係者に完全な支援を提供する」と述べた。彼らはまた、国民に冷静さを保つよう促し、「今は判断を急いで直ちに私たちの警官を非難する時ではない」と言った[131][132]警察友愛会の代表であるパトリックヨーズは、当局はフロイドの死において、「結果がどうであれ」正義が守られることを保証しなければならないと述べた。

全国の警察署長協会はフロイドの扱いに失望を表明した[133]。ミネソタ州警察首長協会は、ミネアポリスのアラドンド首席警察官による迅速な解雇を称賛した[134]。国際警察首長協会(IACP)と主要都市首長協会(MCCA)の両首脳は、動画で見られたことを非難した。ヒューストンの警察署長であるアートアセベドが率いるMCCAは、次のように述べた。フロイドは深く憂慮すべきであり、すべてのアメリカ人にとって関心事であるはずです。警官の行動は私たちの職業の訓練とプロトコルと一致しておらず、MCCAはミネアポリス警察のメダリアアラドンド警察長が関係する警官の雇用を終了するための彼の迅速かつ決定的な行動を称賛している」。国家警察財団の会長は、次のように述べている。「これらの行動と無行動は、多くの犠牲と勇気によってもたらされた進展を危険に晒すことになる」。

ワシントン・ポストが「嫌悪感」と呼び、ロサンゼルス・タイムズが「率直な批判」と呼んだことで、米国中の個々の警察署の指導者たちは、動画の中央にいる警官に反対して声を上げた[133][135]。ロサンゼルスタイムズ紙は、「警察の指導者たちが自分たちの1人の行為を公然と軽蔑していたのは、まれな瞬間だった」と述べた。警官の行動を非難した指導者は、ニューヨーク市警察委員ロサンゼルス郡保安官ロサンゼルスの警察署長、ボストン[136]マイアミヒューストンテキサス州オースティンシアトル出身の元警察署長である[134]。次に挙げる、小さな都市の警察署長も同様に発言した。イリノイ州バッファローグローブアリゾナ州ツーソンテキサス州ラウンドロックテキサス大学オースティン校[137]、プルガービルテキサス[138]ネブラスカ州オマハ[139]の警察署長はすべて、フロイドの扱いに反対する声明を発表した。

警察による武力行使の専門家たちは、ショーヴィンの行動を非難した。ミネアポリスの長年の警察官であり、ミネソタ州の警察官の約半分を指導するヘネピン工科大学の法執行および刑事司法センターの元局長であるマイランマッソンは、フロイド死亡の動画で見られた手法は、少なくとも2016年までに教えられていたものだと述べた。さらに言うには、「(警察が)制御できるようになったら解放します。それが力の使い方です。脅威が止まるまで使います[134]」。フロリダ州立大学の犯罪学および刑事司法学部の元警察官で名誉教授のジョージ・カーカムは、次のように述べている。「私たちは(疑いのある)財産犯罪者を扱っています。あの男は地面に伏せていた。彼は誰にとっても脅威ではなかった。」

機関[編集]

ミネソタ大学は、ミネアポリス警察との関係を制限するものであり、地元の警察に主要なイベントでの援助を請け負わないことを発表した[140][81]

エンターテインメント[編集]

フロイドの死を受け、2020年6月2日は全米の音楽業界において「ブラックアウト・チューズデイ」というストライキが行われた[141]。Apple Musicもこの運動、ならびに「#TheShowMustBePaused」に賛同し、「For You」「見つける」「Radio」の機能において通常のサービスではなく、運動の趣旨に合った楽曲の提供を行った[142]ソニー・インタラクティブエンタテインメントも、6月5日に予定されていたPlayStation5用ゲームのオンラインイベントを延期することを発表し、BlackLivesMatterのハッシュタグを記載した画像をTwitterに投稿した[143][144]。また、オンラインゲーム『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』『コール オブ デューティ ウォーゾーン』、『コール オブ デューティ モバイル』は、フロイドの死に対する抗議として、新シーズンの配信の延期を発表した。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Timeline: Death of George Floyd, reactions and protests”. Fox 9 (2020年5月27日). 2020年5月30日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j Dakss, Brian (2020年5月26日). “Video shows Minneapolis cop with knee on neck of motionless, moaning man who later died”. CBS News. https://www.cbsnews.com/news/minneapolis-police-fatal-arrest-officer-kneeling-neck-man-died/ 2020年5月26日閲覧。 
  3. ^ 米黒人男性の死は「殺人」と、正式な検視結果で 死因は「首の圧迫による心停止」 BBC 2020/6/2
  4. ^ Floyd was "non-responsive" for nearly 3 minutes before officer took knee off his neck, complaint says”. CNN (2020年5月29日). 2020年5月30日閲覧。 “Chauvin had his knee on Floyd's neck for 8 minutes and 46 seconds in total, and 2 minutes and 53 seconds after Floyd was unresponsive, the complaint said.”
  5. ^ Derek Chauvin Had Knee on George Floyd's Neck for Almost 3 Minutes AFTER Floyd Was Unresponsive: Officials” (英語). Mediaite (2020年5月29日). 2020年5月30日閲覧。 “The defendant had his knee on Mr. Floyd’s neck for 8 minutes and 46 seconds in total. Two minutes and 53 seconds of this was after Mr. Floyd was non-responsive, concludes the complaint.”
  6. ^ a b c d e f g Murphy, Esme (2020年5月26日). “'I Can't Breathe!': Video Of Fatal Arrest Shows Minneapolis Officer Kneeling On George Floyd's Neck For Several Minutes”. KSTP-TV. https://minnesota.cbslocal.com/2020/05/26/george-floyd-man-dies-after-being-arrested-by-minneapolis-police-fbi-called-to-investigate/ 2020年5月26日閲覧. "While lying facedown on the road, Floyd repeatedly groans and says he can't breathe." 
  7. ^ Death of George Floyd draws quick condemnation from Tampa Bay’s top cops”. Tampa Bay Times (2020年5月28日). 2020年5月30日閲覧。 “The video, recorded by a bystander, shows 46-year-old Floyd, who is black, face-down on the ground as a white officer kneeled on his neck.”
  8. ^ George Floyd and the city that killed him”. Star Tribune (2020年5月28日). 2020年5月30日閲覧。 “Down the road, people were marching and mourning Floyd, whose irreplaceable life ended after an arrest face-down on the asphalt of E. 38th Street.”
  9. ^ a b c d e Hauser, Christine (2020年5月26日). “F.B.I. to Investigate Arrest of Black Man Who Died After Being Pinned by Officer”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2020/05/26/us/minneapolis-police-man-died.html 2020年5月26日閲覧。 
  10. ^ 警官に首押さえつけられ死亡の米黒人男性、防犯カメラには「抵抗」の映像無し”. CNN.co.jp (2020年5月29日). 2020年6月3日閲覧。
  11. ^ a b “4 Minneapolis police officers fired following death of George Floyd in police custody”. FOX 9. (2020年5月26日). https://www.fox9.com/news/4-minneapolis-police-officers-fired-following-death-of-george-floyd-in-police-custody 2020年5月26日閲覧。 
  12. ^ a b c “'This is the right call': Officers involved in fatal Minneapolis incident fired, mayor says”. KSTP-TV. (2020年5月26日). https://kstp.com/news/investigation-minnesota-bca-fbi-man-in-medical-distress-handcuffs-/5741256/ 2020年5月26日閲覧。 
  13. ^ 米黒人男性の死因は「窒息」 独立検視官、殺人と断定」『Reuters』、2020年6月1日。2020年6月2日閲覧。
  14. ^ a b AP (2020年5月28日). “Violent protests rock Minneapolis for 2nd straight night over in-custody death” (英語). ABC7 Los Angeles. 2020年5月28日閲覧。
  15. ^ Jimenez (2020年5月28日). “As heated protests over George Floyd's death continue, Minnesota governor warns of 'extremely dangerous situation'”. CNN. 2020年5月30日閲覧。
  16. ^ DeMarche (2020年5月28日). “Deadly shooting near George Floyd protest as looting, arson grip Minneapolis”. Fox News. 2020年5月30日閲覧。
  17. ^ https://twitter.com/realdonaldtrump/status/1266231100172615680” (日本語). Twitter. 2020年8月25日閲覧。
  18. ^ ミネソタ州デモ巡るトランプ大統領の投稿、ツイッターが注意喚起」『Reuters』、2020年5月30日。2020年8月25日閲覧。
  19. ^ 【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮圧を支持” (日本語). Newsweek日本版 (2020年6月3日). 2020年6月7日閲覧。
  20. ^ ツイッター、トランプ氏投稿に再び警告-暴力美化で規則違反” (日本語). Bloomberg.com. 2020年8月25日閲覧。
  21. ^ “Exclusive: Most Americans sympathize with protests, disapprove of Trump's response - Reuters/Ipsos” (英語). Reuters. (2020年6月3日). https://www.reuters.com/article/us-minneapolis-police-poll-exclusive-idUSKBN239347 2020年8月25日閲覧。 
  22. ^ Mayor makes emotional call for peace after violent protests: "I believe in Minneapolis"” (英語). www.cbsnews.com. 2020年5月29日閲覧。
  23. ^ Coleman (2020年5月27日). “Yates football program mourns death of George Floyd, gifted athlete and 'ultimate people person'”. Texas Sports Nation. 2020年5月28日閲覧。
  24. ^ Curto (2020年5月27日). “George Floyd Was a Houston Rapper Who Worked With DJ Screw”. Vulture. 2020年5月28日閲覧。
  25. ^ “An athlete, friend and father - who was George Floyd?” (英語). BBC News. (2020年5月31日). https://www.bbc.com/news/world-us-canada-52871936 2020年6月6日閲覧。 
  26. ^ Toone, News Stephanie. “George Floyd, man killed in Minneapolis police encounter, had started new life in Minnesota” (English). ajc. 2020年6月6日閲覧。
  27. ^ Walters, Joanna (2020年5月29日). “An athlete, a father, a 'beautiful spirit': George Floyd in his friends' words” (英語). The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/us-news/2020/may/29/george-floyd-who-was-he-his-friends-words 2020年6月6日閲覧。 
  28. ^ Walsh, Paul (2020年5月26日). “Man who died in police incident was good friend and like family to his boss, others”. Star Tribune. https://www.startribune.com/boss-remembers-man-who-died-as-a-good-friend-person-and-a-good-tenant/570775702/ 2020年5月26日閲覧。 
  29. ^ a b “Man who died while being restrained by fired Minneapolis cop was from Houston, NAACP says”. KBMT. (2020年5月26日). https://www.12newsnow.com/article/news/nation-world/4-minneapolis-police-officers-involved-in-death-of-george-floyd-fired-victim-was-from-houston-naacp-says/502-f6e9c81f-06e0-40d2-b229-8ae7f609506e 2020年5月26日閲覧。 
  30. ^ Richmond (2020年5月28日). “George Floyd had started a new life in Minnesota before he was killed by police”. Boston Globe. 2020年5月28日閲覧。
  31. ^ Faith Karimi; Maggie Fox (2020年6月5日). “George Floyd tested positive for coronavirus, but it had nothing to do with his death, autopsy shows”. CNN. https://edition.cnn.com/2020/06/04/health/george-floyd-coronavirus-autopsy/index.html 2020年6月8日閲覧. "But the virus played no known role in his death and he was likely not contagious, the Hennepin County Medical Examiner's office said in its final report Wednesday. "Since ... positivity for (Covid-19) can persist for weeks after the onset and resolution of clinical disease, the autopsy result most likely reflects asymptomatic but persistent ... positivity from previous infection," it said." 
  32. ^ Palladino (2020年5月28日). “Who was George Floyd? Family, friends, coworkers remember 'loving spirit'”. FOX 9. 2020年5月28日閲覧。
  33. ^ Ellis. “George Floyd remembered as 'gentle giant' as family calls his death 'murder'” (英語). USA Today. 2020年5月29日閲覧。
  34. ^ “George Floyd's brother: I'm tired of seeing black men die”. https://edition.cnn.com/2020/06/06/politics/george-floyds-brother-philonise-floyd-congress/index.html CNN 2020/6/6
  35. ^ a b Mannix, Andy (2020年5月26日). “What we know about Derek Chauvin and Tou Thao, two of the officers caught on tape in the death of George Floyd”. Star Tribune. オリジナルの2020年5月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200527041830/https://www.startribune.com/what-we-know-about-derek-chauvin-and-tou-thao-two-of-the-officers-caught-on-tape-in-the-death-of-george-floyd/570777632/ 2020年5月27日閲覧。 
  36. ^ a b c Barrett, Erin Ailworth, Ben Kesling, Sadie Gurman and Joe (2020年5月28日). “Justice Department Says George Floyd’s Death a Priority” (英語). Wall Street Journal. ISSN 0099-9660. https://www.wsj.com/articles/minneapolis-protests-over-george-floyd-death-escalate-and-spread-11590676810 2020年5月28日閲覧。 
  37. ^ Scher, Isaac (2020年5月27日). “The police officer who knelt on George Floyd's neck has been involved in shootings and was the subject of 10 different complaints”. Insider. https://www.insider.com/derek-chauvin-police-history-shootings-violence-george-floyd-2020-5 2020年5月27日閲覧。 
  38. ^ Melendez, Pilar (2020年5月28日). “Minneapolis Man: Cop Who Kneeled on George Floyd ‘Tried to Kill Me’ in 2008” (英語). The Daily Beast. https://www.thedailybeast.com/minneapolis-man-alleges-derek-chauvin-tried-to-kill-him-before-he-kneeled-on-george-floyd 2020年5月29日閲覧。 
  39. ^ Jessica Lee (2020年5月30日). “Does This Flyer Accurately Represent Derek Chauvin’s Police Actions?”. Snopes. 2020年6月3日閲覧。
  40. ^ Who is Derek Chauvin’s wife Kellie Chauvin? – The Sun
  41. ^ 米ミネアポリス市警の元警官、黒人男性の殺人罪で起訴” (日本語). BBC NEWS JAPAN. 2020年6月1日閲覧。
  42. ^ Autopsy report shows Floyd had tested positive for COVID-19”. The News & Observer. 2020年6月4日閲覧。
  43. ^ Lastra, Ana and Rasmussen, Eric (2020年5月28日). “George Floyd, fired officer overlapped security shifts at south Minneapolis club”. KSTP.com/ABC 5 Eyewitness News (Minneapolis, MN). https://kstp.com/news/george-floyd-fired-officer-overlapped-security-shifts-at-south-minneapolis-club-may-28-2020/5743990/ 2020年5月29日閲覧。 
  44. ^ The Latest: Attorneys seek outside probe of Floyd's death”. AP NEWS (2020年5月29日). 2020年5月30日閲覧。
  45. ^ Condon, Bernard (2020年5月29日). “Charged Minn. cop used 'overkill' tactics as nightclub guard”. Associated Press. https://apnews.com/69beaad97dcea2dce6c2184e0f5b5e4e 2020年5月29日閲覧。 
  46. ^ “Minneapolis store owner explains why police were called on George Floyd”. CNN. https://www.cnn.com/videos/us/2020/05/28/george-floyd-store-owner-staff-call-police-ctn-sot-vpx.cnn 2020年5月28日閲覧. "Cup Foods co-owner Mahmoud Abumayyaleh describes the moments that led to one of his employee's calling the police on George Floyd for alleged fraud." 
  47. ^ a b “'Being Black In America Should Not Be A Death Sentence': Officials Respond To George Floyd's Death”. CBS Minnesota. (2020年5月26日). https://minnesota.cbslocal.com/2020/05/26/being-black-in-america-should-not-be-a-death-sentence-officials-respond-to-george-floyds-death/ 2020年5月26日閲覧。 
  48. ^ Forliti, Amy; Long, Colleen (2020年5月27日). “Mayor: Officer who put knee on man's neck should be charged”. Associated Press. https://apnews.com/5300d052a24cc050aabe9b370f865e56 
  49. ^ “4 Minneapolis police officers terminated for involvement of George Floyd death”. KBJR. (2020年5月26日). https://kbjr6.com/2020/05/26/4-minneapolis-police-officers-terminated-for-involvement-of-george-floyd-death/ 2020年5月26日閲覧。 
  50. ^ Jany, Libor (2020年5月26日). “Minneapolis police, protesters clash almost 24 hours after George Floyd's death in custody”. Star Tribune. https://www.startribune.com/mpls-police-marchers-clash-over-man-s-death-in-custody/570763352/ 2020年5月27日閲覧。 
  51. ^ https://www.facebook.com/darnellareallprettymarie/videos/1425398217661280/
  52. ^ Bailey, Holly; Shammas, Brittany; Bellware, Kim (2020年5月28日). “Chaotic scene in Minneapolis after second night of protests over death of George Floyd”. The Washington Post. オリジナルの2020年5月27日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/u7Hof 2020年5月28日閲覧。 
  53. ^ a b c d Weill, Kelly; Gustavo, Solomon (2020年5月27日). “'I Can't Breathe': Minneapolis Erupts in Protest After Black Man Dies in Police Custody”. The Daily Beast. https://www.thedailybeast.com/feds-probe-white-cop-who-appeared-to-suffocate-george-floyd-in-viral-video 2020年5月27日閲覧。 
  54. ^ a b Ockerman, Emma (2020年5月27日). “A Cop Kneeled on a Black Man's Neck Until He Said He Couldn't Breathe. He Died at the Hospital.”. Vice. https://www.vice.com/en_us/article/akzggb/a-cop-kneeled-on-a-black-mans-neck-until-he-said-he-couldnt-breathe-he-died-at-the-hospital 2020年5月27日閲覧。 
  55. ^ Nawaz, Amna (2020年5月26日). “What we know about George Floyd's death in Minneapolis police custody”. PBS Newshour. https://www.pbs.org/newshour/nation/what-we-know-about-george-floyds-death-in-minneapolis-police-custody 2020年5月27日閲覧。 
  56. ^ https://www.facebook.com/darnellareallprettymarie/videos/1425398217661280/
  57. ^ “Officers sacked in US after black man dies as policeman kneels on neck”. Agence France Presse. (2020年5月27日). オリジナルの2020年5月27日時点におけるアーカイブ。. http://archive.today/UdNGN 2020年5月27日閲覧. "Floyd slowly grew silent and motionless, unable to move even as the officers taunted him to "get up and get in the car."" 
  58. ^ “4 Minnesota officers fired after death of unarmed man”. WVLT-TV. (2020年5月26日). https://www.wvlt.tv/content/news/4-Minneapolis-officers--570782261.html 2020年5月29日閲覧。 
  59. ^ Jamieson, Amber (2020年5月26日). “Four Cops Have Been Fired After A Black Man Died Begging A White Officer To Stop Crushing His Neck”. BuzzFeed News. https://www.buzzfeednews.com/article/amberjamieson/black-man-died-police-custody-minneapolis 2020年5月29日閲覧。 
  60. ^ “Four Officers Fired After Fatal Incident Shows Officer Kneeling On Black Man's Neck”. CNN. (2020年5月26日). オリジナルの2020年5月27日時点におけるアーカイブ。. http://archive.today/yeXAN 2020年5月27日閲覧。 
  61. ^ a b “Four Minnesota police officers fired after death of unarmed black man”. BBC News. (2020年5月27日). https://www.bbc.com/news/world-us-canada-52806572 2020年5月27日閲覧。 
  62. ^ a b Culver, Jordan (2020年5月27日). “What we know about the death of George Floyd: 4 Minneapolis police officers fired after 'horrifying' video hits social media”. USA Today. https://www.usatoday.com/story/news/nation/2020/05/26/george-floyd-minneapolis-police-officers-fired-after-public-backlash/5263193002/ 2020年5月27日閲覧。 
  63. ^ French. “FD report: George Floyd was 'pulseless, unresponsive' in ambulance”. EMS1. Lexipol. 2020年5月29日閲覧。
  64. ^ a b c d O'Donnell, Norah; Pegues, Jeff (27 May 2020). New video shows Minneapolis police arrest of George Floyd before death. Minneapolis, Minnesota: CBS Evening News. In this newly circulated video, three officers have Floyd pinned on the ground, while another stands over him ... the other officers involved have been identified as Thomas Lane, J. Alexander Kueng, and Tou Thao
  65. ^ Montgomery, Blake (2020年5月27日). “Black Lives Matter Protests Over George Floyd's Death Spread Across the Country”. The Daily Beast. https://www.thedailybeast.com/black-lives-matter-protests-over-george-floyds-death-spread-to-houston-chicago-los-angeles-memphis 2020年5月28日閲覧. "Floyd, 46, died after a white Minneapolis police officer, Derek Chauvin, kneeled on his neck for at least seven minutes while handcuffing him." 
  66. ^ “George Floyd's family calls for Minneapolis police officers to be charged: "This was clearly murder"”. CBS News. (2020年5月27日). https://www.cbsnews.com/news/george-floyd-death-family-calls-for-charges-minneapolis-police-officers/ 2020年5月28日閲覧。 
  67. ^ Owen, Tess (2020年5月28日). “New Videos Appear to Undermine Police Account That George Floyd 'Resisted' Officers”. Vice. https://www.vice.com/en_ca/article/4ayv4p/new-videos-appear-to-undermine-police-account-that-george-floyd-resisted-officers 2020年5月28日閲覧。 
  68. ^ Darnell, Tim (2020年5月27日). “New video shows beginning of police confrontation that led to George Floyd's death”. The Atlanta Journal-Constitution. https://www.ajc.com/news/new-video-shows-beginning-police-confrontation-that-led-george-floyd-death/xNXUaOqqcy7VjcmUuPd7BP/ 2020年5月28日閲覧。 
  69. ^ New video shows George Floyd being dragged out of his car without resisting arrest” (英語). The Independent (2020年5月27日). 2020年5月28日閲覧。
  70. ^ George Floyd Officer Charged with Murder, 8 Minutes, 46 Seconds on George's Neck
  71. ^ Miller, Eric; Pfosi, Nicholas (2020年5月27日). “Protests, looting erupt in Minneapolis over racially charged killing by police”. Reuters. https://www.reuters.com/article/us-minneapolis-police-idUSKBN2332G9?taid=5ece9b7134b9fa00015b9834 2020年5月28日閲覧。 
  72. ^ “George Floyd's family calls for Minneapolis police officers to be charged: 'This was clearly murder'”. CBS News. (2020年5月27日). https://www.cbsnews.com/news/george-floyd-death-family-calls-for-charges-minneapolis-police-officers/ 2020年5月27日閲覧。 
  73. ^ a b Andone. “Surveillance video does not support police claims that George Floyd resisted arrest”. CNN. 2020年5月28日閲覧。
  74. ^ Ailworth, Erin; Elinson, Zusha; Frosch, Dan; Kesling, Ben (2020年5月27日). “Floyd’s Death in Custody Draws Condemnation From Law Enforcement Officials”. The Wall Street Journal. オリジナルの2020年5月29日時点におけるアーカイブ。. https://archive.today/20200529011953/https://www.wsj.com/articles/george-floyd-arrest-death-in-minneapolis-police-custody-spark-more-protests-11590599760 2020年5月29日閲覧。 
  75. ^ George Floyd: Police release bodycam footage of arrest” (英語). The Independent (2020年5月28日). 2020年5月28日閲覧。
  76. ^ “FBI investigates death of a black man in Minneapolis after video shows police officer kneeling on his neck”. CNN. (2020年5月26日). https://www.cnn.com/2020/05/26/us/minneapolis-police-encounter-death-trnd/index.html 2020年5月26日閲覧。 
  77. ^ “Video shows officer kneeling on neck of black man who died”. Associated Press. (2020年5月26日). https://apnews.com/9157e1bdc0f99797bcdc25e6f243aa19 2020年5月26日閲覧。 
  78. ^ Swenson, Ali (2020年5月27日). “Man wearing 'Make Whites Great Again' hat in photo is not Minneapolis police officer”. USA Today. https://www.usatoday.com/story/news/nation/2020/05/27/george-floyd-derek-chauvin-untrue-social-media-claims/5271890002/ 2020年5月28日閲覧。 
  79. ^ Swenson, Ali (2020年5月27日). “Derek Chauvin, the Minneapolis officer at center of George Floyd's death, has become subject of false claims on social media”. Associated Press. https://apnews.com/afs:Content:8990430559 2020年5月28日閲覧。 
  80. ^ Swenson, Ali (2020年5月27日). “Officer who kneeled on black man's neck was not onstage at Minneapolis Trump rally”. Associated Press. https://apnews.com/afs:Content:8993962141 2020年5月28日閲覧。 
  81. ^ a b Investigation Into George Floyd's Death A 'Top Priority' For Justice Department” (英語). NPR.org. 2020年5月28日閲覧。
  82. ^ Joint Statement Of United States Attorney Erica MacDonald And FBI Special Agent In Charge Rainer Drolshagen” (英語). www.justice.gov (2020年5月28日). 2020年5月28日閲覧。
  83. ^ Staff (2020年5月26日). “Tear gas, chaos, rain: Protests rage after man dies in Mpls. police custody”. MPR News. https://www.mprnews.org/story/2020/05/26/protesters-rally-to-call-for-justice-for-man-who-died-in-mpls-police-incident 2020年5月27日閲覧。 
  84. ^ In pictures: Protesting the death of George Floyd”. CNN (2020年5月27日). 2020年5月27日閲覧。
  85. ^ “Demonstrators gather around Minneapolis to protest death of George Floyd” (英語). KSTP. (2020年5月26日). https://kstp.com/news/protesters-block-minneapolis-intersection-near-site-of-mans-in-custody-death-george-floyd/5741748/ 2020年5月26日閲覧。 
  86. ^ Family and Friends Mourn Minneapolis Police Killing Victim George Floyd”. Time (2020年5月27日). 2020年5月30日閲覧。
  87. ^ Hundreds fill streets in protest of George Floyd’s death” (2020年5月27日). 2020年5月30日閲覧。
  88. ^ “Hundreds Of Protesters March In Minneapolis After George Floyd's Deadly Encounter With Police”. WCCO. (2020年5月26日). https://minnesota.cbslocal.com/2020/05/26/hundreds-of-protesters-march-in-minneapolis-after-george-floyds-deadly-encounter-with-police/ 2020年5月26日閲覧。 
  89. ^ In pictures: Protesting the death of George Floyd”. CNN. 2020年5月27日閲覧。
  90. ^ Minneapolis Protestors Trash Police Precinct During Clash over George Floyd's Death”. nypost.com. 2020年5月27日閲覧。
  91. ^ 'It's Real Ugly': Protesters Clash With Minneapolis Police After George Floyd's Death” (英語) (2020年5月26日). 2020年5月27日閲覧。
  92. ^ Shortly before 8 p.m. outside the 3rd Precinct headquarters, Minneapolis police in riot gear were firing chemical agents and sandbags at the protesters, who were throwing water bottles at them in what appeared to be a standoff.”. Twitter. Star Tribune. 2020年5月26日閲覧。
  93. ^ Protestors Gather Where George Floyd Was Killed, As well as MPD 3rd Precinct”. minnesota.cbslocal.com. 2020年5月27日閲覧。
  94. ^ Looting and fires break out after protests in Minneapolis”. fox9.com. 2020年5月27日閲覧。
  95. ^ Navratil, Liz; Jany, Libor; Otárola, Miguel. “Looting and flames erupt in Minneapolis amid growing protests over George Floyd's death”. Star Tribune (Minneapolis, Minnesota). https://www.startribune.com/mayor-frey-calls-for-peace-as-looting-flames-erupt-around-police-station/570816112/ 2020年5月28日閲覧。 
  96. ^ Navratil, Liz; Jany, Libor; Otárola, Miguel (2020年5月28日). “Minneapolis awakes on edge, business owners assessing damage”. Star Tribune (Minneapolis, Minnesota). https://www.startribune.com/minneapolis-awakes-on-edge-business-owners-assessing-damage/570830002/ 2020年5月28日閲覧。 
  97. ^ Jones (2020年5月28日). “Overflow of the Minneapolis riots have moved into St. Paul” (英語). The Post Millennial. 2020年5月28日閲覧。
  98. ^ Tensions reignite near Minneapolis' 3rd Precinct”. Fox 9 KMSP. 2020年5月29日閲覧。
  99. ^ Klar (2020年5月27日). “Protesters demonstrating over George Floyd's death block LA freeway”. The Hill. 2020年5月27日閲覧。
  100. ^ Ormseth (2020年5月29日). “Protesters return to downtown Los Angeles to decry police killing in Minneapolis” (英語). Los Angeles Times. 2020年5月29日閲覧。
  101. ^ “Police deploy pepper gas as protests over death of George Floyd spread to Columbus”. The Columbus Dispatch. (2020年5月28日). https://www.dispatch.com/news/20200528/police-deploy-pepper-gas-as-protests-over-death-of-george-floyd-spread-to-columbus 2020年5月28日閲覧。 
  102. ^ Downtown Columbus vandalized after police use pepper spray to disperse protesters”. WBNS-10TV Columbus, Ohio | Columbus News, Weather & Sports (2020年5月28日). 2020年5月30日閲覧。
  103. ^ Shots fired during Denver protest of Minneapolis man's death”. Star Tribune. 2020年5月29日閲覧。
  104. ^ Video: Driver appears to intentionally hit man protesting death of George Floyd” (英語). KUSA.com. 2020年5月29日閲覧。
  105. ^ More Than 40 Arrested During George Floyd Protest at Union Square” (英語). NBC New York. 2020年5月29日閲覧。
  106. ^ Culver. “'Stop killing black people': George Floyd's death sparks protests in Minneapolis, Memphis, LA” (英語). USA TODAY. 2020年5月28日閲覧。
  107. ^ https://www.cnn.co.jp/usa/35154621.html
  108. ^ トランプ米大統領、反ファシスト「アンティファ」をテロ組織に指定すると発言」『BBCニュース』。2020年8月25日閲覧。
  109. ^ 「ANTIFA」(アンティーファ)とは?トランプ大統領がテロ組織の指定と表明で批判も” (日本語). ハフポスト (2020年6月1日). 2020年6月1日閲覧。
  110. ^ 白人至上主義団体が「アンティファ」名乗り扇動、ツイッターがアカウント削除” (日本語). CNN.co.jp. 2020年8月25日閲覧。
  111. ^ ANTIFAと偽り、白人至上主義者が暴力を呼びかけ。Twitterがアカウントを凍結。” (日本語). ハフポスト (2020年6月3日). 2020年8月25日閲覧。
  112. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2020年6月2日). “トランプ氏、各州知事にデモ制圧を要求 「弱腰」と批判” (日本語). 産経ニュース. 2020年6月2日閲覧。
  113. ^ 暴動制圧へ軍動員辞さず 略奪行為は「国内テロ」―トランプ米大統領:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2020年6月2日閲覧。
  114. ^ Seattle 'autonomous zone' has armed guards, local businesses being threatened with extortion, police say
  115. ^ Maxouris. “George Floyd's family says four officers involved in his death should be charged with murder”. CNN. 2020年5月27日閲覧。
  116. ^ Walters, Joanna (2020年5月28日). “George Floyd killing: justice department says inquiry is a 'top priority'” (英語). The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/us-news/2020/may/28/minneapolis-george-floyd-death-protests 2020年5月28日閲覧。 
  117. ^ Gaydos (2020年5月28日). “Ex-NBA player Stephen Jackson mourns loss of his longtime friend George Floyd” (英語). Fox News. 2020年5月28日閲覧。
  118. ^ Timanus. “Former NBA player Stephen Jackson gets emotional recalling friendship with George Floyd” (英語). USA TODAY. 2020年5月28日閲覧。
  119. ^ Chapman (2020年5月26日). “'He Was Kind, He Was Helpful': Friends, Family Say George Floyd Was A Gentle Giant” (英語). WCCO CBS 4. 2020年5月27日閲覧。
  120. ^ 「左に平和を右に正義を!」フロイドさんの弟が、兄が亡くなった場所から平和的な解決を訴える” (日本語). ハフポスト (2020年6月2日). 2020年6月3日閲覧。
  121. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2020年6月2日). “暴動激化「兄は望んでいない」 死亡黒人男性の弟が呼び掛け” (日本語). 産経ニュース. 2020年6月3日閲覧。
  122. ^ Mayor: 4 Minneapolis police officers involved in death of George Floyd terminated” (英語). kare11.com. 2020年5月26日閲覧。
  123. ^ Frey, Jacob [@Jacob_Frey] (27 May 2020). "If most people, particularly people of color, had done what a police officer did late Monday, they'd already be behind bars. That's why today I'm calling on Hennepin County Attorney Mike Freeman to charge the arresting officer in this case" (ツイート). Twitterより2020年5月27日閲覧
  124. ^ Donaghue, Erin (2020年5月27日). “Minneapolis mayor calls for officer to be charged in George Floyd's death”. CBS News. オリジナルの2020年5月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200527213428/https://www.cbsnews.com/news/minneapolis-mayor-jacob-frey-charges-police-george-floyd-death/ 2020年5月27日閲覧。 
  125. ^ Omar, Ilhan [@IlhanMN] (27 May 2020). "The police officer who killed George Floyd should be charged with murder" (ツイート). Twitterより2020年5月27日閲覧
  126. ^ Klobuchar (2020年5月26日). “My statement on the officer-involved death in Minneapolis” (英語). @amyklobuchar. 2020年5月26日閲覧。
  127. ^ Amy Klobuchar missed chance to prosecute Minneapolis cop now at center of George Floyd death” (英語). The Washington Times (2020年5月28日). 2020年5月28日閲覧。
  128. ^ Amy Klobuchar didn't prosecute officer at center of George Floyd's death after previous conduct complaints” (英語). www.theweek.com (2020年5月28日). 2020年5月28日閲覧。
  129. ^ Amy Klobuchar Criticized for Declining to Prosecute Police Shootings as Minnesota County Attorney” (英語). Complex. 2020年5月28日閲覧。
  130. ^ realdonaldtrump”. Twitter. 2020年5月28日閲覧。
  131. ^ “'This is the right call': Officers involved in fatal Minneapolis incident fired, mayor says”. ABC 5 Eyewitness News: KSTP. (2020年5月27日). https://kstp.com/minnesota-news/minneapolis-police-george-floyd-death-/5741256/ 2020年5月27日閲覧。 
  132. ^ About Us”. Police Officers Federation of Minneapolis. 2020年5月27日閲覧。
  133. ^ a b Tom Jackman (2020年5月27日). “Police chiefs react with disgust to Minneapolis death, try to reassure their own cities”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/crime-law/2020/05/27/police-chiefs-react-with-disgust-minneapolis-killing-try-reassure-their-own-cities/ 
  134. ^ a b c Randy Furst; Liz Sawyer (2020年5月26日). “Law enforcement experts denounce Minneapolis police use of force in George Floyd's death”. StarTribune. https://www.startribune.com/law-enforcement-experts-denounce-minneapolis-police-use-of-force-in-george-floyd-s-death/570787132/ 
  135. ^ Queally (2020年5月29日). “Police chiefs' condemnation of George Floyd killing highlights impact of criminal justice reform movements” (英語). Los Angeles Times. 2020年5月29日閲覧。
  136. ^ George Floyd's Death A 'Shame', Boston PD Commissioner Gross Says” (英語). CBS Boston (2020年5月28日). 2020年5月28日閲覧。
  137. ^ “Texas Police Chiefs Condemn Actions Prior to Death of Houston Native George Floyd”. spectrumlocalnews.com. (2020年5月27日). https://spectrumlocalnews.com/tx/san-antonio/news/2020/05/27/texas-police-chiefs-condemn-actions-prior-to-death-of-houston-native-george-floyd 
  138. ^ Drew Knight (2020年5月27日). “Austin-area police chiefs react to death of George Floyd”. KVUE. https://www.kvue.com/article/news/national/george-floyd-austin-police-react/269-67e1fa1e-0702-4736-a50d-f56d84d3ac08 
  139. ^ “Omaha Police condemn Minneapolis officers' actions in George Floyd's death”. WOWT.com. (2020年5月27日). https://www.wowt.com/content/news/Omaha-Police-condemn-Minneapolis-officers-actions-in-George-Floyds-death-570811741.html 
  140. ^ Medcalf (2020年5月27日). “University of Minnesota to 'limit' ties with Minneapolis police after George Floyd's death”. ESPN. 2020年5月27日閲覧。
  141. ^ 米音楽業界、G・フロイドの事件を受け“ブラックアウト・チューズデー”実施”. BARKS (2020年6月2日). 2020年6月2日閲覧。
  142. ^ MACお宝鑑定団. “Apple Music、 #TheShowMustBePaused に賛同する特別プログラム ジョージ・フロイド氏暴行死事件を受け通常配信停止”. ITmedia NEWS. ソフトバンク. 2020年6月2日閲覧。
  143. ^ Ittousai. “ソニー、PS5ゲーム初公開イベントを延期。全米の抗議活動に連帯を表明”. Engadget JP. 2020年6月2日閲覧。
  144. ^ Adam Bankhurst (2020年6月2日). “CoD「モダン・ウォーフェア」「ウォーゾーン」「モバイル」の新シーズンのリリースが延期――アメリカでの抗議デモへの配慮”. IGN Japan. 2020年6月2日閲覧。


関連項目[編集]